ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

赤ちゃんの肌荒れ対策に最も効果的な5つの方法

赤ちゃんの肌荒れ対策に最も効果的な5つの方法

赤ちゃんの肌は、大人の感覚とは違い非常に敏感です。体が出来上がっている大人とは違い未熟な体なのでちょっとした事でも肌荒れになり赤ちゃんは痛くて泣いてしまいます。

ママやパパが大丈夫だと思っていても赤ちゃんにとって肌荒れはとっても辛いもの。真っ赤になってからでは手遅れなので普段から気をつける方法をご紹介します。



 

赤ちゃんの肌荒れ対策に
最も効果的な5つの方法

 

赤ちゃんの肌は、大人と違い肌が薄い


生後2~3ヶ月頃までは、お母さんから栄養を貰いお母さんの体の中で守られていました。外に出ると目に見えない雑菌の感染で皮脂の分泌が、多く乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビなどの症状がおこります。

乳児脂漏性湿疹を発症すると、頭皮からの皮脂と顔からフケのようなものができます。これが次第に多くなりかさぶたのようになり厚くなっていきます。

生後3ヶ月を過ぎれば皮脂の分泌が少なくなり、乾燥による肌荒れがひどくなり症状として湿疹の症状がでやすくなります。

また、赤ちゃんのよだれがひどい時は、必ずこまめに拭いてあげてください。そこから雑菌が繁殖し肌荒れとなることがあります。

よだれだけでなくミルクを吐いたり飛び散ると、頬についたミルクに雑菌がつき赤ちゃんの肌で悪さをします。

 

おかあさん!慌てないで!!


最初にする事は、肌が荒れている所(患部)を優しく洗ってあげてください。少し抵抗があるかもしれませんが、患部の汚れや皮脂などを落とすことで症状が改善されていきます。

症状は、おでこや頬、まゆげの所に発症する事が多いです。洗った後はクリームなどを塗っておくといいですよ。

肌の乾燥による症状であれば、加湿器などを利用したり洗濯物などを干して空気中の乾燥を防いで対策をしてください。

 

あかちゃんの肌荒れ予防


赤ちゃんの肌は、ちょっとした事で雑菌がすぐに肌にまとわりつき肌荒れを起こします。新生児期から生後2~3ヶ月頃、皮脂の分泌が多いい時期と言います。

汗をかいたらガーゼや柔らかい布で拭き取り、着替えをしてあげて下さい。皮脂の分泌が少なくなる生後3ヶ月以降は、肌が乾燥しやすいお風呂あがりなどにベビーローションや保湿クリームを塗ってあげてください。

 

肌荒れは、紫外線や雑菌だけではありません


お母さんは出産が終わったからと言って、お酒を飲んだりたばこに再び手を出したりすれば、母乳にお酒の成分やたばこの成分が混じり、赤ちゃんにとっては害になる訳です。

お酒、たばこだけでなく食べ物にも言えます。朝昼夜と3度の食事をきちんと取らず産後ダイエットとお母さん自身の事しか考えず、栄養の偏りを行うと母乳に栄養分がいかず、化学物質が入った成分やコレステロールが高い物を多く摂取していることもあかちゃんに与える母乳に悪い物が入り赤ちゃんに症状が出てしまいます。

 

お母さんの食事も考えましょう


・糖分、塩分、油脂を多く含むお菓子類
・添加物が大量に入っているインスタントラーメン、冷凍食品など
・油の多い揚げ物、カレー、中華料理高カロリー食品
・脂身が多い牛肉などの肉類
・添加物や糖分の多い飲料
・アルコール、カフェインの摂取
・牛乳やチーズなどの乳製品
・大豆や小麦の摂取
・成分に、アルコール、塩化ナトリウムと記載がある商品

母乳で育てられることは、おかあさんの一部をあかちゃんに与えていると言えます。母乳の質をよくするには、添加物が入っていないとする和食を薦めしています。

油分は、控えめで添加物はつかわれていません。塩も指でつまむだけ、甘さや濃くも食材からだしています。バランスも良くお母さん本人のバランスもよくなります。

 

以上、赤ちゃんの肌荒れ対策に最も効果的な5つの方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

赤ちゃんはとても敏感です。不摂生な食生活を続けているとお母さんから出る母乳は、赤ちゃんにとって栄養が満点のものから質の悪い最低な物にかわります。

こんな母乳を赤ちゃんにのませていたら湿疹どころではなくアトピーなどの重篤な疾患をしょい込み一生苦しむことになります。保湿だけではなく、お母さんの食生活も改善しましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの肌荒れ対策に最も効果的な5つの方法

・ 赤ちゃんの肌は、大人と違い肌が薄い
・ おかあさん!慌てないで!!
・ あかちゃんの肌荒れ予防
・ 肌荒れは、紫外線や雑菌だけではありません
・ お母さんの食事も考えましょう