ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

排卵痛は妊娠のチャンス?受精確率を上げる5つの方法

by HC_factory

排卵痛は妊娠のチャンス?受精確率を上げる5つの方法

妊活中の女性にとって、「どうしたら妊娠しやすくなるのか」と考える人は多いと思います。デリケートな話なので、身近な親や友だちなどに聞きづらいし、なかなか妊娠しないときは、「どうして妊娠しないのだろう?」「自分に原因があるのかもしれない・・・」と悩むこともあります。そこで、少しでも妊娠する確率を上げる方法をお話しします。

「生理痛」という言葉はよく耳にしますし、多くの人が知っていることだと思いますが、排卵痛というものがあり、これはあまり知られていません。この排卵痛を知ることが、妊娠する確率をあげるカギになります。その排卵痛について説明します。

●そもそも排卵痛はなぜ起きるの?

「生理痛」は、まさに生理中におきるお腹の張りや痛みのことで、生理の2,3日前から生理終了までおこります。長い人では1週間~10日も続きます。

一方、「排卵痛」は、排卵日前後におこるお腹の痛みや張りのことをいいます。期間は短く2~3日でおさまります。排卵痛がおこるメカニズムですが、生理の周期が28日の場合、生理開始日の約2週間後に排卵がおこり、卵子が卵巣から放出されます。

このとき、卵巣の表面が破れ多少の痛みや出血がおこります。これが「排卵痛」です。また、排卵後に卵巣が少し腫れることでも、お腹に張りを感じることがあり、これも排卵痛です。

排卵痛の痛みは、生理痛よりも軽い場合が多く、あまり感じない人も多いようです。この排卵日の前後が、妊娠しやすく「この時期に妊娠しやすい」とされています。

基礎体温を測ることで、排卵日を知る方法があります。生理開始から2週間前後に1度、体温がグッと下がる日があります。この日が「排卵日」です。

排卵日には、たくさんある卵子の中から、元気で調度良い大きさのものが1個だけ選ばれ、卵巣から子宮におくられます。ただし、卵子は年齢とともにどんどん減っていきます。

産まれたときには約200万個あったものが、初潮のときにはすでに30万個ほどに減り、40歳ごろには2~3万個、50代ではゼロになります。

また、年齢のほかに、ストレスや食生活などの影響によって、さらに減ることがあります。この場合、基礎体温を測っていても、排卵日が不定期になってくるので、調べることが難しくなります。

元気な卵子も少なくなります。そのため、妊娠する確率をあげるには、周期を整えるような身体づくりをすることが大切です。難しいことではなく、少し気をつけるだけなので、ぜひとりくんでみてください。

これは妊活中だけでなく、妊娠した後も大切なことになってくるので、この機会に習慣にしてしまいましょう。
続きを読む →

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

by HC_factory

抗生物質が原因の下痢を改善させる5つの対処法

けがをしたときや風邪をひいたときなどに病院を受診した際、「念のために抗生物質も出しておきますね」と言われることがありますよね。その作用がよくわからないまま「はい、お願いします」と答える人が多いのではないでしょうか。

でも、その抗生物質の副作用で下痢をすることがあります。病気やけがを治すためにもらった薬で、逆に体調が悪くなることがあるとはいったいどういうことなのでしょうか?

そもそも、抗生物質とは、病気の原因の細菌を退治したり、増えるのをおさえる作用があります。最近は、抗菌剤ともいわれています。そんな大切な役割がある抗生物質で、なぜ下痢をするのか、その原因をみていきましょう。

からだの腸内には、悪玉菌と善玉菌という腸内細菌があります。悪玉菌は、その名のとおり腸内に悪影響を与える細菌です。逆に善玉菌は良い影響を与えて健康に保つ働きがあります。

抗生物質は、この悪玉菌を退治するために処方されます。しかし、このとき悪玉菌だけでなく、からだに必要な善玉菌までやっつけてしまいます。

腸内を整えてくれている善玉菌がなくなると、おなかの調子が悪くなり、下痢をしてしまいます。下痢は、抗生物質を飲んでもまったくならない人と、少し飲んだだけでも下痢をしてしまう人がいます。

下痢になっても、病気やけがを治すために飲んでいる薬なので、簡単にやめるわけにもいかないので、困ってしまいますよね。でも、少し気をつけるだけでこの下痢を改善できます。その方法をご紹介します。
続きを読む →

