ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

捻挫の完治する期間を早める為に行うべき7つの治療法

捻挫の完治する期間を早める為に行うべき7つの治療法

誰でも一度は経験した事があると言っていいくらいに多いケガが捻挫かもしれません。思わず足を踏み外して足や手の関節をひねってしまい、整形外科を受診した所、骨折はしていなく骨に異常がなく、捻挫と診断されてほっとした経験がある人も多いのではないでしょうか。

ですが、骨折はしていなくても捻挫でもかなりの痛みが伴うことが多く、捻挫した場所や炎症の状態によっては完治にかなりの時間を要する場合があります。

捻挫とは、骨や関節に異常がなく、関節を守る靭帯や筋肉に炎症を起こしたり、靭帯が損傷した状態の事を言います。では、捻挫の完治する期間を早める為にはどのような治療法が良いのでしょうか。今回はそれを説明します。



 

捻挫の完治する期間を
早める為に行うべき7つの治療法

 

すぐに受傷した部位を冷やす


足首をひねったり、転んで関節を痛めたり腫れてきた場合はすぐにその場で受傷した部位を冷やすようにしてください。受傷直後から痛みとともに炎症が関節を中心に広がり、一気に腫れてきます。それをそのまま放置してしまうと腫れは熱を帯びて中々腫れが落ち着かない状態になります。

そうなる前に受傷部位を冷やすことで腫れを最小限に抑えて、捻挫の完治の期間を早める事が出来ます。ですが冷やし過ぎはいけません。腫れが引いたら冷やすのはやめてください。

 

受傷した部位はなるべく動かさない


捻挫でも靭帯の損傷や炎症が酷い場合は関節を動かすことも困難なくらいに痛みが強くなる事もあります。その時に無理に関節を動かすと一度傷つけた靭帯の炎症は落ち着かずに炎症を鎮める事が出来なくなります。

一度傷ついた靭帯を修復するには安静にすることで靭帯や炎症を起こしている関節周囲の炎症を落ち着かせることが必要です。痛みが強い場合は捻挫でもシーネで関節を固定して足であれば松葉つえ歩行をした方が捻挫を早くに完治する場合もあります。

手の関節でもなるべく負担がかかるような動作を避ける様にすることが捻挫の完治の期間を早める為にはお勧めです。

 

入浴はシャワーのみにする


骨折をしていないのだから普通に入浴してもいいだろうと勘違いしている人も多いのではないでしょうか。ですが、捻挫でも長時間の入浴は危険です。特に浴槽の湯船につかることは捻挫をした部位の炎症を悪化させ、人によっては入浴で靭帯の損傷部位の炎症が酷くなり、受傷時よりも腫れが酷くなる場合もあります。

膝の捻挫の影響で足全体が張れてしまうような人もいます。捻挫による炎症が落ち着くまでは湯船にはつからない様にして、シャワーのみにする方が捻挫を完治する期間を早めます。また、シャワー後に捻挫の部位の腫れが酷いようであれば冷やすようにしてください。

 

医師の指示したサポーターを使用する


捻挫した部位に痛みがあり、動かすことが出来ないからといってそれを守るためにサポーターをする人もいるでしょう。ですが、それも自分で勝手に選んだ、手や足の関節に合わないサポーターを使用していては意味がありません。

サポーターを使用する時も少しお金がかかったとしても医師の指示の下で関節の捻挫の部位に合ったサポーターを使用する様にしてください。膝の関節一つでもいろいろなサポーターがあるのです。

捻挫や靭帯の損傷の状態によっては医師の指示の下でサポーターを装着した場合はサポーターを安く購入できる場合もあります。自分に合ったサポーターで早くに完治する事が必要です。

 

捻挫した部位を心臓よりも高く上げる


手首を捻挫しただけで骨折したように三角巾で手を挙上するのは恥ずかしいと思う人もいるでしょうが、三角巾で捻挫した手首を挙上する事は捻挫の完治の期間を早める為には大切な方法です。

捻挫した部位を下に下げるだけでも炎症を落ち着かせる期間は長くなります。少しでも早めるためには心臓よりも患部を挙上する事は大切なことです。足の関節を捻挫した場合は、寝るときに足を枕などで挙上して寝る様にしてください。それだけでも捻挫の完治の期間を早める事は可能です。

 

飲酒や喫煙は控える


捻挫と飲酒や喫煙は関係ないだろうと思っている人は知らず知らずのうちに捻挫の完治期間を遅らせているかもしれません。過度な飲酒や喫煙は血流を阻害させて、捻挫した部位の炎症を悪化させる恐れがあります。

また、一度傷ついて靭帯の治癒を遅らせる恐れがあります。そうなると関節の痛みが落ち着かないだけでなくいくら痛みどめを内服してもいつまでも痛みが落ち着かない状態になる可能性もあります。捻挫が落ち着いて普段通りの生活が送れるようになるまでは、飲酒や喫煙は控える様にしてみてください。

そうする事で捻挫の完治する期間を早める事が出来ます。

 

炎症や痛みが落ち着いたら少しずつ関節を動かす


炎症や痛みが落ち着いたからといって、靭帯や筋肉の痛んでいる所が完治していない場合があります。捻挫が完治したと勘違いして無理に動かしたり、運動をすると捻挫の炎症を再度ぶり返して、再び腫れが起こることがあります。

再び捻挫が悪化すると中々捻挫が完治する事は難しく、少しの刺激で捻挫を何度もぶり返す恐れもあるのです。そうならない為にも捻挫の期間を早めに完治する為にも痛みが落ち着いた場合でも少しずつ関節を動かすようにしてください。

 

いかがでしたか?

これを読んで捻挫くらいで大げさなと思った人も多いのではないでしょうか。ですが、捻挫も靭帯の損傷が酷いと靭帯損傷というきちんとした病名がつくくらいの怪我にもなるのです。

また、軽い捻挫では数日から数週間くらいで完治しますが捻挫した部位や早めに治療をしなかったことで長期間にわたり痛みや腫れが出る事もあり、靭帯の状態によっては手術が必要になる事もあるのです。そうならない為にも適切な捻挫の治療をして早めに完治出来る様にすることが必要です。

今回を参考に完治する期間を早く出来るよう、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

捻挫の完治する期間を早める為に行うべき7つの治療法

・ すぐに受傷した部位を冷やす
・ 受傷した部位はなるべく動かさない
・ 入浴はシャワーのみにする
・ 医師の指示したサポーターを使用する
・ 捻挫した部位を心臓よりも高く上げる
・ 飲酒や喫煙は控える
・ 炎症や痛みが落ち着いたら少しずつ関節を動かす