ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

寝起きの腰痛がなかなか改善しない時に試して欲しい事

by ヘルスケアファクトリー

寝起きの腰痛がなかなか改善しない時に試して欲しい事

朝、目が覚めてベッドから起きようとしたら腰が痛くて起きるのがやっとっていう経験はありませんか?年齢と共に、寝起きの腰痛を感じてくる人が多くなってきます。

色々と、自分なりに腰痛対策をしたりスッキリと目覚められるようにしたけれど、いまいち改善されなかったり、その果て腰痛の影響で寝不足になったりと日常生活に弊害が出たりした事のある人もいるのではないでしょうか。

目覚めの腰痛が不安で夜、寝つきが悪かったりする事もあるでしょう。そこで、なかなか改善されない目覚めの腰痛の時にどうしたら痛みが緩和されるのか、予防できるのか。試して欲しいことを挙げていきます。



 

寝起きの腰痛が
なかなか改善しない時に試して欲しい事

 

目覚めて腰痛になる原因〜寝姿勢と寝具〜


朝目覚めて腰痛を感じる症状で考えられるのが寝ている時の寝方、姿勢です。平均7時間程度睡眠をとっているわけですから、同じような姿勢が継続されると腰に負担がかかってしまうのです。人それぞれ、寝方などに違いは見られると思います。「うつ伏せ」、「仰向け」、「左右どちらかを向いて」など様々挙げられます。

また、寝ている間にも寝返りは無意識のうちに取られますから、意識して姿勢を正そうという事も難しいと思います。まず一番腰に負担のかからない寝方は「仰向け」と言われているのです。なぜ仰向けで寝る事がいいのかを見ていくと、うつ伏せで寝てしまうと、腰の骨が反ってしまって腰の骨にかかる負担が大きくなってしまうのです。

骨がずれないように腰周辺の筋肉にも負担が出やすく痛みが出やすくなるのです。寝る際に仰向けに寝ているけれど、起きたらうつ伏せになっていたという経験はないでしょうか?実は、寝姿勢は我々の意識だけでなく、寝具のマットレスなどが影響を及ぼしている場合もあります。

身体にフィットしていないマットレスなどを使っていれば当然、身体に悪影響を及ぼします。「低反発マットレス」、「高反発マットレス」と健康通販や健康雑誌などで腰痛にいいとされるマットレスも紹介されています。

これらも良し悪しが個人差がありますがありまして、やはり自分の身体に合ったマットレスを使用することが望ましいのです。通販などでは、なかなか自分の身体に合わない場合もありますので販売店に足を運んで試してから購入されたりする方が腰に負担のかからないようになります。

寝返りをしても負担のかからないマットレスを選択する事が重要です。寝返りを多くする事で腰への負担も軽減されるのです。

 

目覚めて腰痛になる原因〜血液循環〜


寝ている間は、血行が悪くなっています。これは誰もがそうなのですが、昼間と違い寝ている時は、血液の流れがゆっくりになるのです。特に、生活習慣病などを抱えている人は特に血液の流れが悪くなる傾向にあります。

血行が悪くなるとどうして腰痛の原因になるかと簡潔に言うと、血液循環が悪いと筋肉が凝り固まり、結果として目覚めと共に痛みを感じることになるのです。とくに、もともと腰痛を持っている人ではとくに目覚めの時に症状が出やすいので注意が必要です。

 

目覚めの腰痛の問題


原因となる問題は上記で説明した通り、寝姿勢や寝具の不適合、血液循環などが悪いと腰痛になるリスクが高まるのですが、目覚めの腰痛が及ぼす身体の変化を挙げていきます。目覚めの腰痛の問題をピンポイントに上げていくと、朝起きて腰痛があると朝から一日が思いやられます。

夜眠りにつく際も、朝起きて腰痛が心配でストレスが溜まったり、睡眠障害などになってしまうケースもあります。この他に、元々腰痛を持っている人は症状が重度化したりその果てに日常生活にも支障が出る可能性が大きくあります。ただの寝起きの腰痛で済まされる問題ではなくなったのです。

しっかりと原因を把握して、目覚めの腰痛を軽減させることがとても重要になってくるのです。

 

寝起きの腰痛を改善していく


朝目が覚めて、ベッドから起きようとすると腰が重たかったり腰に痛みを感じた人もいるでしょう。朝は、働く人にとっては貴重な時間ですから慌てて起きようとするけれど、痛みでどうしたらいいのか。

無理に起きようとすると、痛みだけが先行して腰痛として現れるので、ベッドの上で、腰周辺の筋肉をほぐす運動(ストレッチ)をして筋肉をほぐす事で痛みは軽減されます。

 

普段から予防していくには


睡眠という行為は人間は誰しもが摂取する休息活動です。ですから、しっかりと質のいい睡眠をとってもらうにも、スッキリとした目覚めをして欲しいのです。一時的に腰痛は改善されてもずっと続くわけではありませんよね。そこで、普段から予防していく。この頃、朝目がさめると腰が痛いという人は試して欲しいのです。

1) 腰に負担のかからない寝方、姿勢を意識する
寝ている時だけでなく、日中も腰に負担のかからないようにしましょう。デスクワークなどが急増して姿勢が悪い状態にならざるおえない場合もあります。なるべく姿勢を維持しましょう。

2) 寝具を整える
寝具もメーカーも種類も多種多様ですが、その中で自分の体にマッチしたものを見つけるのは時間がかかってしまいますが、なるべく自分の身体に近いものを選び使用することで、質のいい睡眠が望めます。腰などにも負担がかからないので腰痛の対策にもなるのです。

3) 腰の周辺のストレッチ
激しい運動は禁物ですが、ストレッチなど腰の周辺の筋肉をほぐす運動であれば積極的に行っていくことで、筋肉のコリなども解消できて腰痛の予防になります。

4) 血液循環を良くする
一番、注意して欲しいのが血液循環を良くする事です。長時間同じような姿勢でいる場合が多く、筋肉が凝り固まり血液循環が悪くなる場合があります。血液循環を良くする事で、筋肉への負担なども軽減されます。

 

以上、寝起きの腰痛がなかなか改善しない時に試して欲しい事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

寝起きの腰痛の原因は、寝具が合ってなくて結果として姿勢が悪くなったり、血液循環が低下したりする事で筋肉が凝り固まり腰痛が起きるのです。目覚めの腰痛を改善するには、いくつか試して欲しいことがありますが、腰を始めとする全身のストレッチをする事です。

柔軟性を高める事で腰痛の低減につながるのです。腰に負担のかからないように身体に合ったマットレスを選んだりしましょう。そして、寝返りが多く取れるようにし、腰の骨のズレを少なくする事で腰痛予防できます。

最後に、血液循環を良くし、寝具や寝姿勢を良くする事で寝起きの腰痛は予防・改善が見込めます。

 

まとめ

寝起きの腰痛がなかなか改善しない時に試して欲しい事

・ 目覚めて腰痛になる原因〜寝姿勢と寝具〜
・ 目覚めて腰痛になる原因〜血液循環〜
・ 目覚めの腰痛の問題
・ 寝起きの腰痛を改善していく
・ 普段から予防していくには