ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

【驚き】男性ホルモンを抑えると改善する5つの事

【驚き】男性ホルモンを抑えると改善する5つの事

男性ホルモンと聞くと、皆さんはどんなことをイメージしますか?男性ホルモンは骨格や筋肉をたくましくさせたり、ひげや体毛が生える要因となって男らしさを作る上では大切なホルモンです。

しかし反対に男性ホルモンが増えすぎると髪の毛が薄くなりハゲやすくなったりする要因にもなるとも言われたりします。また髪の毛は薄くハゲやすくなるけど、ヒゲや体毛は濃く増えるというような悩みも増える要因にもなります。

大昔は男性本来の姿や本能と言われたことが近代はマイナスイメージにつながってしまうことも増えました。そんな近代では男性らしくなりすぎたから男性ホルモンを減らして体質の改善を図りたいと思っているも多いのではないでしょうか?

今回は男性ホルモンを抑えると改善する5つの事を紹介します。



 

【驚き】男性ホルモンを抑えると

改善する5つの事

 

薄毛やハゲになりにくくなる


男性ホルモンを抑えると髪の毛が薄毛やハゲになりにくくなり、髪が減るということが改善されます。男性ホルモンの働きは簡単に言うと“男性らしさをつかさどる”ということになりますが、この男性らしさの中には髪の毛が減るということが含まれています(反対に体毛は増えるのですが、これについては後ほど記載します)。

男性ホルモンの影響で薄毛やハゲになると育毛剤など所詮気休めで、かける費用のムダ使い、根本的な薄毛やハゲの解決にはなりません。男性らしさを追求するあまりに髪の毛まで少なくなり薄毛やハゲになるのは考えもの・・・と思われる方も少なくないかと思います。

男性ホルモンを適度に抑えることで髪の毛が抜けにくくなり、薄毛やハゲになりにくくなり髪の毛の悩みを改善することができます。

 

ヒゲ、その他の体毛、ムダ毛が薄くなり減る


男性ホルモンを抑えるとヒゲやその他の体毛が薄くなり、ヒゲや体毛の悩みは改善されます。男性ホルモンが多く分泌されると髪の毛は薄くハゲになり、反してヒゲや体毛は濃く増えるという影響があります。

いわゆるこれが動物としての人間の男らしさです。しかし動物としての人間の男らしさは近代ではマイナスイメージの男らしさになっています。また女性の体内でも男性ホルモンは分泌されるのですが、男性ホルモンの分泌が増えるとムダ毛が増え濃くなるという悩みにつながります。

男性ホルモンを抑えることで男性も女性もヒゲやその他の体毛やムダ毛が薄くなり減ることが期待されます。男性ホルモンを適度に抑えることはヒゲやその他の体毛が薄く減り、ヒゲ、体毛、ムダ毛の悩みを改善することができます。

 

ワキガや体臭を抑えることができる


男性ホルモンを抑えるとワキガや体臭が減り改善することができます。ワキガの由来は動物でいうフェロモンだと言われています。大昔であればワキガや体臭は異性をひきつけるためのものであったとも言えます。

男性(オス)としてのホルモンが多く分泌されることは女性(メス)をひきつけるために必要なことであり、異性をひきつける要素は嗅覚が大切だったとも言えます。ところが時代の進化とともに人間は衣類を身につけ、髪型を変えたりお化粧をしたりと異性をひきつける要素は見た目(視覚)によるところが大きい要素になってきました。

そのためワキガや体臭はどちらかというと嫌われる存在になったと言えます。話はもどりますがワキガや体臭は大昔で言うフェロモンだと考えると男性(オス)としての要素を抑えること、すなわち男性ホルモンを抑えることでワキガや体臭を抑えることができるのです。

 

イライラが改善され、怒りにくく優しい性格になる


男性ホルモンを抑えると、イライラが改善され、怒りにくく優しい性格になれることが期待されます。男性ホルモンの働きは男らしさをつかさどることは前述しましたが、男性ホルモンが多く分泌されると性格も男性らしくなります。

大昔、動物としての男性(オス)の役割の1つに狩りをして食糧を確保するということがありました。したがって男性ホルモンが多く分泌されて男性らしくなるということは、性格という視点で見ると狩りに適した気性の荒い性格になるということが言えます。

少し言いかえるとイライラして怒りっぽく激しい性格になるとも言えます。しかし近代はそのような男性にはどちらかというとマイナスイメージがつく時代となり、好まれにくくなりました。

男性ホルモンを抑えることで、気性の荒くイライラして怒りっぽく激しい性格が改善され、優しい性格になれることが期待できます。女性の体内にも男性ホルモンは男性より少なくても分泌されていますので怒りっぽい性格の人も同様に男性ホルモンを抑えることで怒りにくく優しい性格になれることが期待できます。

 

性欲に走らない恋愛をすることができる


男性ホルモンを抑えると、性欲に走らない恋愛をすることができます。“下心丸出し”といったようなイメージを改善できることが期待できます。男性ホルモンのが多く分泌されることはより男性らしくなるということではありますが、男性ホルモンには性欲を強める働きもあります。

大昔の男性(オス)は狩りをして、血縁を守り、その過程で子孫を残すということも大切な役割でありかつ男性の本能でもありました。性欲が強いことは決して悪いことではありませんが、近代においてはセックスに走るだけの男性にはマイナスイメージが先行することが多くなりました。

男性ホルモンを抑えることで、性欲に走らない恋愛をすることができ、恋愛観、性の考え方の改善が期待できます。

 

いかがでしたか?

男性ホルモンは本来は男らしさをつかさどる働きをする、大切なホルモンです。しかし男性ホルモンの分泌が多いと近代の価値観ではマイナスイメージが先行することも多くなってきました。

男性らしくなりすぎて悩んでいる方は今回ご紹介した男性ホルモンを抑えると改善する5つの事を試してみてください。この記事が男性らしくなりすぎることに悩んでいる皆さまのお役に立てることを願っています。

 

まとめ

【驚き】男性ホルモンを抑えると改善する5つの事

・ 薄毛やハゲになりにくくなる
・ ヒゲ、その他の体毛、ムダ毛が薄くなり減る
・ ワキガや体臭を抑えることができる
・ イライラが改善され、怒りにくく優しい性格になる
・ 性欲に走らない恋愛をすることができる