ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

辛い歯痛や頭痛を引き起こす様々な原因と対処

辛い歯痛や頭痛を引き起こす様々な原因と対処
日常生活に支障をきたす痛みに歯痛や頭痛があります。どちらの痛みも激痛のあまり、七転八倒するほどの場合もあります。歯痛なら虫歯。頭痛なら風邪。そのように原因が分かっていれば対処法を自分で考えることもできます。

しかし原因が良く分からず痛みだけが続く。そんな経験もありませんか。まず歯痛や頭痛を引き起こす原因を知りましょう。そしてその痛みの対処のポイントを把握しましょう。ここでは、痛みを引き起こす原因と対処法を紹介します。

次にやってくるかもしれない痛みに備えて下さい。



 

辛い歯痛や頭痛を引き起こす
様々な原因と対処

 

歯痛の原因は虫歯?


「虫歯かな。歯医者に行くのイヤだな。」歯痛を感じて多くの人はそう思うのではないでしょうか。虫歯の痛みには特徴があります。まず、虫歯のセルフチェックをしましょう。

1.他の歯と同じ色ですか?鏡で痛みのでている歯を見て下さい。健康な歯は光沢のあるエナメル質です。光沢を失っていたり、黒っぽいすじが歯にありますか。その歯は虫歯の可能性があります。

2.冷たいものや熱いものでしみますか?知覚過敏でも冷たいものや熱いもので歯がしみることがあります。虫歯と知覚過敏の違いは時間です。しみる時間が長いのであれば虫歯の可能性があります。

 

歯痛の原因は虫歯だけではない


さきほどもあったように知覚過敏でも歯がしみ、痛みがでる場合があります。虫歯が原因ではない痛みはその他にも様々あります。

1.歯茎の病気見えている歯ではなく、歯の根っこに痛みがでている場合があります。歯科医で「根っこの病気」という表現をされることがあります。歯の神経が細菌で冒されていたり、歯槽膿漏など。歯の根っこに膿がたまり、激痛をともなうこともあります。

2.歯が歯を傷つけている噛み合わせで、歯同士が強い力でぶつかり合う場合があります。強くあたった歯は痛みをともなうこともあります。痛みを放置していると歯周病になる可能性も。歯ぎしりがひどい場合も歯同士で傷つけ合っているのです。

3.歯とは別の部位の異常どこかの神経が圧迫され、歯に痛みが出ることがあります。例えば、体内にできた腫瘍によって神経が圧迫されている。このような症状を「関連痛」と呼びます。また、ストレスで神経に異常がでている。このような歯痛は「突発性歯痛」と呼ばれています。

 

頭痛はなぜ起きる?


歯に痛みをもたらす原因がたくさんあることが分かりました。それでは頭痛はどうでしょう。頭痛薬と呼ばれる薬があります。頭痛を和らげるために常備薬としている家庭も多いです。頭痛と呼ばれる痛み、その原因を考えたことはありますか。

1.日常生活と密接した頭痛日常的に起きる頭痛の症状は軽症です。例えば風邪。風邪で熱を伴うと頭痛は起こります。また天気や換気の悪さで起こる頭痛。二日酔いや睡眠不足による頭痛。このような頭痛は慢性化することはありません。

2.脳の病原によって起こる頭痛脳梗塞、くも膜下出血など脳の血管に障害が起こる病気。今までに経験したことのない、激しい痛みで頭痛薬が効かない。このような場合には早めに医師の診断を受けましょう。

3.慢性的な頭痛風邪でもなく、脳の病気でもない。でも繰り返し起こる頭痛。偏頭痛と呼ばれる頭痛は代表的な慢性頭痛です。また、肩こりなどの緊張型頭痛、目の奥の動脈が拡張して起こる群発頭痛。

このように慢性頭痛は大きく3つに分離されます。

 

慢性頭痛の3つの種類


慢性頭痛の3つの種類について原因や症状を詳しく紹介します。

1.偏頭痛偏頭痛の症状がある人の中で最も多いのは30代前後の女性です。こめかみがズキズキ痛み、頭がガンガン響きます。目の奥が痛んだり、視界が歪んだりすることもあります。一晩で治まることが多いです。

2.緊張型頭痛世代や性別に特徴がなく、子どもから老人まで悩まされている頭痛。頭を締め付けられるような痛みが30分から一週間ほど続きます。緊張などの精神的ストレスや身体ストレスが原因とされています。

3.群発頭痛この頭痛で苦しんでいる人は20代30代の男性が最も多いです。断続的に多発する群発地震から名前がつけられました。2〜3年周期で毎日のように15分から3時間痛みが襲い、目の奥がえぐられるような激しい痛みがあります。その痛みは日常生活に支障がでるほど。また自律神経の刺激で、涙が出たり鼻水が出たりします。

 

痛みと原因はイコールではない


覚えて欲しいのは、歯痛の原因が歯だけではないということです。また、頭が痛いといって原因が頭にあるとは限りません。群発頭痛の場合に歯痛を伴う可能性は高いです。発作の間に歯が痛み、ただの歯痛だと勘違いすることがあります。

また肩こりが、頭や歯に痛みを与えることもあります。原因を見極めて対処しましょう。

 

対処のポイント


原因を見極めることで、有効な対処に繫がります。対処法は「市販薬での緩和」と「専門医での治療」の2つがあります。

1.市販薬での緩和ドラッグストアで薬剤師に相談しましょう。症状に適した市販の痛み止めで一時的に緩和することができます。症状が長引く、効果がない、などの場合は専門医の受診を。

2.専門医での治療原因で受診科が異なります。歯科、神経内科、脳神経外科、内科、ペインクリニックなど。

歯痛で歯科を受診し、異常がない場合もあります。他の科を受診し、原因を追求しましょう。身体的ストレスの場合、整体も良いかもしれません。

 

日常生活のポイント


歯痛や頭痛を防ぐためのポイントです。日頃の生活で気をつけておくと予防になります。

1.正しいブラッシングをしましょう。

2.歯や身体の定期検診を受けましょう。

3.ストレスフリーを心がけましょう。

4.正しい姿勢で過ごしましょう。

5.適度な運動と規則正しい生活をしましょう。

 

いかがでしたか?

歯痛や頭痛は辛いものです。予防をしていても突如激しい痛みに教われる場合もあります。歯痛や頭痛を感じたら早めに専門医を受診するようにしましょう。

 

まとめ

辛い歯痛や頭痛を引き起こす様々な原因と対処

・ 歯痛の原因は虫歯?
・ 歯痛の原因は虫歯だけではない
・ 頭痛はなぜ起きる?
・ 慢性頭痛の3つの種類
・ 痛みと原因はイコールではない
・ 対処のポイント
・ 日常生活のポイント