ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ストレスからくる病気を改善する7つの方法

ストレスからくる病気を改善する7つの方法
現在、日常的に使われる『ストレス』という言葉。精神的な落ち込み、肉体的な辛さ。全て『ストレス』という言葉で片付けてはいませんか?外部の刺激で、心や身体にストレス反応が出ます。不調の原因=ストレス。この考えは間違いではありません。

しかし、たかがストレスと軽く思っていませんか?ストレスは重篤な病気を引き起こす場合もあります。病気を招くストレスを改善する7つの方法をご紹介します。



 

ストレスからくる病気を改善する7つの方法

 

生活習慣病の予備軍では?


ストレスの影響は、時として死に至ることもあります。高血圧や脳卒中もストレスと関連している場合があるのです。初期には自覚のない生活習慣病。ストレスで病気になりつつあるかもしれません。早期発見のためにも定期検診を受診しましょう。

疲れやすくなった、前夜のお酒が残っている。たいしたことではないと思っていませんか?血圧や血糖値に異常はありませんか?コレステロール値は正常ですか?自分の身体をきちんと知りましょう。

 

睡眠不足はストレスの大好物!


睡眠不足が続いている。そんなことを少し誇らしい気分になっていませんか?そんなことはない。眠れるものなら眠りたい。眠る時間がないんだ。そうです、誰だって充分な睡眠時間をとりたいものです。

仕事量が多く、残業。自宅に帰っても残りの仕事に取りかかる。そして睡眠不足で朝を迎え、また出勤。睡眠は疲労回復や脳の働きにも深く関わります。睡眠不足が続くとストレスに弱くなります。量だけではなく、質が大切と言われる睡眠。音や光、寝具なども工夫し、質の高い睡眠を心がけてください。

 

運動不足は回復力不足


ストレスによる病気に、腰痛や肩こり、筋肉痛もあります。外部の刺激から身体を守るためにも適度な運動を行いましょう。有酸素運動が心身に好影響を与えることは知られています。また適度な運動による疲労が気分転換になることもあります。

肉体を鍛えることが、精神の回復にもつながります。デスクワークの休憩中、少しのストレッチでさえ効果的です。

 

鬼は外!福は内!


最近、大きな声を出しましたか?ワンカラとも呼ばれる一人カラオケが流行っています。「ストレス解消」と言う、お客さんのインタビューがありました。大声を出すことがストレスの解消になっている人も多いようです。大きな声で笑うことも心身に良い影響を与えます。

不眠の解消や、血糖値の低下にも繫がります。大声でストレスは外へ、新鮮な空気を体内へ取り込みましょう。

 

自分に耳を傾けて


精神的なストレスは、過食症や拒食症の引き金にもなり得ます。またストレスからパニック障害を引き起こすこともあります。原因であるストレスに気付かないことが、病気を悪化させます。自身のストレスに早く気付いてください。心は疲れていませんか?

気分が落ち込み、沈みがちではありませんか?頭痛がしたり、めまいがしませんか?ストレスを抱え込んだままでは取り返しがつかなくなります。自分の心と身体に耳を傾けてください。体調に異常が出れば早く心身を休めましょう。

 

リラックス♪リラ〜ックス♪


毎朝の満員電車。営業先でのやりとり。社内での会議。取引先からのクレーム。帰りの電車も満員。リラックスをすれば良いのは分かっているのに。そんなストレスがさらにストレスを生み出しています。数分だけでもリラックスする時間を作りましょう。

例えば、入浴時。お風呂に入っている間だけは、何も考えずに過ごしましょう。家族と食事している間は、仕事のことは忘れましょう。ペットがいるなら、気分転換に散歩に行きましょう。たった数分、何も考えずに自分の時間を作ることです。毎日、ストレスを感じない時間を少し作りましょう。

 

ポジティブはストレスに嫌われる


定期検診に行き、質の良い睡眠をとれるようになった。毎日のストレッチで肩こりも軽くなった。少し疲れがたまったと思えば、立ち止まれるようになった。リラックスする時間も自然に作れるようになった。そして笑顔が増えたと回りから言われるようになった。そんな風にストレスの病気から自分を守れるようになったあなた。これからストレスフリーな人生を送るために、最後に一つ。何か目標を持ってください。

大きな人生の目標を持つことはとても良いことです。数年後、数カ月後、少し先の目標でもかまいません。人は目標を持つことで、強くなれます。強くなるということは外的なストレスにも強くなります。何事も後ろ向きは禁物。前向きな考えがストレスからくる病気を改善してくれるのです。

 

いかがでしたか?

『ストレス』という言葉を聞かない日はありません。何でも『ストレス』と軽く扱われているような気がします。しかしストレスは様々な病気の発端となります。放っておくとうつ病など重篤な症状を引き起こします。決して「単なるストレス」とせず、心身を休めましょう。ただし、考え過ぎてストレスが増幅することのないように。

心の病気、身体の病気。どれも早期発見が早期治療に繫がります。ストレスも同様。早く気付いてあげましょう。

 

まとめ

ストレスからくる病気を改善する7つの方法

・ 生活習慣病の予備軍では?
・ 睡眠不足はストレスの大好物!
・ 運動不足は回復力不足
・ 鬼は外!福は内!
・ 自分に耳を傾けて
・ リラックス♪リラ〜ックス♪
・ ポジティブはストレスに嫌われる