ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

[薄毛対策]男性ホルモンを減らす効果的な6つの方法

[薄毛対策]男性ホルモンを減らす効果的な6つの方法

あなたは薄毛や抜け毛に悩んでいませんか。日本人男性の3人に1人が薄毛や抜け毛に悩んでいると言われています。

薄毛や抜け毛には男性ホルモンが大きく影響していることがわかっており、男性ホルモンに影響されやすい人ほど薄毛や抜け毛が見られるとされています。

ここでは男性ホルモンを減らすために効果的な方法をご紹介します。6つご紹介しますので参考にしてください。



 

[薄毛対策]男性ホルモンを減らす
効果的な6つの方法

 

男性型脱毛症とは


男性型脱毛症(AGA)とは、男性ホルモンが影響して起こる脱毛症のひとつです。頭頂部が徐々に薄くなる、生え際が徐々に後退する、複数の箇所で抜け毛や薄毛などがあるという症状をAGAの大半の人が経験し、20代から50代の男性に多く現れます。

また、健康状態や加齢とは関係なく進行していく脱毛薄毛症状であるため、いかに早く対処するかがポイントになります。髪の毛は抜けて生える、生えて抜けるを繰り返しますが、この繰り返すサイクルが短くなると抜けるスピードが早くなり、結果、髪の毛の成長を待たずに抜けるという状態になってしまうのです。

AGAのサイクルが短くなる理由のひとつに、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が挙げられ、DHTはテストステロンという男性ホルモンが基になっています。

テストステロンは5a-リダクターゼという酵素と結びつくとDHTに変化し、それが発毛と成長を阻害し、脱毛へと導いてしまうのです。テストステロンの分泌量に個人差はさほどなく、むしろ5a-リダクターゼの分泌や生成に個人差があるのです。

5a-リダクターゼが生成されやすい人はAGAになりやすく、5a-リダクターゼを阻害すればAGAになりずらいと言えるのです。

 

食事で男性ホルモンを減らしましょう


まずは栄養のバランスを考えた食事が大切で、体全体を健康にすることが基本になります。栄養のバランスが崩れてくると頭皮に栄養が行き渡らないということだけでなく、体全体に栄養が行き渡らずに体のバランスが崩れ不健康な状態を作り出してしまいます。

規則正しい生活を送り栄養バランスの摂れた食事をし、体全体を健康にしてください。そして、次に大豆イソフラボンと亜鉛の摂取を意識してみましょう。大豆イソフラボンには5a-リダクターゼを阻害する働きがあります。

また亜鉛にもこの働きがあり、その他、髪の毛の主成分であるタンパク質の合成にも欠かせません。主な食品として、大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌など、亜鉛は牡蠣や黒ゴマ、レバーやいわしなどに多く含まれています。

 

運動で男性ホルモンを減らしましょう


運動は有酸素運動が効果的です。筋肉をなるべく使わずに体に負荷をかけないようにする運動で、20分以上続けることにより体脂肪を燃焼しやすくし血行がよくなってきます。

ジョギングやウォーキング、水泳やサイクリングなどが簡単にできる運動ですが、無理をせず自分の体質やペースにあった方法で試してみてください。有酸素運動による発汗はDHTを排出し、DHTの分泌を制限し、DHT濃度を低く抑えることにつながります。

AGAのリスクとなるDHTを低く抑えることができれば、脱毛の進行を防いだり遅らせることができるでしょう。

 

頭皮マッサージを取り入れましょう


頭皮は筋肉がないことから血行が悪くなりがちで、また加齢とともに頭皮は硬く、血行が悪くなります。血行が悪いと新陳代謝機能の低下につながり、髪の毛の成長も阻害されてしまいます。

頭皮のマッサージを念入りに行う事で血行が促進され、栄養や酸素が髪の毛に届きやすくなります。毎日少しづつ頭皮マッサージを行えば効果が表れてくるはずです。面倒だと思わずに少しづつ、無理をせずに続けてみてください。

 

十分な睡眠を摂りましょう


睡眠不足の状態は栄養の吸収を阻害するだけでなく、神経のバランスをも崩してしまいます。交感神経と副交感神経のバランスが崩れると育毛機能・代謝機能の低下につながります。

十分な睡眠を摂れるよう生活習慣を見直し22時から26時に就寝するよう心がければ、育毛機能・代謝機能を一番いい状態にすることができるといえるでしょう。

 

ストレスを減らしましょう


ストレスや喫煙は代謝機能を低下させ、血行を悪くさせてしまいます。その結果、栄養が届きにくくなり髪の毛の成長を阻害してしまいます。また、ストレスは髪の毛の成長に欠かせない亜鉛を多く消費してしまうため、せっかく摂取した亜鉛が髪の毛に行き届きません。

ストレスは現代の生活につきものですが、気分転換や運動、趣味などを上手に組み合わせストレスを溜めないよう工夫をしてください。

 

いかがでしたか?

日本人男性の3割の方が抜け毛や薄毛に悩んでいると言われています。抜け毛や薄毛は決してあきらめてはならず、効果的な方法を実践することにより育毛機能向上につながるのです。

毎日少しづつ無理をしない程度に、実践してください。きっといい結果が期待できるはすです。

 

まとめ

[薄毛対策]男性ホルモンを減らす効果的な6つの方法

・ 男性型脱毛症とは
・ 食事で男性ホルモンを減らしましょう
・ 運動で男性ホルモンを減らしましょう
・ 頭皮マッサージを取り入れましょう
・ 十分な睡眠を摂りましょう
・ ストレスを減らしましょう