熱中症で寒気や頭痛は超ヤバイ!正しい処置と対策

by HC_factory

熱中症で寒気や頭痛は超ヤバイ!正しい処置と対策

「熱中症」、この言葉を知らない人はいないと思います。暑い日が続くとよくテレビで「〇人倒れた!」と放送されていたりします。では、熱中症とは何なのでしょうか?そう聞かれると口ごもってしまう人が多いのではないでしょうか。

熱中症とは外の空気が皮膚温以上の時や湿度が高くなり、放熱や発汗ができにくくなるとかかると言われています。ようするに体温調節機能のコントロールがきかなくなり、体温がどんどん上昇してしまうのが熱中症にかかる原因とされているのです。

そしてこの時、脳の視床下部が熱にやられて障害を起こし、寒気を生じさせることがあります。暑いはずなのに寒い・・・これは熱中症が重症化している証拠です。このような時は汗も止まってしまいます。

また、体内の水分不足で頭の血流が減少し、頭痛が起きる場合もあります。寒気、頭痛、さらに手足のしびれ等が現れたら、大変危険な状態であり、即救急車を呼んで病院へ搬送しなければいけません。

こんな危険な状態になる前に私たちができることはないのでしょうか?いいえ、ちゃんとあります。以下に正しい処置を紹介していきます。
続きを読む →

生理前の眠い頭をシャキッと起こす5つの方法

by HC_factory

生理前の眠い頭をシャキッと起こす5つの方法

「早く寝たのに眠い・・・」、そんな悩み、実は生理前に感じていたりしませんか?そういえば生理前かも・・・!と思う方はその酷い眠気は単なる睡眠不足ではありません。

生理前の睡魔は生理前に心と身体に変化を生じさせるPMS(月経前症候群)が原因だと言われています。PMSは女性全てに起こる訳ではありませんが、PMS症状がみられる女性の半分以上は生理前に眠いと感じています。

どうして生理前だと眠くなるのでしょう。何か眠気を晴らす対策ないものでしょうか。以下に構造と対策について紹介していきます。
続きを読む →

手軽に善玉菌を増やす方法と5つのメリット

by HC_factory

手軽に善玉菌を増やす方法と5つのメリット

あなたは「善玉菌」や「悪玉菌」といった言葉を聞いたことはありませんか?たいていの人は聞いたことあると思いますが、聞いたことはあっても「どんなもの?」と問われたら言葉に詰まってしまうかもしれません。

簡単に言ってしまえば、その名の通り身体にとって良い菌と悪い菌です。これらの菌のバランスで人の身体の健康は簡単に左右されてしまいます。

善玉菌を増やす事により健康維持や免疫アップ、または精神の安定をもたらし、悪玉菌が多いと便秘を起こしやすくなり新陳代謝が低下して肌トラブルが起きたり、免疫力が低下して疲れやすくなったりします。

善玉菌を多く保つことが身体を心身ともに健康に保つ秘訣なのです。では善玉菌を多く保つ秘訣、増やす方法には何があるでしょうか?
続きを読む →

リウマチ初期症状を理解して進行予防させる5つの方法

by HC_factory

リウマチ初期症状を理解して進行予防させる5つの方法

「うちの母がリウマチで」とか「リウマチで関節が痛くて」という言葉を、たまに耳にします。なんだか大変そうと思いますが、詳しくは知らない人が多いと思います。

昔は、リウマチで指の形が変わったお年寄りがたまにいましたが、最近はみかけなくなりました。リウマチは、関節やその周囲に痛みが起きる病気で、一般的にいわれているリウマチは「関節リウマチ」のことを指しています。

最初は「手がなんとなくむくんでいるかな」という軽い症状からはじまることが多いですが、進行すると関節が動かなくなったり、形が変わったまま戻らなくなることがあります。

昔、リウマチは治らない病気とされてきましたが、最近は研究がすすみ、治療方法や新しい薬が次々と開発されています。完治を目指し、さらに再発しないようにする時代になりました。

リウマチかな?と思ったとき、それ以上進行しないように予防もできます。では、リウマチについて、詳しくみていきましょう。リウマチの原因は、免疫システムが誤動作することからおきます。

本来、からだを守る免疫システムが異常をきたし、守るはずの自身のからだを攻撃してしまいます。からだの中でも、関節をスムーズに動かすための滑膜が攻撃され炎症をおこすケースが多いようです。

また、炎症が起きると、サイトカインという物質が分泌され、これが炎症を悪化させます。最近の治療では、サイトカインの働きをおさえ、炎症を鎮静化させることができるようになりました。

