ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

pmsを軽くする基本対策と悪化させない7つの方法

pmsが軽くなる基本対策と悪化させない7つの方法PMSとはPremenstrual Syndromeの略で、日本名にすると月経前症候群の事を指します。月経が始まる1週間~2週間前程度に起こり、月経が始まる時期に消える、身体的や精神的な症状を表す症候群の名称になります。

月経前になると「イライラする」「気分が沈んでしまう」「身体の具合が悪くなる」というような症状は、約80%の女性が経験していると言われています。症状は人によって様々ですが、ホルモンのアンバランスさに伴う日常生活に差し障る様々な症状が出てくる心と身体のトラブルの事です。

それでは、これからpmsが軽くなる基本対策と悪化させない7つの方法を紹介していきます。



 

pmsを軽くする基本対策と
悪化させない7つの方法

 

 

PMSについて知っておくこと


PMSの症状としては、人によって様々ですが代表的によく言われる事としては「胸が張ってくる」「下腹部に痛みを感じる」「「イライラする」「何となく悲しくなってくる」というものがありますが、身体的症状と肉体的症状に分けてみると下記の物が挙げられます。

身体的症状としては、下腹部が張る・下腹部の痛み/便秘や下痢/胸が張る/腰痛/関節痛/めまい等が挙げられます。

精神的な症状としては、起こりやすい/憂鬱/無気力/孤独感/不安/涙もろくなる。というような様々な症状が人によって現れます。

自分がこのような兆候があるかないかを知ることが対策の第一歩です。

 

初めの対処方法


一番大切なのは、自分がPMSであるという事に気づくことが大切で、健康な女性であってもPMSという症状は誰にでも起こり得る事だという事を理解して自己管理をする事が重要です。

そのためには、生理の来る周期を把握するために記録を付けておいたり、どんな症状が出てきたときにPMSの症状であるのかが分かるように、自分自身の事を把握することが対策や悪化さ汗ない為の重要なカギを握ります。

女性にとっては毎月起こるものですし、少しでも症状を緩和させて日常生活が送れるように“知る”という事から始めていきましょう。

 

食事を見直してみる


栄養のバランスというのは、重要で生理前に必要な栄養素を意識的にとる事でPMSを軽減できます。逆にバランスの偏った食事は、PMSの症状が重くなりますので、食事のバランスを考えて多くの食費を組み合わせて食べることが大切です。

良い食品としては、緑黄色野菜や海草類、植物性油脂、種実類、玄米などです。逆に症状を悪化させると言われているものはカフェインや砂糖、アルコールといったものは症状を悪化させると言われています。

生理前の食事にも気を付けてみると、症状を緩和させることができるかもしれません。

 

身体を動かす


適度に身体を動かすというのもPMS症候群を閑話させるのに有効な方法だと言われています。生理前症候群の原因の1つに血行不良というものがあります。血行不良を起こすと、身体的症状としてむくみや頭痛を起こす場合があります。

こういった場合に、全身の血液循環を良くするような、有酸素運動と呼ばれる散歩やウォーキングなどをするのがお勧めです。しんどいと思ったら休むことは大切ですが、軽く汗をかく事で心も体もリフレッシュすることが期待できます。

 

ストレスを避ける


ストレスを避けることはPMSの症状緩和にとってとても有効だと言われ、悪化させる最大の原因はストレスだそうです。何が自分のストレスになっているのかというのは、本人しかわかないと思います。

人間関係であったり、家事や育児であったりと個人によってストレスの感じ方は様々です。自分自身でストレスになっている事を避けるようにコントロールをする事は必要です。

どうしても避けることが出来ないという場合には、極力リフレッシュできる環境になるように心がけてみて、行動してみてください。

 

サプリメントを摂取


ストレスをかけないことも大切ですが、どうしてもPMSの症状が悪化して食欲が止まらなくなってしまい、逆にストレスとなってしまい精神状態を悪化させてしまいさらに過食に走らせることもあります。

この時期を上手く乗り切る事が出来ないのは、過食という行為自体がストレスとなっているからです。それに対するサプリメントとしては、バレリアン、ヒスチジンの摂取をお勧めします。

その他に女性ホルモンに類似していると言われる、大豆イソフラボンなども効果があります。その他にも漢方で緩和するケースもありますので、症状に合わせて摂取するものを選定してみると良いでしょう。

 

悪化させないようにする方法


PMSの治療として用いられるものの中に薬というものもあります。婦人科系の病院に行くと処方される薬としては“ピル”が代表的です。そもそも“ピル”は避妊の為の薬ですが、PMSの症状の緩和にも効果があるので婦人科では推奨されることも多くあります。

しかし、気を付けなければいけないのは、効果があり副作用がない人もいますが、副作用が出てしまうという事もあるようです。

しかし、身体的症状にはかなり効果があると言われていますので症状がひどい場合には、医師に相談の上試してみるのも良い方法の1つです。

 

 

いかがでしたか?

PMSの症状については、まず自分自身がどのような症状があるのかという事を知ることが大切です。自分自身を知ったうえで、どのような対処方法が症状を緩和させるのに適しているのかを見つけていくことがじゅうようになります。

毎月、起こるものですので少しでも症状の緩和をして、日常生活を送れるようにすることは大切です。

 

まとめ

pmsを軽くする基本対策と悪化させない7つの方法

・ PMSについて知っておくこと
・ 初めの対処方法
・ 食事を見直してみる
・ 身体を動かす
・ ストレスを避ける
・ サプリメントを摂取
・ 悪化させないようにする方法