ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

by HC_factory

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

けがをしたときや風邪をひいたときなどに病院を受診した際、「念のために抗生物質も出しておきますね」と言われることがありますよね。その作用がよくわからないまま「はい、お願いします」と答える人が多いのではないでしょうか。

でも、その抗生物質の副作用で下痢をすることがあります。病気やけがを治すためにもらった薬で、逆に体調が悪くなることがあるとはいったいどういうことなのでしょうか?

そもそも、抗生物質とは、病気の原因の細菌を退治したり、増えるのをおさえる作用があります。最近は、抗菌剤ともいわれています。そんな大切な役割がある抗生物質で、なぜ下痢をするのか、その原因をみていきましょう。

からだの腸内には、悪玉菌と善玉菌という腸内細菌があります。悪玉菌は、その名のとおり腸内に悪影響を与える細菌です。逆に善玉菌は良い影響を与えて健康に保つ働きがあります。

抗生物質は、この悪玉菌を退治するために処方されます。しかし、このとき悪玉菌だけでなく、からだに必要な善玉菌までやっつけてしまいます。

腸内を整えてくれている善玉菌がなくなると、おなかの調子が悪くなり、下痢をしてしまいます。下痢は、抗生物質を飲んでもまったくならない人と、少し飲んだだけでも下痢をしてしまう人がいます。

下痢になっても、病気やけがを治すために飲んでいる薬なので、簡単にやめるわけにもいかないので、困ってしまいますよね。でも、少し気をつけるだけでこの下痢を改善できます。その方法をご紹介します。
(さらに…)

抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法

by HC_factory

抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法

風邪で具合が悪くて病院を受診、処方された薬を服用したらひどい下痢に悩まされたという方はいませんか。風邪よりも下痢の方がひどく、更に具合が悪くなったという経験をされた方は、比較的多いのではないでしょうか。

また歯医者で抜歯のあとに処方された薬を服用したら下痢が止まらない、皮膚科で化膿止めとして処方された薬を服用したら下痢が止まらいという経験をされた方も多いでしょう。

これらはすべて抗生物質が処方され、抗生物質の服用により下痢を引き起こしていると思われます。抗生物質は大切なお薬で、服用の必要があるから処方させているのです。

下痢が怖いから服用したくない、服用しないと思っていると、よりひどい症状に悩まされたり、回復に長期間必要になることも考えられます。

ここでは抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法をご紹介します。下痢になる理由がわかれば、抗生物質を服用しようという気持ちが湧いてきます。

また改善方法がわかれば、気楽に抗生物質を服用することが出来ます。抗生物質を摂取して下痢になる理由と改善方法を知り、正しい服用をすることで早期に治療・回復するようにすることが大切です。
(さらに…)