ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

寝過ぎた時の頭痛を取り去る5つの簡単解決策

by ヘルスケアファクトリー

寝過ぎた時の頭痛を取り去る5つの簡単解決策

忙しい現代では、ついつい寝不足になってしまいがちです。気がつくと睡眠不足になっていて、休日は久しぶりにゆっくり朝まで寝ていられると思い、朝目覚めると頭痛になっていたりすることはありませんか?寝不足を解消するために、寝過ぎて頭痛を感じてしまうと、せっかく休日でリラックスしようと思っても頭痛だけでやる気が起きなかったりします。

できれば、寝過ぎても頭痛が起きなければ問題ないのですが、なかなかそういううまい事進みませんよね。そこで、寝過ぎた時に簡単にできる頭痛の対処方法を見ていき、素敵な休日を過ごせていけたらいいと思います。



 

寝過ぎた時の頭痛を取り去る
5つの簡単解決策

 

まずは快適な睡眠ができているのか?


ストレス、生活リズムなど様々な要因で睡眠不足は起きると言われています。特に、現代ではストレスを真に受けてしまい快適な睡眠を送れる人が少なくなっていると思います。睡眠にもリズムがあり、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に4、5回繰り返されて朝起床するのですが、このリズムのバランスが崩れると質の良い睡眠が摂れているとは言えません。

睡眠の質を低下させてしまう行為を、知らず知らずのうちにしているケースがおおくありますので、なるべく就寝前は気をつけるべきでしょう。

1) パソコン、スマートフォンなどの画面を見ない
画面から発せられるブルーライトは覚醒作用があり目を冴えさせてしまうんですね。本来は眠たいはずなのに、ブルーライトを浴びることで目が覚めてしまい眠気が消えていってしまうのです。

2) 就寝3時間前までに食事を済ませる
忙しい我々は、仕事から帰宅して、食事を急いで済ませすぐにベッドに潜り込むことがあると思います。しかし、食べた後は、胃腸の働きが活発になってしまうため、睡眠の質を低下させて質の良い睡眠ができないんです。

寝る前に食事を摂る場合は、消化吸収の良いメニューを選んで食べるようにしましょう。脂分が多い食事は、消化時間が長くなってしまうので注意しましょう。また、晩酌を毎晩する人もいると思いますが、適量ならば寝酒として効果的だと思いますが、適量を超えると肝臓が余計に働いてしまうので適量に留めることが大切です。

 

寝過ぎて頭痛が起きるメカニズム〜頭痛の種類〜


1) 片頭痛
目の奥や頭全体が、脈を打っているみたいに痛む症状寝ている時は、副交感神経が働いているのですが、副交感神経が活発になっている時は血管が広がり血流が良くなっているんです。この血管が広がる事によって、血管の周りを取り囲んでいる神経を触れたり圧迫を受けたりすることで、痛みとして感知し頭痛として現れるのです。

2) 緊張型頭痛
後頭部下から痛みが始まり、痛みを増すと共に全体に広がる。これは上記で説明した質の良い睡眠とリンクするのですが、寝ている時の姿勢が悪いので、僧帽筋や肩甲骨などが凝り固まってしまい、頭痛として感じてしまうのです。

また、デスクワークや長時間車を運転される方などは、日中も同じような姿勢を維持していることが多く、それも相重なって緊張型頭痛の引き金になっていたりするのです。この他にストレスなどの精神的な要素、環境的な要素なども原因の一つと考えられていますの。

 

寝過ぎて頭痛にならないためのポイント


休日でいつもより多く眠れるのは嬉しいことですが、休日は友達と出かけたり約束があるのにも関わらず、朝起きて頭痛だとせっかくの休日も台無しになってしまいます。寝過ぎて頭痛にならないためのポイントを見ていくと、

1) 普段から規則正しい睡眠を心がける
一番簡単な解決方法ですが、忙しい現代人にとっては難しいこともあります。仕事が終わり帰宅すると、深夜近かったり、明日の準備をしているといつの間にか寝不足になりがちです。ですが、なるべく睡眠時間を確保できるように効率よく支度を整えられるように工夫してみるのもいいでしょう。

2) ストレスを溜めない
ストレスを溜めてしまうと、自律神経の乱れやホルモンバランスが弱まってしまいますので、なるべくストレスを解消するようにしましょう。ストレスが多いと、寝付きが悪くなったり睡眠の質を低下させてしまう原因の一つになってしまいます。

3) 姿勢をよくする
これは寝過ぎて起きるメカニズム、症状の一つの緊張型頭痛にも繋がってしまいますが、姿勢が悪いと体の筋肉を強張らせてしまいます。最近では、デスクワークなども多くなって、長時間同じ姿勢で椅子に座り続けているケースも珍しくありません。姿勢をよくする事を意識することでだいぶ違ってきますよ。

 

頭痛を簡単に解消できる解決法


できることなら、頭痛にならないように寝過ぎないことがベストだと思いますが、なかなか上手いこといきませんよね。そこで、もし、寝過ぎて頭痛を感じてしまった時、少しでも和らげるため、痛みを取る為にしたら効果的な解決方法を5つ紹介したいと思います。

1) 首の後ろを冷やしたり、両耳裏をマッサージする
片頭痛の原因は、血管が拡張する事で、血管周囲に広がる神経に触れる事で痛みを感じるので、血管を収縮させる為に、脳へ行く血管を冷やす事で痛みは軽減されます。

2) 静かな部屋、リラックスできるところで休む
起きてしまうと、光だったり音だったりに過敏に感応してしまい頭痛が強まったりする場合もあります。なるべく目を休ませたり、音の響きも頭痛を助長させるので控えるようにしましょう。

3) カフェインなどの含有した飲み物を摂る
カフェインには血管を収縮させる働きがありますし、ご存知の覚醒作用もあります。寝過ぎたと感じた朝に、コーヒーを一杯飲む事で予防できます。

4) 筋肉をほぐし、姿勢をよくする
寝ている時の姿勢、日中の姿勢が悪いと筋肉が凝り固まってしまいます。夜、入浴の際に筋肉をほぐしたり、ストレッチなどをするようにしましょう。忙しいとシャワーだけで済ませたりする事もあると思いますが、なるべく湯船に浸かるようにしましょう。

5) ストレスを解消させる・溜めない
一番大事なのがストレスをいかに解消できるかです。仕事、環境の変動など様々な場面でストレスを受けやすい現代では、いかにストレスを解消できるかがポイントになります。

 

以上、寝過ぎた時の頭痛を取り去る5つの簡単解決策をお伝えしましたが、いかがでしたか。

なかなか摂れない睡眠不足を解消させようと、ついつい寝過ぎた時に限って頭痛が起こったりしませんか。寝過ぎて頭痛になるのは幾つかの原因がありますが、5つの方法を試せばきっと、頭痛も軽減されていくと思います。
1、 首の後ろを冷やしたり、両耳裏をマッサージする
2、 静かな部屋、リラックスできるところで休む
3、 カフェインなどの含有した飲み物を摂る
4、 筋肉をほぐし、姿勢をよくする
5、 ストレスを解消させる・溜めない

この5つを試して頭痛のない1日を過ごしてください。

 

まとめ

寝過ぎた時の頭痛を取り去る5つの簡単解決策

・ まずは快適な睡眠ができているのか?
・ 寝過ぎて頭痛が起きるメカニズム〜頭痛の種類〜
・ 寝過ぎて頭痛にならないためのポイント
・ 頭痛を簡単に解消できる解決法