炎症が悪化すると、関節が動かなくなることがあるので、予防や早期治療が大切になってきます。免疫システムがなぜ異常をきたすのかは解明されてないものの、ストレスや喫煙、ウイルス感染がきっかけで発生するのではないかといわれています。

また、発症の多くは30代~50代の女性です。男性よりも女性が多くリウマチになるようで、その割合は4:1ぐらいです。遺伝的にもともとなりやすい体質が原因と言われてきましたが、そうとは限らないケースも多いようです。

ストレスやウイルス感染、不摂生がきっかけで発症するようなので、ストレスからよく体調を崩しやすい人や、ウイルス感染にかかりやすく、かかったら重症になりやすい人は、リウマチを発症してしまうことがあるので、そういう場合は注意が必要です。

また、このような免疫システムの異常からおきる病気を自己免疫疾患といい、リウマチのほかに、慢性甲状腺炎やバセドウ病、悪性貧血、原発性胆汁性肝硬変などがあります。

リウマチの進行を予防のためには、リウマチ初期症状を知ることが大切です。リウマチ初期症状で典型的なのは、朝起きたときの、軽い手のむくみや腫れです。

ごくわずかな違和感からはじまりますが、疲れやすくなったり、微熱が続くようになることもあります。起床後30分以内に症状がもっとも出やすく、関節の痛みや腫れは第2関節に出ることが多く、また左右対称になりやすいことが多いようです。

しかし、右だけ、左だけの場合もあるようです。また、水分や塩分のとりすぎ、ホルモンバランスの崩れからも、同じような症状になることがあるので、初期症状ではリウマチとは違う原因を疑う人が多いようです。

リウマチ初期症状から、本格的な進行になるのはほんの少しです。この段階で、予防をすれば充分に対処できます。では、リウマチの初期症状から進行しないための予防方法をご紹介します。
続きを読む →

腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対控えるべき食材

by HC_factory

腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対控えるべき食材

腰痛に悩んでいる人は人口4人に1人と言われています。何故こんなにも腰痛に悩んでいる人が多いのでしょうか?加齢による腰痛もありますが、普段の生活の中に腰痛の原因があるのだとしたら、腰痛が国民病と言われるのも納得です。

昔と違い沢山の食べ物や嗜好品があり、いつでも何処でも手に入る環境です。普段何気なく摂っている食事が痛みの原因になっているかもしれません。

腰痛になるとほとんどの人が病院や整体に行きますが、腰痛に効く食事、腰痛の為に控えるべき食材をご存知でしょうか?腰痛に悩んでいる人が毎日の食事で絶対に控えるべき食材をご紹介します。
続きを読む →

まさか!? 大人がおねしょをする原因と改善方法

by HC_factory

まさか!? 大人がおねしょをする原因と改善方法

おねしょと言えば小さい子どもがするものと思ってはいませんか?まさかまさかなのですが、実は大人でもするものなんです。意外ですよね?

大人なのにおねしょ?情けない!と思ったら大間違い。これはれっきとした病気なんです。子どもがするおねしょと大人がするおねしょは原因が異なります。

子どものおねしょは年を経るにつれてなくなっていきますが、大人のおねしょは時間が経てば治るものではありません。適切な治療を受けなければ治らないのです。以下に大人のおねしょについて述べていきます。
続きを読む →

エストロゲンをサプリで摂取時に知っておくべき5つの事

by HC_factory

エストロゲンをサプリで摂取時に知っておくべき5つの事

女性ホルモンのひとつであるエストロゲン。美人ホルモンとも言われたり、更年期障害とも大きくかかわりがあるため、その効能を目的に多くの健康食品やサプリなどが販売され手軽に摂取することができます。

そのために、安易にどんなサプリでも摂ってもいい、というものではありません。

エストロゲンを理解し、カラダに合ったサプリの摂り方やエストロゲンの増やし方をお教えしていきたいと思います。
続きを読む →

風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事

by HC_factory

風邪を予防できる食べ物って?覚えておきたい5つの事

急に寒くなったり、忙しくてなかなか休めないと、カラダの免疫力が落ちて風邪を引きやすくなります。風邪を引いたら、風邪薬を飲むかお医者さんに行けばいいし予防なんて面倒くさくてできない、という方も多いはず。

でも、毎日食べる食事にも風邪を予防する食べ物があるって知っていますか?”医食同源”といって、食べることも医療も同じような意味を持ち、食べることがどれだけ重要かということがわかります。

普段の食事から風邪の予防ができるなら、気をはらずに取り組めますよね。
続きを読む →