ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

腱鞘炎は早めの治療が肝心!悪化させない5つの方法

腱鞘炎は早めの治療が肝心!悪化させない5つの方法手首や指を動かすと痛む・・・そんな症状はありませんか?それは「腱鞘炎」かもしれません。腱鞘炎とは、手の「腱」と「腱鞘」の間で炎症が起こっている状態です。

腱は筋肉と骨をつないでいる筋(すじ)のことで、それを包む鞘のことを腱鞘といいます。手首や指に負担がかかった時、腱と腱鞘がこすれ合い、炎症を起こしてしまうのです。

・持続性のない痛み
・軽い痺れ
・手を動かしにくい
・なんとなく手指がだるい

これらが腱鞘炎の初期症状です。しかし、軽い場合や持続しない場合が多いため見過ごしてしまい、重くなってしまう患者が多いのです。

ひどくなると箸を持つことさえままならないなど日常生活に多大な支障が出てきてしまうため、少しでも症状を感じた場合は無理をせずしっかり治療することが大切です。

一番の原因は「手や指の使い過ぎ」によるものです。何かを持つ、押す、ひねる、など同じ動作を繰り返すことで手指が痛み出すということが多いです。

例えば、PCのタイピング、ピアノの演奏、テニスの練習、赤ちゃんの抱っこなど、すべて上記の理由に当てはまりますよね。最近ではスマートフォンの使い過ぎによる「スマホ腱鞘炎」というものもあります。

特定の指でタッチパネルを押す動作やスマートフォンを持ち続けることで、手指に負担がかかり炎症が起こった状態です。いずれにしても、長時間同じ動作を繰り返すときは度々休憩を取り、手指を休めてあげることが予防につながります。

また、痛みが出てきたときは作業を中断しましょう。その他の原因に、女性ホルモンの影響も考えられます。特に、産後や閉経後はホルモンバランスが大きく変化する時期なので注意が必要です。



 

腱鞘炎は早めの治療が肝心!
悪化させない5つの方法

 

手を休め、固定する


腱鞘炎の治療で一番大切なことは患部を休め、極力使わないようにすることです。これにより、炎症の悪化を防ぎ、自然治癒力での回復が見込めます。

とはいえ、全く使わないということは生活がある以上不可能です。そんな時は、テーピングやサポーターなどで患部をして固定しておきましょう。

手の動きを制限することで負担の軽減につながります。固定する期間は症状の重さによって異なります。

・軽い痛みがある→1~2週間
・角度によって強い痛みがある→2~3週間
・熱や腫れもある→3~4週間(アイシングなど他の処置も必須)

痛みもなく手指の違和感のみがある場合は数日の固定で回復すああるでしょう。これらの期間はあくまでも目安ですので、痛みが強い場合や固定しても改善が見られない場合は必ず医師の指示を仰ぎましょう。

 

熱っぽさや腫れにはアイシング


炎症を起こした患部は熱を持ち腫れることがあります。その場合はアイシングを行うと効果的です。方法は至って簡単、氷のうやビニール袋に氷を入れ熱を持っている部分に当てるだけです。

実施時間は【15~20分】、【患部の感覚がなくなるまで】を目安にしてください。ちなみに、アイシングを始めると感覚は次のように変化しうます。

①最初は冷たくて痛い感覚
②暖かくなったような感覚
③若干痺れたような感覚
④何も感じなくなる

そして、時間をおいて感覚が戻った状態で再びアイシングをします。この繰り返しのアイシングは2日間ほど定期的に行い、それ以降は行わないようにしましょう。

上記の実施時間、期間は必ず守ってください。長時間、長期間のアイシングは凍傷になる恐れがあり大変危険です。また、実施中にあまりに不快感が出た場合は中止した方が良いでしょう。

 

湿布、投薬で痛み軽減


痛みが出たらとりあえず湿布を貼るという方、実は多いのではないでしょうか。しかし湿布といっても冷湿布、温湿布など種類によって使い分けることが大切です。

冷湿布・・・腱鞘炎は炎症なので、基本的にはまず冷湿布を貼ります。特に熱を持ち腫れている時や痛みがある間は消炎成分入りの冷湿布を使いましょう。

温湿布・・・痛みがなくなってきたら温湿布に変えて血行を促しましょう。これにより修復成分が患部に届きやすくなります。

痛みが強い場合は鎮痛剤の内服をすることで一定時間痛みを抑えることができます。しかし、これは症状を治しているわけではなくあくまでも応急処置に過ぎません。

発症から病院に行くまでの処置として内服すると良いでしょう。受診後は自己判断での内服は避け、医師の指示に従いましょう。

 

温めて患部をほぐす


患部の熱っぽさや腫れが引いた後、回復期は手を温めて症状の改善を図りましょう。お風呂に浸かって痛む部分を優しくマッサージをすると血行が良くなり、患部へ修復成分である栄養や酸素が運ばれやすくなります。

自分でマッサージをするのは少し怖い・・・という方はお湯の中で手をゆっくりと閉じたり開いたりするだけでも効果があります。

どちらも無理をしないということが大切ですから、痛みがある場合は中止しましょう。また、整骨院などでは電気療法や温熱療法といったものもあります。こちらも血行を促し強張った筋肉をほぐすことで早期の回復につながります。

 

鍼灸院に相談


仕事のためにも早く治したい・・・そんな方は鍼灸院にいってみてはいかがでしょうか。鍼灸師は症状を聞き観察し、痛みの根本に沿った治療をしてくれます。

的確なツボを刺激することで血行が良くなり、腱鞘炎の治癒にもつながります。冒頭で触れた女性ホルモンの乱れから来る症状も、鍼灸ならばホルモンそのものを整えることが期待できます。

鍼灸による治療は劇的な改善よりも段階を踏んで改善させていくことを考えましょう。ですので、治療後一旦痛みが引いても定期的に治療を受けた方が再発防止にもつながります。

治療法は患者や症状によって合う合わないがあるので、痛みが強くなった場合などは無理をせずに治療を中断してもらい、病院を受診してください。

 

以上、腱鞘炎は早めの治療が肝心!悪化させない5つの方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

様々な治療法がありますが、重要なことは症状が軽いうちに治療をすることです。そのためには無理は禁物です。重くなると手術を勧められることもあるようです。

また、完治した後は再発にも気を付けたいですね。生活や仕事の中で手を使う事が多い方は時々手を休め、指を閉じたり開いたり、簡単にストレッチをすると良いでしょう。

お風呂で手を温めながらマッサージをすることもおすすめです。どうしても酷使してしまいがちな手ですがこれからは労わっていきたいですね。

 

まとめ

腱鞘炎は早めの治療が肝心!悪化させない5つの方法

・ 手を休め、固定する
・ 熱っぽさや腫れにはアイシング
・ 湿布、投薬で痛み軽減
・ 温めて患部をほぐす
・ 鍼灸院に相談