ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

腎臓に痛みを感じたら要注意!放置してはいけない5つの事

by HC_factory

腎臓に痛みを感じたら要注意!放置してはいけない5つの事

腰の辺りに痛みを感じるということはありませんか。腰に慢性的な痛みがある、腰が重たい、違和感があると苦しんでいるという方はいませんか。その痛み、もしかすると腎臓が原因かもしれません。ここでは腎臓の痛みの原因をご紹介しますので、慢性的な腰の痛みが続いているという方は、是非自分の症状と比べてください。

そして自分の症状が腎臓の痛みかもしれない、と少しでも感じることがあれば放置せず、すぐに病院にかかってください。腎臓に痛みを感じたら要注意です。絶対に放置してはいけません。場合によっては緊急を要する時もあります。病院にかかって何もなければ一安心なのですから、少しでも不安要素があれば病院にかかるべきです。

まずは腎臓の位置や大きさ、機能をご紹介します。次いで5つの症状を挙げますので、是非参考にして下さい。
(さらに…)

腎臓に痛みをともなうあらゆる原因とその対処法

by HC_factory

腎臓に痛みをともなうあらゆる原因とその対処法

腰や背中が痛い、背中側の脇腹が痛いということはありませんか。ここに痛みを感じる病気は多種考えられ、泌尿器、消化器、筋肉、皮膚ヘルペスなどです。脇腹が痛いと頻度が高いのが泌尿器で、腎臓や尿管の痛みが多いことが分かっています。

腎臓は背中側の腰のあたりに位置し、握りこぶしくらいの大きさで左右2つある臓器です。1つが150グラムくらいの臓器ですが、様々な役割を担っています。

代表的な役割は血液中の老廃物をろ過して、尿として排出することです。その他、塩分と水分をコントロールし血圧に作用する、造血細胞に影響するホルモンの分泌、体液やイオン量を調節する、カルシウム吸収のためビタミンの生成などという働きがあります。

ここでは腎臓に痛みをともなうあらゆる原因とその対処法をご紹介します。5つの病気をご紹介しますので、少しでもあてはまる症状があればすぐに受診してください。

早め早めの受診が生死を分けることもあるのです。また、日常生活で意識することにより防げる病気もありますので参考にしてください。
(さらに…)

腎臓が痛み出す原因はコレかも!気になる5つの原因

by HC_factory

腎臓が痛み出す原因はコレかも!気になる5つの原因

あなたは腎臓という臓器がどんな臓器でどんな働きをしているのか知っていますか?「2つある」や「尿を作る場所」ということぐらいは知っている人が多いと思います。

しかし、実は腎臓には身体に欠かせない機能がたくさんあるのです。そんな大切な腎臓に痛みや腫れが生じた場合、思ってもみないところが痛んだり腫れたりする時があります。

そのため違う病気と勘違いして見逃されて気づいた時はもう手遅れなんて場合があります。「もし」という時のために正しい知識を身につけましょう。以下に腎臓について説明していきます。
(さらに…)

腎臓が弱ると腰痛は悪化する!改善して痛みを取る方法

by HC_factory

腎臓が弱ると腰痛は悪化する!改善して痛みを取る方法

慢性的に腰が痛くて、整形外科を受診してみたけれど… レントゲン上、特に異常もなく腰痛が続いてはいませんか?

レントゲン上、異常がなくても腰痛持ちの方は沢山います。腰の筋肉の痛みだったり精神的なものが原因でくる痛みだったりと、考えられる原因は様々あります。

その中でも、実は腎臓が原因で腰痛を起こしている場合もあるのです。

人間の身体における腎臓の働きは、血液を綺麗にする事です。血液のろ過を行い、身体の老廃物や、塩分を尿として体外に排出する役割を担っています。

腎臓が正しく働いていないと、老廃物を体外にうまく出せず尿が出にくかったり、身体が浮腫んだり血圧が高くなったりしてしまうのです。今回は、腎臓を健康にして腰痛を改善させる方法のご紹介です。
(さらに…)

腎臓からの緊急サイン!!腰痛を和らげる7つの方法

by HC_factory

腎臓からの緊急サイン!!腰痛を和らげる7つの方法
腰痛と聞くと、関節や骨に問題があるのかと思い整骨院やマッサージに行かれる方が多いようですね。実は、腰痛は骨や関節に起因したものだけでなく、内臓に起因しているものもあるんです。どの内臓に原因があるかと言えば、その多くは腎臓です。

本来、腎臓というのは腰の少し上くらいにあるのですが、固定されていないので腎臓がどんどん下に下がる腎下垂という状態があります。この状態になると腰やわき腹に鈍い痛みを感じることが多いのです。腎臓は一度機能が落ちるとその機能を取り戻すのが大変です。

腎下垂は機能自体は落ちていませんので、腰痛が現れた時点でしっかりとケアすることが出来ればまだ遅くはありませんよ。
(さらに…)