ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

排卵痛は妊娠のチャンス?受精確率を上げる5つの方法

by HC_factory

排卵痛は妊娠のチャンス?受精確率を上げる5つの方法

妊活中の女性にとって、「どうしたら妊娠しやすくなるのか」と考える人は多いと思います。デリケートな話なので、身近な親や友だちなどに聞きづらいし、なかなか妊娠しないときは、「どうして妊娠しないのだろう?」「自分に原因があるのかもしれない・・・」と悩むこともあります。そこで、少しでも妊娠する確率を上げる方法をお話しします。

「生理痛」という言葉はよく耳にしますし、多くの人が知っていることだと思いますが、排卵痛というものがあり、これはあまり知られていません。この排卵痛を知ることが、妊娠する確率をあげるカギになります。その排卵痛について説明します。

●そもそも排卵痛はなぜ起きるの?

「生理痛」は、まさに生理中におきるお腹の張りや痛みのことで、生理の2,3日前から生理終了までおこります。長い人では1週間~10日も続きます。

一方、「排卵痛」は、排卵日前後におこるお腹の痛みや張りのことをいいます。期間は短く2~3日でおさまります。排卵痛がおこるメカニズムですが、生理の周期が28日の場合、生理開始日の約2週間後に排卵がおこり、卵子が卵巣から放出されます。

このとき、卵巣の表面が破れ多少の痛みや出血がおこります。これが「排卵痛」です。また、排卵後に卵巣が少し腫れることでも、お腹に張りを感じることがあり、これも排卵痛です。

排卵痛の痛みは、生理痛よりも軽い場合が多く、あまり感じない人も多いようです。この排卵日の前後が、妊娠しやすく「この時期に妊娠しやすい」とされています。

基礎体温を測ることで、排卵日を知る方法があります。生理開始から2週間前後に1度、体温がグッと下がる日があります。この日が「排卵日」です。

排卵日には、たくさんある卵子の中から、元気で調度良い大きさのものが1個だけ選ばれ、卵巣から子宮におくられます。ただし、卵子は年齢とともにどんどん減っていきます。

産まれたときには約200万個あったものが、初潮のときにはすでに30万個ほどに減り、40歳ごろには2~3万個、50代ではゼロになります。

また、年齢のほかに、ストレスや食生活などの影響によって、さらに減ることがあります。この場合、基礎体温を測っていても、排卵日が不定期になってくるので、調べることが難しくなります。

元気な卵子も少なくなります。そのため、妊娠する確率をあげるには、周期を整えるような身体づくりをすることが大切です。難しいことではなく、少し気をつけるだけなので、ぜひとりくんでみてください。

これは妊活中だけでなく、妊娠した後も大切なことになってくるので、この機会に習慣にしてしまいましょう。
(さらに…)

【排卵痛と妊娠】最も受精しやすいタイミングとは

by HC_factory

【排卵痛と妊娠】最も受精しやすいタイミングとは

妊娠を希望している女性にとって排卵はとても大切です。排卵痛とは排卵時に感じる痛みをですが、人によっては痛みを感じない人もいますし敏感に痛みを感じてしまう人もいます。

排卵痛は生理痛と同様に子宮の異常サインではなく生理現象でありとても自然な事なのです。

また、排卵には女性ホルモンのエストロゲンが必要不可欠なのですが、排卵痛があるという事は卵子が排卵出来るぐらい成熟させられるエストロゲンがある証拠なのです。
(さらに…)