ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

日焼け後の皮むけをきちんとケアして美肌を保つ方法

日焼け後の皮むけをきちんとケアして美肌を保つ方法

海の海水浴やレジャーでの日焼けはもちろんのこと仕事中に運転をしたり外出する機会の多い会社員の方は日焼け後の皮むけをした経験がある人もいるのではないでしょうか。

夏はもちろんのこと、雪が多い地方では雪が太陽の照り返しを受けて、雪かきをしているうちに顔が日焼けをして、皮むけを起す人もいます。日焼け後の皮むけは気になり、どうしても皮をむきたくなります。ですが、日焼け後の皮むけは自分でむいて良いのかが心配になりますよね。

日焼けをしてしまったのだから、今更肌のケアをしてももう遅いのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。ですが、日焼け後の皮むけもきちんとケアをしておくと美肌を保つことは可能なのです。

では、日焼け後の皮むけをどのようにケアしていくと良いのでしょうか。今回はその方法について説明します。



 

日焼け後の皮むけを
きちんとケアして美肌を保つ方法

 

自然とはがれてくるまで待つ


日焼け後の皮むけをむいてしまった人もいるのではないでしょうか。ですが、それは肌にとってはとても危険な行動なのでやめた方がいいです。日焼け後の皮むけはいらない皮になり、新しい肌が作られると自然に皮がはがれてきます。

その前に皮をはがすとまだ新しい皮が出来ていない状態なのでシミとなって跡を残す結果となってしまいます。また、自然とはがれる前にはがすことで新しい皮までもはがれてしまうことになります。そうならない為にも皮むけは自然にはがれるのを待つようにしてください。

 

日焼けした肌を露出しない


日焼け後の皮むけがある肌はまだ新しい肌自体が薄く、敏感な状態になっています。そのような状態の時に再度、同じところを日焼けしてしまうと皮膚が日焼けでただれたやけどのような状態の肌になってしまい、肌が再生しないで新しい肌が作られないままに皮むけがはがれてしまいます。

そうなると酷い人ではケロイド状に日焼けが残ってしまう人もいます。そうならない為にも自然と皮むけがはがれて肌が落ち着くまでは肌の露出を避けるような服装で外出する様にしてください。

 

無理にこすらない


入浴の時にお湯が日焼け後の肌に当たるとかゆくなり、つい日焼け後の皮むけの部分をこすってしまいます。そうなると皮むけがはがれてしまうだけでなく、皮むけ後の肌を傷つけてしまう事になってしまいます。

入浴の時はなるべくぬるめのお湯につかるようにしてください。そして、肌を洗う時は刺激が少なく済むように手で優しく洗うようにすると日焼け後の皮むけを傷つけずに清潔を保つことが出来ます。また、入浴後のタオルでふき取るときも優しく水分を取るようにしてください。

 

保湿を保つようにする


日焼け後の皮むけはまだ新しい肌が作られていない状態です。ですので、普通の肌のように保湿をしてもその水分を保つような力がありません。ですので、すぐに肌が乾燥してしまいます。乾燥が進むとますます肌は縮んでしまい、新しい肌がきちんと作られずに、皮むけの跡を残してしまいます。

皮むけの肌の保湿を保つように、入浴後は必要以上の刺激が無いような乳液やクリームをしっかりとつけて日焼け後の肌の保湿を保つようにしてください。また、体の中から乾燥を防げるように、入浴後はアルコールの含まない水分できちんと水分補給をしてください。

 

肌に効果がある食べ物を食べる


日焼け後の皮むけの状態で、肌の新陳代謝が低くくなり、なかなか肌の再生能力が上がらない状態でいると皮むけが終わった状態でも肌がくすんで美白な肌を取り戻すことができません。

肌の新陳代謝を高めて、再生能力を高める為には、亜鉛を多く含まれている食べ物を取るようにすると体の中から皮膚の再生を促し、美肌を保つためにはとても効果的です。亜鉛が多く含まれている食べ物はアサリやゴマ、チーズや大豆製品です。

また、主食をお米から玄米に変えると効果的に亜鉛を取り入れる事が出来ます。

 

体の中と外からビタミンCを取り入れる


ビタミンCは体の血のめぐりを促して、必要な栄養を皮膚に取り入れる効果があります。また、シミの元となる物質を肌の中へと吸収して日焼け後の皮むけの跡を残さない様に、シミを作らない様にする効果があります。

ですが、外出する前や外に出る前にビタミンCを摂るのは逆効果になります。ビタミンCは紫外線を肌に吸収する作用もあるのです。夜寝る前や夕食時に柑橘類やイチゴやパイナップルなどの果物を取るようにして、ビタミンCの含まれている乳液やクリームを日焼け後の皮むけの塗ると効果的でお勧めです。

 

しっかりと睡眠を取るようにする


日焼け後の肌の再生だけでなく、全身の皮膚の再生は夜の就寝時間の11時から夜中の二時に活性化して活発に行われていると言われています。ですので、その時間に起きていると皮膚の活性化は出来なくなり、ますます日焼け後の皮膚の再生は遅くなります。

美肌を保つことも難しくなります。生活のリズムをきちんとつけて、ストレスをためないようにし、夜は早めに就寝するようにすることも美肌を保つためには大事な事です。

 

いかがでしたか?

日焼け後の肌を保つための方法を説明しましたが、こんな簡単な方法で美肌を保つことは出来るのかと疑問に思ったひともいるのではないでしょうか。今回説明したことは自宅で簡単に出来る方法ですが、日焼け後の皮むけをケアして美肌をたもつためにはとても有効な方法です。

また、これらの方法と主に季節の野菜などをバランスよく取り入れる事も美肌を保ち、日焼け後の皮むけを改善するにはとてもお勧めです。げんに、農家の女性はお金のかかる美容法をしなくても自然の方法で美肌を保っている人は多いのです。日焼け後の皮むけが残るのは誰でも嫌ですよね。

できるならいつまでも美肌を保ちたいですよね。そういう方にはとてもおすすめの方法です。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

日焼け後の皮むけをきちんとケアして美肌を保つ方法

・ 自然とはがれてくるまで待つ
・ 日焼けした肌を露出しない
・ 無理にこすらない
・ 保湿を保つようにする
・ 肌に効果がある食べ物を食べる
・ 体の中と外からビタミンCを取り入れる
・ しっかりと睡眠を取るようにする