ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

しもやけにとっても効くお薬と早期回復する5つの方法

by HC_factory

しもやけにとっても効くお薬と早期回復する5つの方法

秋が終盤に差し掛かると冬の準備が始まります。それと同時にしもやけの心配も始まり、しもやけ対策を今年こそは万全にしたい!と思われる方もいらっしゃるでしょう。

毎年毎年、秋から冬、冬から春にかけて辛いしもやけで悩んでいるという方はいませんか。しもやけは男性に比べて女性に多く発症し、冬場の寒い時期にピークを迎えます。

体のどこにでもできる可能性はありますが、特に末梢部分の手や足、耳や鼻などの血液が滞りそうな部位に症状が現れやすいのです。

しもやけは血液の循環障害であり、痒みや痛み、腫れやただれ、うっ血という症状をもたらし、一旦症状が現れるとなかなかすぐには治癒しないというのが特徴です。

5つご紹介しますので、まずは実践してみてください。

今年こそはしもやけで辛い思いをしないよう、また、しもやけになってしまっても早期回復できるような方法をお教えします。

(さらに…)

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

by HC_factory

しもやけに良く効くと評判のお薬TOP5

冬場になると、手足の指先が赤く腫れあがりジンジンして痛痒くなるイヤーなしもやけ。ここ最近は、地球温暖化のせいか冬場の大雪などで冷え込みが厳しい年も増えました。そんな”しもやけ”ですが、しもやけは別名(凍瘡)ともいいます。では、なぜ”しもやけ”になると赤く腫れあがりジンジン痛痒くなるのでしょうか?

それは、温度が下がることで、からだの熱を逃さないように末端の血管が収縮します。これだけでは、冷えの状態で手足が冷たくなり体温を上げようと”震え”が生じます。血管が収縮した状態から炬燵のように暖かいところにいくと、今度は体熱を逃そうと血管が広がります。

血管が広がる際、動脈は広がりやすく、静脈は広がりにくいため、一気に流れ出した血液が静脈で渋滞をお越し、うっ血になります。そうすると、たまった血液から血漿成分があふれ出し手足をパンパンに腫れあがらせ血管が広がったことにより周りの神経を刺激し痛みや掻痒感を感じるようになります。そんな”しもやけ”になってしまった時には、どんなお薬がよいのでしょう?

今回は、”しもやけ”に効くお薬TOP5を紹介したいと思います。
(さらに…)

肌荒れを薬だけに頼らずきれいに治す5つの方法

by HC_factory

肌荒れを薬だけに頼らずきれいに治す5つの方法

肌荒れと聞くと冬場のガサガサ肌を思い浮かべます。けれど、夏場にも冷房の冷たい風にさらされていたり、日焼けなどでお肌はダメージを受けているのです。この肌の乾燥は皮膚のバリア機能が低下して、お肌のトラブルの原因になります。

夏場は特に肌を露出する機会も増えるので、できる事ならきれいなお肌の状態を保ちたいですよね。生活習慣が乱れていては、いくら良いお薬を使っていても、肌荒れもなかなか良くなることはありません。

お薬を使いながら、より効果的に早くきれいな肌になるにはどうしたらよいのか・・・ そんな方法を今回はご紹介していきます。
(さらに…)

やけどの症状から適切な薬を選ぶ7つのアドバイス

by HC_factory

やけどの症状から適切な薬を選ぶ7つのアドバイス

普段から注意をしていても、日常生活の中で「やけど」をしてしまう事はありますよね。夏であれば花火によるお子さんのやけど、冬であれば、ストーブによるやけど、他にもポットの蒸気や、やかんのお湯によるやけど等、常に火のある生活をしている私達は必ずしもやけどの機会がないとは言い切れません。

気を付けていても、ふとした時にやけどをしてしまった場合は、まず初期の対処法がとても大切になってきます。やけどをした直後は、まず冷水でしっかり冷す事が一番大切です。15分~30分程を目安によく冷水で冷しましょう!

そしてその後の対処法として、どのような外用薬を使ったら良いのでしょうか?やけどをしてしまった時、適切な薬を選ぶ為の7選を紹介します。
(さらに…)

やけどですぐに薬が用意できない時に行う7つの対処法

by HC_factory

やけどですぐに薬が用意できない時に行う7つの対処法

「熱い!」と思ったらもう手遅れ。すでにやけどを負っていて、痛い思いをすることがあります。注意はしていても、ちょっとした拍子で手や足をやけどをしたことありますよね。台所で料理中に油がはねてやけどをしてしまった。ポットでお湯を注いでいる時に手元が動いてやけどをしてしまった。冷めたと思って触った鍋が、まだ熱くてやけどをしてしまった。子どもが花火をしている時にやけどをしてしまった。

このように日常生活では、やけどの危険に遭遇する場面がたくさんあります。あわてずに対応したいものですが、痛みと動揺でなかなか落ち着いた行動をとれないものです。薬を探そうにも、熱くて痛くてパニックに。すぐに薬が用意できなくても大丈夫です。普段からやけどの対処法を意識し、いざという時に役立たせましょう。
(さらに…)

【やけど】初期症状に効くお薬と7つの対処法

by HC_factory

【やけど】初期症状に効くお薬と7つの対処法
やけどは熱を皮膚が受ける事で皮膚組織が破壊され、患部が痛みを伴い炎症を起こします。ひどい時には水泡になりやけどが落ち着いても患部にやけどの跡がケロイド状になり、その後硬く残る場合があります。冬の時期はストーブやポットなどでやけどを起しやすい時期です。

皆さん一度はやけどの経験があることでしょう。ですが顔や手など人の目に触れる所のやけどの傷はなるべくなら跡を残したくは無いですよね。やけどの跡を残したくないと思うのは女性なら特に願いますよね。やけどの傷を残さない為にはやけどの初期症状のうちにきちんと薬で対処する事が大切になります。

ではやけどを早めに対処する為にはどのような薬を使用するべきなのでしょうか。今回はやけどの初期症状に効く薬と対処法を説明します。
(さらに…)