ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

歯痛が原因で眠れない時に行う痛みを和らげる応急処置

歯痛が原因で眠れない時に行う痛みを和らげる応急処置夜間の歯痛で困った経験はありませんか?昼間ならば歯科医院に駆け込めばいいものの夜間だとそういうわけにもいきません。しかし、寝ようとするも痛くて痛くて寝付けない。朝までが長く感じて絶望的な気持ちになったことがある方も多いのではないでしょうか。歯痛の原因はさまざまなものがあります。

・虫歯・詰め物がとれた
・歯茎や副鼻腔などの病気
・ストレス

歯痛と聞いてすぐに思い浮かべるのが虫歯でしょう。特に、ある程度進行した虫歯は痛みが強くなり、突然激しい痛みに襲われたりするものです。治った虫歯でも詰め物がとれると痛みだしてしまうこともあります。

これは、詰め物によって守られいた神経が直接刺激を受けやすくなってしまうためです。また、詰め物がとれていないのに痛み出した時は詰め物や被せ物の下で虫歯が再発している可能性があります。直接歯に原因がなくても歯痛が起こることがあります。

歯肉炎や歯槽膿漏など歯茎に異常がある場合、副鼻腔の炎症なども原因となります。特に原因が見当たらない場合はストレスによる歯痛も考えられます。これらの歯痛が診療時間外に突然起こってしまった場合、どう対応したらよいのでしょうか。ここでは応急処置をご紹介します。



 

歯痛が原因で眠れない時に行う
痛みを和らげる応急処置

 

市販の鎮痛剤を服用する


鎮痛剤を使用すると一時的に痛みを和らげることができます。歯科に通院中の方は痛み止めとして「ロキソニン」を処方されている方が多いのではないでしょうか。実は、ロキソニンは市販薬でもほぼ同じ成分のものがあるのです。

「ロキソニンS」という商品名で販売されており、薬剤師がいる薬局で購入することができます。しかし、薬剤師がいない時間帯は購入することができないため、そういった時は他の鎮痛剤で代用しましょう。鎮痛剤を選ぶときは効能に「歯痛」と明記されているものの方が安心です。

飲むタイミングは、「痛み出した時」が効きやすいとされています。痛みがひどくなってからの服用は効果を感じにくかったり、なかなか効かない可能性があります。また、鎮痛剤はあくまでも一時的に痛みを和らげるだけで根本的な治療にはならないため、早急に歯科医院を受診しましょう。

 

口の中を清潔にする


食べカスが歯や歯茎の間などに挟まっていると、その刺激で痛みや腫れが起こる可能性があります。その場合、歯磨きをすると痛みが和らぐでしょう。歯磨きをする際は刺激を与えないよう優しく丁寧に行います。

また、糸ようじなどで歯磨きだけでは行き届かない隙間なども綺麗にすると効果的です。仕上げにうがい薬で口をゆすぐと細菌対策にもなるためおすすめです。

 

冷やす


歯痛には冷やすことも有効です。血流を抑えることで、腫れや痛みを和らげることができます。

(1)患部を頬側から冷やす

氷のう、濡らしたタオルなどを頬に当てて冷やします。押さえることが煩わしい場合は発熱時に使用する冷却シートを貼っても良いでしょう。

(2)氷を口に含む

氷を口に含んで冷やす方法もあります。冷やすことにより神経が麻痺し一時的に痛みを和らげます。

自分に合う方法を選んで試してみてください。特に、血流が良くなった入浴後などは痛みが強くなるため、患部を冷やすと落ち着くでしょう。

 

歯痛に効くツボ


様々な種類があるツボですが、実は、歯痛に効くツボも存在するのです。急に痛みが襲ってきて他に手立てがない場合はその場で押すことが出るツボ押しは大変便利ですよね。また、他の対処法との併用もおすすめです。

1、合谷(ごうこく)
合谷は手の甲の親指と人差し指の付け根にあります。押し方は、反対側の親指と人差し指で挟み、やや強めに押し揉みます。押したときはツボに痛みを感じるかもしれませんが、痛みが消えるまでしっかりと押すと良いでしょう。

2、歯痛点(しつうてん)
歯痛点は、手のひら側の薬指と中指の付け根にあります。こちらもやや強めに押してください。

 

変わった対処法「正露丸」


正露丸といえば、胃腸症状などに効果があるのは皆さんご存知ですよね。実は正露丸の効能には「むし歯痛」としっかり明記されているのです。正露丸の主成分は木クレオソートというものです。木クレオソートは防腐作用や殺菌作用があり、一時的に虫歯痛を和らげてくれます。使用方法は、虫歯によりできた穴に正露丸をつめるというものです。

歯磨きなどで虫歯内部の汚れを取り除く

虫歯内部を乾燥させる

少しずつ量を調整して詰める

この要領で試し、痛みが和らいでくれば成功です。

しかし、使用にはいくつか注意しなければならないことがあります。

(1)歯茎や粘膜に触れたままにしない
正露丸の強い殺菌作用は虫歯の痛みを和らげるというメリットがありますが、歯茎や粘膜には刺激が強いというデメリットがあります。ですから、適量を守り、長時間入れたままにしないことが大切です。歯周病の方は使用を控えてください。

(2)必ず早期に医療機関を受診
正露丸を使った処置はあくまでも痛みを和らげる応急処置です。根本的な治療は歯科医院で行いましょう。虫歯が進行すればするほど痛みが強くなりますので、早急に受診することが望ましいでしょう。

(3)匂いが強い
正露丸は独特なにおいがある薬です。また、その度合いも強いため、時と場所によっては使用しないほうが良いでしょう。

 

以上、歯痛が原因で眠れない時に行う痛みを和らげる応急処置をお伝えしましたが、いかがでしたか。

歯が痛い時というのは藁にもすがりたくなるような思いですよね。簡単な方法から少し変わった方法まであるので、ぜひ自分に合う方法で試してみてください。これらはすべて応急処置に過ぎないので、なるべく早く歯科医院を受診することが大切です。

歯科医院ではいつから、どのような痛みがあるのか、きちんと医師に伝えましょう。

 

まとめ

歯痛が原因で眠れない時に行う痛みを和らげる応急処置

・ 市販の鎮痛剤を服用する
・ 口の中を清潔にする
・ 冷やす
・ 歯痛に効くツボ
・ 変わった対処法「正露丸」