ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

いびきの原因を特定して静かに眠れる5つの方法

by ヘルスケアファクトリー

いびきの原因を特定して静かに眠れる5つの方法

夫のいびきがうるさくて眠れなかった。自分のいびきの音で目が覚めてしまった。いびきのせいでよく眠れないなんてことはありませんか?

睡眠は身体の休息だけでなく、脳や心にも重要な生活の一部です。そして、その睡眠を阻害するいびきの仕組みや原因などは意外と知られていません。今回はいびきの原因を特定して静かに眠れる5つの方法についてお伝えします。



 

いびきの原因を特定して
静かに眠れる5つの方法

 

いびきの正体を知ろう


いびきとは、睡眠中に狭くなった鼻やのどを空気が通るときに出る振動音のことです。眠っているときも呼吸をしますよね?正常な状態の呼吸であれば、空気が鼻から喉を通って気管へと流れていきます。

しかし、なんらかの原因で喉が狭くなっている状態だと、出入りする空気が狭くなったどの奥を振動させて音が出ます。これがいびきの正体です。

 

いびきの原因を知ろう


では、いびきの原因はなんだと思いますか?原因といってもさまざまですが、大きく分けると自身で対処できるいびきと専門の医療機関で治療が必要ないびきに分かれます。自身で対処できるいびきは単純性いびきともいわれ、肥満、風邪、飲酒、疲労などを原因とする一時的なものです。

治療が必要となってくるのが睡眠時無呼吸症候群を伴ういびきと言われ、みなさんにも聞き覚えがある名前だと思います。睡眠中にいびきとともに呼吸をしない状態(無呼吸)を繰り返し、さまざまな合併症を起こす一種の病気です。

 

睡眠時無呼吸症候群を伴ういびきについて知ろう


睡眠時無呼吸症候群とは、前述したとおり睡眠中に呼吸が一時的に停止する状態をさします。また、一時的でなく習慣的に起こります。いびきが止まったと同時に呼吸まで止まっていた場合はこちらに当てはまります。

呼吸が停止するわけですから、酸素が正常に体内に行き渡らず、そのせいで様々な障害をもたらしてしまいます。そして、正常な睡眠ではないため、日中の眠気や起床時の頭痛などが起こります。

さらに、最悪の場合、居眠り運転などの事故を起こす危険性も高まり、社会生活に大きな支障をきたしてしまう恐れがあります。さらに、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などのいわゆる生活習慣病を合併するケースも多いといわれていますので、睡眠時無呼吸を伴ういびきがある場合は早期に専門機関での治療が必要になります。

 

単純性いびきについて知ろう


睡眠時無呼吸症候群と異なり、単純性いびきであればその原因を取り除けば解消します。急にいびきをかくようになった場合、自身の身に何がおこったのか、その原因を特定していきましょう。

風邪や疲労が原因であれば、身体を先に治療して回復しましょう。肥満の方は、食事に気を付けたり、運動療法で減量をしていきましょう。さらに、飲酒は喉の筋肉を緩めてしまい、普段よりも多くの酸素を必要とするためいびきをかきやすくなるといわれています。ですので、寝る前の飲酒はなるべく避けていきましょう。

このように、一時的ないびきであれば、原因さえ特定できていれば自分自身で対処ができるのです。

 

より良い睡眠のためにできること


いびきを改善して静かな睡眠を得るためには、まず原因特定がとても重要になっていきます。あなたのいびきの原因は何に当てはまるでしょうか?原因特定後は自身で対処できるいびきなのか、医療機関での治療が必要な睡眠時無呼吸症候群なのかを見極めていきましょう。

もし判断が難しく自分で判断できない場合は、医療機関へすぐに受診して相談されても良いでしょう。現在は、いびき外来と分かりやすい診療科を掲げているところもあるそうです。そして、いびきは予防することもできます。

最近ではいびきを予防するグッズも多くあるそうです。一度ご覧になるのも良いかもしれません。ですが、まずは自身でもできることから始めてみてはいかがでしょうか?今回は、ご自分でも簡単に実践できる予防方法についてご紹介いたします。

予防の中で最も大事なことは、身体の健康状態を良好に保つことです。前述したとおり、風邪や疲労はいびきをかく原因につながりますので体調管理には一番気をつけていきましょう。さらに、寝室の湿度を保って乾燥やほこりを避けるのも大事です。

なぜなら、空気が乾燥し、湿度が低すぎると、鼻や喉の粘膜が炎症を起こして鼻腔がつまりやすくなり、いびきの原因となるためです。そして、眠る体制にも工夫が必要になっていきます。

普段、あおむけの体制で眠ってはいませんか?この体制だと、眠っているときに舌の付け根(舌根)が重力で喉の奥に落ち込み、喉を狭くしてしまい、いびきの原因となってしまいます。ですので、あおむけの体制を横向きへと変えて睡眠をとってみてください。きっと改善がみられるでしょう。

 

以上、いびきの原因を特定して静かに眠れる5つの方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

いびきだからといって軽く考えていませんでしたか?ただのいびきだと思っていたら、実は無呼吸症候群でさらに合併症を併発していた、、、なんて恐ろしいことにならないように自身の睡眠について是非一度見直してみて下さい。

そして、もしいびきをかいていたら、一時的か習慣的なものか見極めること、一時的であれば更なる原因特定、習慣的であり無呼吸状態であれば医療機関へ相談するといった流れを覚えておきましょう。

いびきのない静かな睡眠をとる一番の近道は身体の健康状態を整えることです。身体の健康を良くすることから、より良い睡眠、さらに心身への健康へと繋がることでしょう。この記事であなたに静かな睡眠が訪れることを願います。

 

まとめ

いびきの原因を特定して静かに眠れる5つの方法

・ いびきの正体を知ろう
・ いびきの原因を知ろう
・ 睡眠時無呼吸症候群を伴ういびきについて知ろう
・ 単純性いびきについて知ろう
・ より良い睡眠のためにできること