ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ワキガの自覚が無い人に傷つけないで改善させる7つの方法

ワキガの自覚が無い人に傷つけないで改善させる7つの方法

「ワキガは自覚症状が無い人が多く、自分では気づきにくい」と良く言われています。ワキガのようなニオイの問題は色がついているわけではないので自分で気づきにくく、また周囲の人も当の本人が傷ついたりすることを想像するとどうしても伝えにくいものです。

しかしワキガは周囲の人に不快感を与えていることが多くあるのも事実です。そして早めに本人に気づかせてあげた方が本人の心のダメージも小さくて済みます。

今回はワキガの自覚が無い人に傷つけないで改善させる7つの方法を紹介します。



 

ワキガの自覚が無い人に
傷つけないで改善させる7つの方法

 

耳アカをチェックするよううながし「湿っているとワキガの可能性が高いんだって~」と軽く一言添える。


耳アカが湿っている人が必ずワキガであるというわけではありませんが、耳アカが乾いている人よりも湿っている人の方がワキガであることが圧倒的に多いです。

話題にするときにいきなり「ワキガの人は耳アカが湿っている人が多いんだって~」と話はじめると、当の本人はいかにもワキガだと言われている感じを受けるので、「耳アカって大きく2つのタイプに分かれるんだって」等、何気ない世間話の感覚で話を切り出して「湿った耳アカをしている人によくある特徴って知ってる?・・・全員ではないらしいけどワキガの人が多いんだって~」くらいまで話をもっていくことができればワキガの自覚が無い人も少し自分のニオイを気にしてくれるかもしれません。

 

「“ファンキー”“スパイシー”“セクシー”な香水(フレグランス)つけてるの~?」と軽く言ってあげる。


キーワードは“ファンキー”“スパイシー”“セクシー”という、香水(フレグランス)のカタログやWebサイトでも良く使われている言葉です。“ニオイ”という表現より“香り”という表現の方がおしゃれな響きになります。“クサイ香水(フレグランス)”という表現も避けた方がよいでしょう。

例えば当の本人が男性なら「男らしいファンキーな香りがするけど、どこで手に入れた香水なの?」とか、当の本人が女性なら「フェロモンがたくさん出ているようなセクシーな香りがするけど、どんな香水つけているの?」といった伝え方をすると、当の本人は「香水なんかつけてないのにな~」と内心で思っているはずで、ワキガの自覚が無い人が、自分のカラダのニオイをチェックする可能性が高まります。

 

「服の腋のあたりに何か色がついてるよ」と伝えてみる。


当の本人がノースリーブのときは使えませんが、薄めのYシャツ系のときにさりげなく使える方法です。ワキガを連想させるような腋アセとか腋ジミになっていると伝えると腋アセ腋ジミ自体で当の本人は傷つくかもしれないので、腋のあたりに何かついているとか汚れている程度の表現でも大丈夫です。

そう言われた大抵の人は「え?ホント?」とか言いながら、自分で服の腋の部分を見てみたり、服の腋の部分をつまんでついていると言われた色や汚れを見やすくするために自分の顔の方に近づけます。

ワキガは自覚症状が無い人が多いとは言っても、その部分が顔に近づけば鼻にも近づくので普段自覚症状が無い人も自分のニオイに気がつきやすくなります。

 

当人の前では必ずマスクをつける。


マスクから連想するものは、カゼ、くしゃみ、せき、感染症の予防など病気系のイメージのものが多いと思いますが、それ以外にもマスクにはニオイを感じにくくなる働きもありますか。呼吸が少ししにくくなるので通常よりはニオイを感じにくくなるのです。

つまり当の本人の前でマスクをすることで“私はアナタのニオイを防いでいます”という意味のソフトなサインになります。当の本人が「この人、自分の前では必ずマスクするよな~」と思ってくれればしめたものです。

 

「イケメンやカワイくてカラダがクサイ人がいいか、ブサイクでカラダから良い香りがする人がいいか、究極の選択でどっちとる~?」と話題をふってみる。


こういう話題を出すことで、ワキガの自覚が無い人が自分のカラダのニオイをチェックするきっかけになることがねらいです。話題をふった側としては「いくらイケメンやカワイくても、臭いとイメージダウンだよね」という話のもっていき方ができるとよいのではないでしょうか。

 

「ワキガって遺伝するらしいよ~、アナタの親はどうだった~?」と遺伝の話題をしてみる。


ワキガのような体臭系は遺伝しやすいと言われています。ワキガの自覚が無い人に「そういえば自分の親はクサかったな・・・」等を思わせれば、ワキガの自覚が無い人が自分のニオイをチェックするきっかけにつながります。

 

「実は私、ワキガで悩んでいてね~」と話をふる側は別にワキガでないけれども“自分もワキガで悩んでいる”設定にしてしまう。


話をふる側が別にワキガでなくても“ワキガで悩んでいる”設定にしてしまうと、話をふられた側としては例えば「別にニオわないけど、悩んでいるのかな」と思ってみたりします。

相手との親しさにもよりますが話をふる側が話をしながら自分の腋のニオイをかいでみると、ワキガの自覚が無い人もつられて本人自身の腋のニオイをかいでみたりするかもしれません。ワキガの自覚が無い人でもダイレクトに自身の腋のニオイをかげばさすがに気がつくと思われます。

 

いかがでしたか?

今回お伝えした、ワキガの自覚が無い人に傷つけないで改善させる7つの方法改善させる7つの方法を試してみると、ワキガの自覚が無い人自身が自分のニオイをチェックするきっかけが高まります。

この記事が、ワキガの自覚が無い人に傷つけないで伝えたいと思っている皆さまのお役に立てることを願っています。

 

まとめ

ワキガの自覚が無い人に傷つけないで改善させる7つの方法

・ 耳アカをチェックするよううながし「湿っているとワキガの可能性が高いんだって~」
・ 「“ファンキー”“スパイシー”“セクシー”な香水(フレグランス)つけてるの~?」
・ 「服の腋のあたりに何か色がついてるよ」
・ 当人の前では必ずマスクをつける。
・ 「イケメンやカワイくてカラダがクサイ人がいいか、ブサイクでカラダから良い香りがする人がいいか、究極の選択でどっちとる~?」
・ 「ワキガって遺伝するらしいよ~、アナタの親はどうだった~?」
・ 「実は私、ワキガで悩んでいてね~」