ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

辛い腱鞘炎の治療中に絶対気を付ける5つのこと

by HC_factory

辛い腱鞘炎の治療中に絶対気を付ける5つのこと

物を持った時、手をついた時、突然手首や指、肘などが痛み出したことはありませんか?その症状は、腱鞘炎かもしれません。私たちの手は、腕の筋肉と指を「腱(けん)」が繋いでいるからこそ動かすことができます。

腱の周りには「腱鞘(けんしょう)」というトンネルのようなものがありますが、手指を使いすぎたり負担をかけてしまうと「腱」と「腱鞘」がこすれ炎症が起きてしまいます。腱鞘炎とは、この状態のことを差すのです。

ひとたび腱鞘炎になると、手指が動かしにくく感じたり、曲げる時な どは痛みが出てきます。その状態でさらに負担をかけてしまうと、四六時中痛みが引かない、軽いものすら激痛で持てない、など深刻な症状へと悪化してしまいます。

ですから、症状が軽いうちにしっかりと治療することが大切です。治療は、炎症を取り除くことを優先しましょう。

・患部を固定して疲労を和らげる
・アイシングや湿布薬などで患部の熱を落ち着かせる

まずはこの2つを徹底しましょう。腫れや熱をもっている時は温めてはいけません。これだけの治療で治ることも多いですが、症状が重い場合は痛みが長引くこともあります。痛みが強い時や、家庭療法では治らない場合は必ず整形外科を受診してください。

治療期間は症状によって数日から1カ月ほどで治る場合がほとんどです。その間、症状が悪化してしまわないよう気を付けて生活していかなければなりません。では、どのように過ごすと良いのでしょうか。
(さらに…)

腱鞘炎は早めの治療が肝心!悪化させない5つの方法

by HC_factory

腱鞘炎は早めの治療が肝心!悪化させない5つの方法手首や指を動かすと痛む・・・そんな症状はありませんか?それは「腱鞘炎」かもしれません。腱鞘炎とは、手の「腱」と「腱鞘」の間で炎症が起こっている状態です。

腱は筋肉と骨をつないでいる筋(すじ)のことで、それを包む鞘のことを腱鞘といいます。手首や指に負担がかかった時、腱と腱鞘がこすれ合い、炎症を起こしてしまうのです。

・持続性のない痛み
・軽い痺れ
・手を動かしにくい
・なんとなく手指がだるい

これらが腱鞘炎の初期症状です。しかし、軽い場合や持続しない場合が多いため見過ごしてしまい、重くなってしまう患者が多いのです。

ひどくなると箸を持つことさえままならないなど日常生活に多大な支障が出てきてしまうため、少しでも症状を感じた場合は無理をせずしっかり治療することが大切です。

一番の原因は「手や指の使い過ぎ」によるものです。何かを持つ、押す、ひねる、など同じ動作を繰り返すことで手指が痛み出すということが多いです。

例えば、PCのタイピング、ピアノの演奏、テニスの練習、赤ちゃんの抱っこなど、すべて上記の理由に当てはまりますよね。最近ではスマートフォンの使い過ぎによる「スマホ腱鞘炎」というものもあります。

特定の指でタッチパネルを押す動作やスマートフォンを持ち続けることで、手指に負担がかかり炎症が起こった状態です。いずれにしても、長時間同じ動作を繰り返すときは度々休憩を取り、手指を休めてあげることが予防につながります。

また、痛みが出てきたときは作業を中断しましょう。その他の原因に、女性ホルモンの影響も考えられます。特に、産後や閉経後はホルモンバランスが大きく変化する時期なので注意が必要です。
(さらに…)