ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

親知らずの虫歯は放置せずスグに歯医者に行くべき5つの理由

by ヘルスケアファクトリー

親知らずの虫歯は放置せずスグに歯医者に行くべき5つの理由

親知らずは上あごと下あごの一番後ろに左右1本づつ合計4本生えます。乳歯や最初の永久歯と違い、親の手が離れる10代後半から生えてくることからこう呼ばれています。

英語ではwisdom tooth(知恵の歯)と言い、物事の分別がつく年齢になってから生える歯という意味です。しかし、分別あるはずの大人が時に転げまわるほどの痛みとなるのが親知らずのトラブルの特徴です。

真っ直ぐに生えない、他の歯を圧迫する、歯茎に炎症が起きる…その中でも代表的なものが「虫歯」による痛みです。親知らずの虫歯は、他の歯に比べて重症化しやすく治療も難しいものです。

抜歯というイメージが付きまとう親知らず、歯医者が苦手な人は少しの違和感なら我慢してしまうかもしれません。しかし、放置すればするほど深刻な事態になってしまいます。ここでは親知らずの虫歯を放置しない方が良い理由についてご紹介します。
(さらに…)

親知らずに出来た虫歯の放置はとっても危険な7つの理由

by ヘルスケアファクトリー

親知らずに出来た虫歯の放置はとっても危険な7つの理由

昨日まで何ともなかったのに、今朝から何となく奥歯が痛い、という経験はありませんか?歯が痛いのか、顎が痛いのか分からないけど、痛くて腫れたことはありませんか?その痛みや腫れは、放置している親知らずの虫歯が原因かもしれません。

親知らずの痛みという認識がある方は、今まで親知らずが痛めば、鎮痛剤で痛みをごまかしてきた・・・なんて人もいるでしょう。だって、抜歯のことを考えると、怖くて痛み止めだけを飲んで歯科には行かないで過ごして来たはず。でも親知らずの虫歯ならとっても大変。

そのうち鎮痛剤が効かなくなり、激しい歯痛で顔をゆがめる日が来るかもしれません。親知らずの虫歯を放置することはとても危険なことです。虫歯菌が全身に感染し、炎症を起こし機能不全を起こすことも。今回は、親知らずの虫歯を放置していると危険な理由をお伝えします。
(さらに…)

親知らずを虫歯にしない為に行う7つの習慣予防

by ヘルスケアファクトリー

親知らずを虫歯にしない為に行う7つの習慣予防
冷たいものを飲んだ時鋭く痛む時ってありますよね。それが普通の歯ならば治療すれば済む話ですが、親知らずが虫歯になっていると多くは抜かれてしまう運命にあります。親知らずとは言え、普通の歯には違いありませんのでなるべく残しておいたほうが良いのは言うまでもありません。

また、下の親知らずが虫歯などになった際は、思った以上に腫れますし、横向きに生えていることも多いのですんなりと抜けてくれません。そうなるとどうなるかというと、割と大げさな手術のようなことをしなければいけなくなるので治りも遅くなってしまいます。

生えてきた親知らずを虫歯にせずにしっかりと残していくと、良いこともたくさんありますよ。今回は、生えてしまった親知らずを虫歯にしないための習慣を皆様にご紹介したいと思います。
(さらに…)