ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

生理前におこるめまいの原因!!少しでも改善させる8つの方法

生理前におこるめまいの原因!!少しでも改善させる8つの方法

生理前におこるめまいの原因を知っていますか。生理前のめまいの原因の正しい知識を持つことで、改善につなげることができるのです。

少しでも改善できるよう、ここでは生理前のめまいの原因と8つの改善方法を御紹介します。



 

生理前におこるめまいの原因!!
少しでも改善させる8つの方法

 

生理前におこるめまいの原因とは


原因は月経前症候群(PMS)と考えられます。このPMSとは排卵後から生理前までにおこる不快症状で月経がくるとピタッと消える症状のことをいいます。P

MSには腹痛や頭痛、肩こり、腰痛、めまいなど様々な症状があり、その症状や期間には個人差があります。全く痛みや辛さを感じない人もいれば、日常生活が送れないほどひどい人もいるくらい個人差があるのです。

PMSのめまいにはくらくら・ふわふわという立ちくらみやふらつきが生理前日までずっと続く人もおり、ひどいと吐き気や頭痛を併発するケースもあります。また、片頭痛がひどく、それがめまいや吐き気を引き起こすケースもあります。

生理前には黄体ホルモンのプロゲステロンが過剰になっています。プロゲステロンは妊娠の準備のために栄養や水分を体内に蓄えるため、水分が過剰な状態になりそれがむくみとなり、めまいを引き起こすともいえます。

その他、女性ホルモンのバランスが乱れ、体内の血液が子宮に集中し一時的な貧血の状態になり、めまいの症状がでるともいえるのです。

 

めまいの周期をチェックしましょう


生理前だけのめまいであれば、定期的に起きる可能性があるといえるでしょう。生理前、何日前からめまいの症状がでるのか、どのくらいひどい症状がでるのかを記録してください。

その周期や症状を把握することで事前にめまいを察知することができるようになり、また生理開始日をも予測することができるのです。そして、めまいの症状が出ても慌てずに行動することができ、周期に合わせた計画や予定を組むことも可能です。

不安なめまいの生活から準備と安心を持った生活に変化し、ゆとりのある生活を送ることにつながります。

 

水分摂取を心がけましょう


むくみを気にして水分をとらないのは間違いです。一度にたくさん水分摂取するのではなく、少しずつこまめにコップ一杯程度を摂取することが大切です。1日1.5リットルから2リットルを目安に摂取し水分の代謝を促します。

代謝機能を高めることはむくみの解消やむくみからくるめまいの解消、肌の潤いにつながります。また、むくみが気になる時は夜の水分摂取を少なめにし、アルコールなども減らすと効果が出てくるでしょう。

 

適度な運動を心がけましょう


ホルモンバランスの乱れを改善するには、生活のリズムを整えることも大切です。規則正しい生活、決まった時間に起床・就寝・食事などができると心に安定が生まれ、それが体にもいい影響を及ぼすのです。

睡眠はいつもより多めに十分とり、昼間は体を動かします。軽くウォーキングなどを行い、血行促進につなげればめまいや立ちくらみも軽減されるでしょう。

 

栄養バランスを考えて食事をしましょう


炭水化物や甘いもの、カフェインを避け、ビタミンやミネラルの摂取を心がけましょう。炭水化物や甘いものの摂り過ぎは血糖値の急激な変化を起こすため、精神状態が安定せずイライラの原因になったり、むくみを引き起こしやすくします。

ホルモンバランスを崩すことにもなりかねません。無理に避けるのではなくいつもより少し減らすことで、生理前の症状悪化を改善することができるのです。

またビタミンやミネラルを積極的に摂取することは体や心の安定をつくりだし、またホルモンバランスを整えます。緑黄色野菜や豆類、魚や赤身の肉などを食事に取り入れ、よりいい状態につなげていきましょう。

 

ストレスを溜めないでリラックスしましょう


現代の生活では日常からストレスを排除することはできません。ですから、ストレスを軽減させるリラックス方法を見つけましょう。

半身浴でリラックス、好きな映画や本を読んでリラックス、アロマやエステ、マッサージでリラックスなど、体と心が休まるよりよい方法で不調な時期を乗り切ることも大切です。

リラックスが心強い味方になり、生理前の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれることでしょう。

 

安静にすることが大切です


ホルモンバランスの乱れは体調不良の原因になります。体を休め安静にすることでホルモンバランスも整ってきます。無理な仕事や活動をできるだけ抑え、ゆっくりと体と心をいたわってあげましょう。

十分な睡眠をとることを心がけ、安定した日常が不快な気分を和らげてくれます。

 

体を締め付けない服装が大切です


血行促進のため、服装に気を配りましょう。血行が悪いと冷えや症状悪化につながります。締め付けの強いゴムやベルト、きついジーパンやストッキングなどを避け、体を休ませる服装を選びましょう。

また体を冷やさないよう肌の露出も避ける工夫が必要です。

 

いかがでしたか?

生理前のめまいや立ちくらみの症状は様々な原因が考えられます。症状のサイクルを把握し正しい知識を持ち、自分に合ったリラックス方法を見つけ、少しでも症状を和らげるようにしていきましょう。

めまいや立ちくらみで不安な生活が、安心で楽しい生活に変化するといいですね。

 

まとめ

生理前におこるめまいの原因!!少しでも改善させる8つの方法

・ 生理前におこるめまいの原因とは
・ めまいの周期をチェックしましょう
・ 水分摂取を心がけましょう
・ 適度な運動を心がけましょう
・ 栄養バランスを考えて食事をしましょう
・ ストレスを溜めないでリラックスしましょう
・ 安静にすることが大切です
・ 体を締め付けない服装が大切です