ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

歯痛の原因を見つけ出して痛みを和らげる方法

歯痛の原因を見つけ出して痛みを和らげる方法
突然、原因不明の歯の痛みに困ったことはありませんか? 虫歯か、または歯周病の心当たりもない・・・。虫歯なら自覚症状のある時点で、かなり進行している場合もありますが、原因不明となるともうお手上げです。そんなときは1分でも早く痛みを和らげてしまいたいですよね。

歯痛の原因はさまざまありますが、主に虫歯と歯周病によって起こると言われています。痛いときに歯医者にかかりたくても、仕事が忙しかったり深夜のために治療ができるまでガマンしなければいけないことも。そこで、ここでは少しでも痛みが和らぐ一般的な応急処置の方法をご紹介します。



 

歯痛の原因を見つけ出して痛みを和らげる方法

 

市販の痛み止めを活用しよう


ロキソニンSやバファリンなど、市販されている痛み止めが歯痛にも効くものがありますので、薬局で薬剤師さんに痛み止めを処方してもらいましょう。もし手持ちの痛み止めがある場合は、説明書をよく読んで服用しましょう。

また、他に飲んでいる薬がある場合は主治医に併用しても問題がないか、確認してから使うと安全です。痛みが引くのは一時的なもののため、効果が切れると再び痛みだしたり、さらにひどくなる場合があるので注意してくださいね。

 

口の中を清潔にしよう


患部に食べカスや汚れが歯や歯の神経を圧迫して痛むことがあります。そのため、これらを取り除くことで痛みが和らぐことがあります。歯ブラシや糸ようじなどを使い(歯磨き粉は付けないで)、優しく丁寧にブラッシングをし、うがい薬やぬるま湯でしっかりとうがいをしましょう。

ただし、アルコールの入った液体歯磨きや洗口剤はアルコールの刺激で痛みが強くなる場合もありますので避けてくださいね。

 

患部を冷やそう


赤くなったアゴを氷で冷やしているシチュエーションがマンガやアニメで描かれることがありますが、あながち間違いではありません。歯の痛みは、歯の中で血液が多くなり神経を圧迫することによって起こります。

そのため、痛む患部を冷えピタやアイスノンなどでほほ側から冷やしたり、冷水や氷を口に含み、歯を直接冷やすと効果的です。しかし、あまり冷やしすぎると今度は血流が悪くなり治りにくくなることもあるので、ほどほどにしましょう。

 

食事に気をつけよう


歯を強くかみ合わせることで、神経が圧迫され痛みが増すことがあります。そうならないように、食事にも気を付けることが大切です。例えばおかゆやうどん、ゼリータイプの栄養補助食品など、あまり噛まずに食べられるものがおすすめです。

一方で、香辛料やアルコール入りのものは血行を促し、痛みが増幅することがあります。それに加えて、極端に熱いもの、冷たいもの、甘いもの、酸っぱいものなども歯の刺激になるので、これらも避けるようにしましょう。

 

激しい運動や入浴は避けよう


血圧が高くなると血液の循環がよくなり、神経を圧迫するために歯の痛みが悪化してしまいます。そうならないためには、激しい運動や熱い風呂への入浴など、血流をよくする行為はやめましょう。

また、先ほどもお話しましたが、アルコールは中枢神経を麻痺させ、一時的に痛みを忘れることができますが、効果が切れると再び強い痛みが起こるのでやめましょう。

 

虫歯には正露丸を使うのもアリ


腹痛の薬として有名な正露丸は、虫歯の痛みにも効果的だということは意外にも知られていません。主成分である日局木(もく)クレオソートは歯の鎮痛沈静にも使われているもの。使うときは、痛みのある虫歯の部分に適量を詰めましょう。

 

最後の手段は救急センターへ


深夜や休日でかかりつけの歯医者が開いてない、でも、どうしても痛みがガマンできない……そんなときは地域の夜間、休日救急センターを利用するのもよいでしょう。痛みを放っておく人はいないと思いますが、決して自然治癒しないのが歯痛の辛いところ。

時間が経てば経つほど悪化するだけなので、早めの治療が肝心です。

 

歯がしみる場合は知覚過敏の可能性も?


虫歯になると歯がしみますが、実は虫歯ではない場合もあります。それが知覚過敏です。歯を覆っている象牙質の根元が露出することで、冷たいものに対して敏感に反応することがあります。

その原因はさまざまで、歯周病によって歯ぐきが下がり、歯肉に隠れていた象牙質が出てきて敏感になることもあれば、強すぎる噛みぐせや歯ぎしり、ブラッシングのしすぎで歯が削れたりすることが原因であると言われています。ただし、知覚過敏も自然には治らないので歯医者での治療が必要です。

 

いかがでしたか?

ご紹介した方法は、あくまでも一時的に痛みを抑えるためのもので治療を促すものではありません。ご紹介した応急処置の後、もし痛みが引いたとしても、治ったからではなく歯の神経がばいきんによって死んでしまったことからくる無痛の状態になっただけです。

こうなってしまうと、さらに状態がひどくなっている可能性があります。治療が遅ければ遅いほど症状が進行し、余計な治療費がかかってしまうことも考えられます。痛くなったら歯医者さんでしっかり治療を行ってくださいね!

 

まとめ

歯痛の原因を見つけ出して痛みを和らげる方法

・ 市販の痛み止めを活用しよう
・ 口の中を清潔にしよう
・ 患部を冷やそう
・ 食事に気をつけよう
・ 激しい運動や入浴は避けよう
・ 虫歯には正露丸を使うのもアリ
・ 最後の手段は救急センターへ
・ 歯がしみる場合は知覚過敏の可能性も?