ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

手の甲に出来た赤い斑点の原因と改善方法

手の甲に出来た赤い斑点の原因と改善方法

寒くなり空気が乾燥してくると肌トラブルが起きやすくなります。中でも手の甲は常に露出しているので赤い斑点などの症状が目に付きやすいため、職場や外出先などで人の視線が気になったりしますよね。

赤い斑点は何か身体の異常ではないか心配にもなりますよね。手の湿疹や発疹は悪化すると治りにくいので悪化する前にケアしてあげましょう。



 

手の甲に出来た
赤い斑点の原因と改善方法

 

発疹?湿疹?


発疹は主にアレルギー反応によるもので、手の甲に出た症状が突然現れた場合は「蕁麻疹」の可能性があり、植物や虫などの毒性のある刺激物に触れるとみみず腫がおき、食べ物によるものだと皮膚の一部分が赤く腫れて痒みを伴います。

湿疹は身体の内側が反応した事で痒みを伴った赤いブツブツが一部分に現れます。外的要因が考えられる場合は発疹なので皮膚科でアレルギー検査を行えば原因がすぐ分かり、ステロイドを患部に塗る事で改善されます。

湿疹はストレスや疲れ、免疫力が低下している、睡眠不足など体調が万全ではない時に起こりやすくなる為、水仕事など思い当たる節がある場合は患部に刺激を与えないようにして、身体を休ませてあげましょう。

 

紅斑とは


赤い斑点は毛細血管が何らかの原因で広がった状態が続き血流が増加した事で返って血流の滞った部分が肌の上で透けて見えているのですのです。毛細血管が広がる要因は色々あり

・自律神経の交感神経が血管を緊張させたまま(自律神経の乱れ)
・気温差によるもの
・皮膚の角質層が水分不足になっている
・有害物質により皮膚が炎症を起こして血管が拡張した
・食生活の乱れ

などが考えられます。またお酒を飲み過ぎると、身体の中ではアルコールの処理が追い付かず排泄で老廃物を出そうとしても間に合わなくて手に斑点として現れる事があるのでその時はしばらくは禁酒をして肝臓を休ませてあげてください。

 

慢性湿疹


美容師やお花屋さんにとっては職業病とも言える「慢性湿疹」ですが、家事や水仕事をする人も多くの人が悩んでいます。水の刺激や洗剤、お湯などにより手が乾燥する事が原因です。

症状は指先のさかむけから始まり次第に赤み、痒み、皮膚がガサガサする、皸(あかぎれ)ひび割れ、皮膚が硬くなる、色素沈着と悪化していきます。

また、慢性湿疹は痒みが非常に強くつい掻きむしってしまいがちで、赤くなると掻く事を繰り返し結果皮膚が硬くなり治癒に時間がかかってしまいます。

症状を改善するには水を触る時はビニール手袋をはめたり、保湿クリームで手の乾燥を防ぐ事が大切です。

 

アレルギー性皮膚接触炎


アレルギー性皮膚接触炎は石鹸、洗剤、うるしの葉のような毒性のある植物や虫の毒などの刺激に触れ、赤いブツブツ、丘疹、水疱といった症状が出るもので「かぶれ」と言われるものです。

原因物質は他にも金属、化粧品、香水、衣類、湿布薬など様々で、赤ちゃんのおむつかぶれもアレルギー性皮膚接触炎です。接触皮膚炎の場合刺激となる原因を取り除く事で治療出来ますが症状が酷くなると腫れる事があります。

いつ、何をして症状が出たのかなど原因を特定する事で原因となる物質を避け、爪を短くし手を清潔に保つようにしましょう。

痒みが強いと掻きむしってしまう可能性があり症状の悪化を招いてしまいますので、早めに皮膚科を受診してステロイド剤を処方してもらいましょう。

 

徹底的に手肌を守る


乾燥や水などの刺激で手肌の皮脂が剥がれ落ちてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまいます。するとパソコンのキーボードを打つ事や書類や新聞を触る、洗濯物を畳むといった些細な事すら刺激に繋がってしまいます。

何よりも手湿疹は重症化するとハンドクリームすら刺激になります。ですが、同じように過ごしていても手湿疹が出来る人と出来ない人がいるのは体質も関係してきます。

例えばカフェイン、香辛料、アルコールを常に摂っている人は手湿疹が出来やすい体質と言えます。手湿疹が出てしまったら徹底的に手肌を刺激から守りましょう。

まず水仕事をする時は先にワセリンを手に塗り綿100%の手袋はめてからゴム手袋をし、水温は35℃以下、可能ならスポンジではなく柄付きのスポンジ(タワシ)か食器洗い機を使い洗剤の刺激からも手肌を守ります。

台所洗剤も汚れを落とす力は落ちますが石鹸系に変え、油汚れなどは先にティッシュなどで拭き取ってから洗うなど水や洗剤に触れている時間も短縮します。

空気が乾燥してくるとノロウィルスなど感染系が流行してくるので各家庭で除菌を行っているかと思います。この除菌をアルコールではなく次亜塩素酸ナトリウムに変えると、ノロウイルスにも効果があるので常備しておくと安心です。

それでも痒みが治まらない、我慢できない場合は悪化するまえに皮膚科を受診しステロイドなど症状に合った薬を処方してもらいましょう。

 

以上、手の甲に出来た赤い斑点の原因と改善方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

赤い斑点は身体からのサインであり軽く見ているとあっという間に悪化してしまいます。特に冬場は空気が乾燥する為お風呂上りや台所仕事や水仕事をした後は肌が痒くなりがちです。

またストレスや生活リズムの乱れなどにより自律神経が乱れると免疫力も低下してしまいいつもなら刺激と感じない物が刺激となり手肌に赤い斑点を出す要因になってしまいます。赤い斑点が出ていなくても手肌の保湿ケアはしっかり毎日行いたいですね。

 

まとめ

手の甲に出来た赤い斑点の原因と改善方法

・ 発疹?湿疹?
・ 紅斑とは
・ 慢性湿疹
・ アレルギー性皮膚接触炎
・ 徹底的に手肌を守る