ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

舌が白い人は要注意!舌苔が及ぼす5つの悪影響

舌が白い人は要注意!舌苔が及ぼす5つの悪影響

みなさんは自分の舌をじっくり確認したことがありますか?あまり見たことが無い方は今すぐチェックです。もしその時、舌に白い汚れがこびりついている方は要注意!

舌苔と言われるものがビッシリとこびり付いてる状態です。今回はこの舌が白くなる原因である舌苔が及ぼす5つの悪影響についてお伝えします。



 

舌が白い人は要注意!
舌苔が及ぼす5つの悪影響

 

口臭


舌上に舌苔と呼ばれる白い汚れが付着していくと、そこに食べかすが溜まり、細菌が繁殖し口臭の原因となることがあります。口臭の原因には様々なものがありますがその中の1つに硫化水素という成分が舌苔から発生しているといわれます。

硫化水素は世間では「腐った卵のような臭い」と言われることがあります。成分から見ると火山ガスや温泉にも含まれることからその臭いの強さは高いものと考えられます。

では舌が白く舌苔が付着している方はみなさん口臭があるものなのでしょうか?実は舌が白いと言ってもその量には適量が存在し中央付近にうっすら白い程度のものは正常、まったく白くなくピンクの状態もしくは、舌の中央から舌先、側面にいたるまでビッシリと舌苔に覆われている状態が異常なのです。

そのうちのビッシリ舌苔に覆われている状態が特に悪臭を発生する可能性が高くなり口臭の原因と考えられてます。

 

味覚低下


舌は色々な機能を持っています。食物を味わったり、その食物を咽頭へ運んだり、舌が正常に動かなければ言葉を発することもできません。中でも食物を味わうということに関しては舌には味蕾というものがあります。

味蕾は食物の味を感じるセンサーとなっており、このセンサーが正常に働らかなければ私たちは食物を美味しいと感じることができません。

この味蕾というセンサーは舌乳頭という部分にあり舌上にあるこの舌乳頭は舌上の分布位置により、それぞれ味蕾センサーの位置も違います。

この位置の違いがそれぞれ味の感じる部分が違うと言われる原因です。そしてこの味蕾と言われるセンサーがある舌乳頭部が舌苔で覆われてしまうと、それぞれの部位で味を感じることができなくなったり、味覚が変わったりします。

二時的なトラブルとして本当は美味しいものでも美味しく感じないことで作ってくれた方への不満に繋がったり、作る本人がこの状態ですと味がわからないため美味しいものも作ることができません。

 

食欲低下


前文であった味覚低下が起きると食物を美味しく食べることができなくなってきます。またなんとか食べることはできても本来の味と違う感じ方になりますので食欲もなくなってきます。

食物を食べるという第一段階での食欲低下に加え、舌苔がビッシリとこびり付いた舌で食物を体内に運ぶということは舌苔と一緒にそこに含まれる細菌や毒素も体内に入れることになり結果、身体に様々な悪影響を及ぼし食欲が低下するという二時的な食欲低下も考えられます。

 

溝状舌


溝状舌とは舌の表面にある小さな溝が舌苔が付着しどんどん大きくなることでさらに大きくなる状態です。多くは先天的異常が多いのですが、舌苔が悪化因子となり発生しやすい症状と言えます。

大きくなった溝には食べかすなどが入りやすく残存しやすい状況となり、それらが腐敗し炎症を起こし痛みや味覚障害などの症状を引き起こします。

痛みが強い場合は消炎剤の入った洗口剤を使用します。溝状舌自体は大きな症状ではないのですがこの症状を起因に様々な身体への悪影響が考えられます。

 

黒毛舌


黒毛舌とは舌上の舌苔が溜まり、角質が増え続け固くなり、文字通り黒い毛のように見える状態です。先で述べたように舌苔は最初は白いのですが、味覚低下、食欲低下等から体力が落ち、抵抗力が落ちるとカンジタ菌が増殖し色々な症状がおきます。

全身症状としては化学物質過敏症、低血糖、アレルギー症状、皮膚炎、筋肉や感背の痛み、集中力低下など、胃腸症状として、食欲不振、慢性的な便秘や下痢、腸炎、消化不良、腹痛など、中枢神経系の症状として、不眠症、情緒不安定、抑鬱、学習障害など、その他ホルモン異常、副鼻腔炎、膀胱炎、前立腺炎、頭痛、めまい、耳鳴り、聴覚障害などさまざまな症状が出ます。

原因の1つと考えられているのがカンジタ菌です。この菌から発生するアンモニアなどの毒素が直接的な要因ではと考えられてます口腔内で発生したこれらの毒素が、唾液や食物と一緒に食道を通り腸から体内へ吸収され、腸から肝臓に送られます。

ここで肝臓は解毒をするわけですが、すべてを処理できない場合は血液に乗って、この毒素が全身を駆け巡ることになるのです。そして全身にめぐった毒素がさまざまな症状を引き起こしていくものと考えられてます。

 

以上、舌が白い人は要注意!舌苔が及ぼす5つの悪影響をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

舌苔が身体に及ぼす悪影響の数々、ただ舌が白くなっているだけと油断しているとそれが原因で様々な身体へのトラブルが起こってきます。

また二次的なトラブルとして口臭であれば周りの方々にも迷惑をかけてしまいます。外見には特に問題のない方でも口臭が原因で交友関係やお仕事にも影響が出ますし、味覚の低下であれば自分だけでな食欲不振から体力の低下、抵抗力が低下し様々な症状が出てきます。

そうならないためにも毎回の歯磨きの際は鏡を見ながら舌のチェックを行い舌苔があるようなら専用のブラシを使い除去に努めることが大事です。

また舌苔は身体状況をしらせるサインでもあります。取っても取ってもこびりつきを繰り返すようであれば内臓関係に問題があるかもしれません。その場合はお早めに内科の病院を受診し身体の中からしっかりと治療することをお勧めいたします。

 

まとめ

舌が白い人は要注意!舌苔が及ぼす5つの悪影響

・ 口臭
・ 味覚低下
・ 食欲低下
・ 溝状舌
・ 黒毛舌