ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

寝起きの腰痛を改善できた人が実行した5つの事

by ヘルスケアファクトリー

寝起きの腰痛を改善できた人が実行した5つの事

腰痛に悩まされる人は少なくないと思いますが、特に「寝起き」に痛みが強まることはないでしょうか?私も数年前から急に、朝起きた時に腰の痛みを感じるようになりました。ひどいときにはベッドから起き上がるのにも一苦労。忙しい朝の時間に腰が痛くては家事にも身支度にも支障が出てしまいました。

しかし、病院に行こうとしても昼や、遅くとも夕方までにはおさまってしまうことがほとんどで、なかなか踏ん切りがつかない…。そこで、自分でなんとかできないかと調べたところ、寝起きの腰痛に悩まされている人がずいぶん多いことに気づきました。

皆さん試行錯誤しながらいろいろな方法を試しているようです。以下にご紹介するのは、私が実際に行った腰痛改善方法です。様々な原因がある腰痛ですが、「寝起き」に痛くなってしまうのにはちゃんとした理由があったようです。



 

寝起きの腰痛を
改善できた人が実行した5つの事

 

寝ている時の姿勢を変えてみる


寝起きに腰が痛くなるという事は、まず「眠っている時の姿勢」に問題がある可能性があります。私は気が付くとうつ伏せで寝ていることが多いのですが、うつぶせ寝は体の歪みを作りやすい寝方だと言われます。

腰痛の原因となる、腰が後ろに強く反った状態(反り腰)になりやすいのがうつ伏せです。睡眠中という長い時間にわたってこの格好になっているのでは、当然痛みが出るはずです。まずはうつ伏せをやめて、仰向けで眠ることを心掛けました。

ただし、普段から反り腰が癖になっている人では、仰向けでも腰が反ってしまいます。その場合は腰の下に出来た空間にクッションなどを入れると負担を減らすことができます。さらに腰痛にならない寝方としてお勧めなのが、「横向きになって腰を丸める」という姿勢です。

身体の右側、左側、どちらが下でも構いませんので落ち着く方を選びましょう。私は抱き枕を使うことでより安定して横向き姿勢を作ることが出来ました。

 

寝具を見直してみる


敷布団やマットレスは固すぎても柔らかすぎても腰痛の原因になります。特に柔らかすぎるマットレスは腰が沈みやすく、寝返りも打ちにくいので一層負担がかかるようになります。大柄で体重が重い人ほど、負担が大きくなります。

寝起きに腰痛が出る人は、自分の体重に対して柔らかすぎるマットレスを使っている可能性があるかもしれません。自分にあった寝具を見つけるのには時間がかかりますが、私は家族とベッドを交換したり、ホテルに泊まった時に寝心地が良かったマットレスのメーカーを調べたりして、丁度いい硬さのものを探しました。

 

寝る前にほぐす!


朝は体温が下がり、血の巡りも悪くなる時間です。この時に、疲労がたまって筋肉が硬くなっている部分は特に血行が悪くなるので痛みが出るのです。力仕事や運動はもちろん、デスクワークで長時間椅子に座ることでも腰に疲労は溜まります。

睡眠の前にはゆっくり湯船につかり、ストレッチをして筋肉をほぐし、血液の循環を良くするように心がけてみましょう。私はこれに加えて、寝る前にベッドでうつ伏せになって読書やスマホをいじるという習慣をやめました。

先ほどご紹介した通り、うつ伏せ姿勢は反り腰につながります。これではせっかくほぐした筋肉にまた負担がかかってしまうからです。しっかりほぐして、そのまま休む、が合言葉です。

 

ストレッチには「子どものポーズ」


ヨガをやったことがある人であれば、「子どものポーズ」を聞いたことはないでしょうか?手を肩幅、足を腰幅に開いた四つ這いから、お尻をかかとの方に引いて上半身を膝の間に沈めます。手はまっすぐ前方に伸ばし、足の甲は床を押すように支えます。

ヨガではリラックスするときに取ることが多く、背中から腰にかけてを伸ばすので、腰痛がある人によく勧められるポーズです。寝る前のストレッチにはもちろんですが、朝起きて痛みが出ている場合の緩和にも効果的でした。

 

寝る前の食事をやめる


腰痛の原因は骨と筋肉だけにある…と思っていました。しかし、内臓に負担がかかることでその周りにある腰の筋肉が硬くなってしまうのです。内臓に負担をかけるとはどういうことか…というと「寝る前の食事」です。

寝る2時間前以降は食事をとらないようにしましょう、とはよく言われることですが、単に消化不良や肥満の原因になるからだと思っていました。まさか腰痛まで引き起こしてしまうとは、驚きです。不規則な仕事をしていると、遅い時間に物を食べないというのはなかなか難しい事です。

どうしても夕食が遅くなってしまう場合は、食べる量を減らす、消化の良いものを選ぶなどして少しでも内臓の負担を減らすようにしました。腰痛の緩和というだけでなく、体全体への影響という点ではこの食事時間の改善が一番効果的だったように思います。

寝起きにとても体が軽いと感じるようになりました。つまり今までそれだけ負担がかかっていたということですね。

 

以上、寝起きの腰痛を改善できた人が実行した5つの事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

様々な原因が考えられ治療にも時間がかかる腰の痛みですが、寝起きの腰痛というのは比較的改善できる可能性が高いのです。睡眠の環境を変えることから、生活習慣の見直しまで。どれもそれほど手間のかかるものではないうえに、腰痛だけでなく体全体の健康にもつながるものばかりです。

今日から一つずつ実行し、快適な目覚めを取り戻しましょう。

 

まとめ

寝起きの腰痛を改善できた人が実行した5つの事

・ 寝ている時の姿勢を変えてみる
・ 寝具を見直してみる
・ 寝る前にほぐす!
・ ストレッチには「子どものポーズ」
・ 寝る前の食事をやめる