ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

血管年齢が若返りする毎日できる簡単改善法

by HC_factory

血管年齢が若返りする毎日できる簡単改善法

「いつまでも若くありたい」人間誰しもが抱く希望ですが、それを叶えるのはなかなか難しいものです。私たちは皆平等に歳をとっていきます。

そして歳を重ねるにつれて確実に体力は衰え、きれいだった肌もハリやツヤが失われていきます。それが老化というものであり、この世に生きている以上はどうしようもないことなのです。

この老化という現象は目に見えるものに限らず、見えない身体の内部にも及びます。心臓や肺、胃などの臓器も段々機能が衰えていくのです。

そして何と血管にも年齢という概念があり、身体中に張り巡らされた血管もゆっくりと老いていくのです。皆さんはイメージできるでしょうか?

血管が老いるというのはどういうことなのか。血管は老いるとしなやかさを失い硬くなります。硬くなった血管はもろくなり、破れたり詰まったりしやすくなります。それが心筋梗塞、もしくは脳梗塞と呼ばれる病気です。

血管の老化は重大な病気の危険性を高めることに繋がります。現代社会においてこの血管年齢は歳をとった人だけでなく、若い人でも老いている人が増えていると言われます。

若くいるためにはまず血管から若くならなければいけないのです。では血管年齢を若返らせるためにはどうしたらよいでしょうか?その方法について以下に紹介していきます。
(さらに…)

血管年齢を10歳若返りさせるオドロキの方法

by HC_factory

血管年齢を10歳若返りさせるオドロキの方法

現代の食生活や生活習慣は様々な病気の要因に繋がっています。日本人の死亡率一位はガンですが、血管系の病気である心疾患や脳血管は二位と三位で死亡率が極めて高い病気と言えます。

心疾患も脳血管も今では年配の病気ではなく20代でも発症しています。血管系の病気は予兆らしいものがないので発作で倒れて気づく事も多く最悪は死亡してしまう事もあります。

少し前までは血管年齢は若返らないと言われていましたが、今では血管年齢は若返りする事が証明されています。

日常生活の中で血管年齢を若返らせる簡単な方法をご紹介します。
(さらに…)

血管年齢測定方法とマイナス5歳を保つ5つの方法

by HC_factory

血管年齢測定方法 マイナス5歳を保つ5つの方法

よくテレビで取り上げられる「血管年齢」、血管年齢という言葉は聞いた事があるけれどどういう意味なのか知らない人は意外と多いです。血管年齢とは血管の硬さを表しています。血管年齢が若いと血管はしなやかに動きますが年齢が下がると血管が硬くなってしまい柔軟さが無くなってしまいます。

血管年齢気にはなりつつも、自分にはまだ関係がないと思っていませんか?血管年齢を測る為だけに病院に行く暇が無いという人は多いと思います。ですが血管年齢は病院以外でも自宅で簡単に測定する事が出来るのです。

血管年齢が実年齢より上回ると動脈硬化になりやすくなるだけではなく、動脈硬化から様々な病気を発症してしまう危険性があるのです。血管年齢が上がる原因はタバコやストレス、肥満など生活習慣の乱れ・食生活の乱れによるものですが、逆を言えば食生活と運動で血管年齢を若返らせる事が出来るのです。

思い当たる人は血管年齢を測定して動脈硬化にならないよう予防してみませんか?
(さらに…)

血管年齢を自宅で測定!すぐにできる5つの方法

by HC_factory

血管年齢を自宅で測定!すぐにできる5つの方法

血管年齢という言葉を、テレビなどで耳にすることがありますよね。タレントの方が、実年齢より高かったとか低かったという測定が出て、一喜一憂している場面を見ることがあります。

でも、一般の人は、血圧や脈拍の測定や血液検査をすることはあっても、血管年齢を測定することは特に意識していないと、あまりないように思います。

血管年齢とは、言葉のとおり血管の年齢のことで、血管の老化の目安になります。若いときの血管は、弾力があって柔軟で健康な状態ですが、年齢を重ねると柔軟さがなくなり、硬くなっていきます。

若いときは、多少脂っこいものを食べても、コレステロールが血管につくことがありませんが、血管が年をとってくると、コレステロールが付着しやすくなります。

また、緊張したときや運動をしたときなど、心臓が早く動いているときは、血液が血管の中をすごい速さで流れます。そのとき、血管が固いとその血液を受け止めきれずに傷がつきやすくなります。

その傷がもとで血栓になることがあります。さらに、血液の流れがとまると脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞になってしまいます。そうなると急速に生命の危険性が高まります。

また、血管は外から見えないうえに、症状がでたときには、すでにいのちに関わる状態になっていることが多いので、すい臓と同じように「沈黙の臓器」といわれています。

ですので、血圧や血液検査と同じように、血管年齢を測定し、自分の血管の年齢を知ることが大切です。もし、実年齢より高い場合でも、日ごろの習慣を少し見直すことで、血管年齢を下げることができます。

食生活では、お肉よりも魚を多く食べるようにしましょう。魚に含まれているDHAやEPAが血管年齢を下げてくれます。これらは中性脂肪を減らして、動脈硬化のリスクも減らすことができます。

他には、食物繊維を多くとるようにしましょう。食物繊維は、コレステロールの吸収をおさえる働きがあります。食物繊維を多く含んでいる食材は、海藻類やきのこ類、ゴボウなどの野菜があります。大豆に含まれているイソフラボンも、動脈硬化を予防してくれます。

特に納豆に含まれているナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果があるといわれています。適度な運動も血管年齢を下げる効果があります。

最近は運動不足の人が多く、特にパソコンなどのデスクワークを長時間している人は、ストレッチや散歩、軽いジョギングなどをすると良いでしょう。

このように、血管年齢についてみてきましたが、実際に血管年齢の測定ができるのは、病院だけと思われている人が多いと思います。しかし、実は自宅でも簡単に測定できます。

仕事をしている方は、病院になかなか行くチャンスがない方も多いでしょうし、そもそも、どこの病院の何科に行っていいかもわかりづらいです。

なので自宅で気軽に測定できたら便利ですよね。そこで、自宅で簡単に血管年齢を測定する方法をお伝えします。
(さらに…)