ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

過食嘔吐でも太るんです!!正しい理由と改善策

過食嘔吐でも太るんです!!正しい理由と改善策

女性の中には太ることに罪悪感を持ち、痩せて美しくなりたいという気持ちが強すぎることによって食べることに罪悪感を持ってしまう人がいます。食べてはいけないと思うほど辛くなり、反動でたくさん食べてしまうと過食になります。いつまで食べても満腹感がなく食べることを繰り返すのですがやがて後悔の気持ちが出てきてついに吐くということを覚えます。

吐くことで気持ちは多少すっきりするものの、今度はまた食べては吐き、食べては吐きを繰り返しとうとう過食嘔吐を繰り返すようになってしまうのです。過食嘔吐で痩せるというのは一時的なもので、過食すると逆に以前よりも太りやすい体質になってしまうことがあります。

たくさん食べると血糖値が上昇し、インスリンが血糖値を下げるために多く分泌されます。そしてこんどは血糖値が急激に下がることによって空腹感が強くなります。体は栄養不足を感じると食べ物の吸収をよくしようとするのでこんど食べ物が入ってきたときはもっと吸収しようとしてその結果太るのです。

過食嘔吐はすぐに辞めるのは難しい部分もありますが、治療で良くなる場合もたくさんあるので正しい方法で改善していきましょう。



 

過食嘔吐でも太るんです!!
正しい理由と改善策

 

病院で適切な治療を受けること


まず、過食嘔吐を繰り返していて止められない場合は必ず病院へ行き適切な治療を受けましょう。過食嘔吐を繰り返すのは体に良いことではありません。繰り返すことによって顔がパンパンに腫れてしまったり、むくんだりしてしまうことがあります。

また栄養不足で肌は荒れ、髪の毛も抜けたりつやもなくなったりしてしまいます。胃酸も一緒に吐くことで起こるのはその胃酸が歯を溶かしてしまうということです。美しくなりたいと思っていたのにまったく不健康な姿になってしまっては意味がありませんよね。

健康な体まで壊してしまうことになってしまっては大変です。医者には自分の状態をなるべく正直に話してみましょう。もし必要ならば自分に適切な薬も処方してくれます。

 

周りにも協力してもらうこと


過食嘔吐を克服するには、家族や友人の理解と協力が不可欠です。自分が過食嘔吐しているということは本人だけの問題ではない場合もあります。一人になる時間が多いとどうしても過食嘔吐をしてしまうことになるので、一人の努力だけではどうしても難しいのです。

まず身近である家族が過食嘔吐についての知識理解を深めて上手に接していくようにしなければなりません。今まで家族との時間があまりとれなかったという人も、これを機会に家族と過ごす時間を多くとってみることをおすすめします。

また、近くに頼れる家族がいないという場合は親しい友人に話しておくというだけでもいいでしょう。理解のある友人ならば、気をつけてくれるはずです。誰にも頼れない、そう感じていても、少しずつ周りを信頼してみることから初めてみてください。

そうやって周りに心を開いていき、自分のことを認めてもらい、自分は価値のある人間だと思うようになるということも大事なのです。

 

上手に吐けるようにすること


絶対に吐いてはいけないと思えば思うほどに苦しくなってしまうのが過食嘔吐。吐かないに越したことはありませんが、それができないから繰り返してしまうのです。少しずつ長い時間をかけて吐かないようにすると思えばいいので、もし吐くならなるべく体に負担をかけない方法で吐くようにしましょう。

食事をした後にすぐに吐くのは体に負担をかけるのでなるべく1分以上時間がたってから吐きましょう。吐くときは頭を胃より下にして口に手を入れたらおなかの筋肉にぐっと力を入れて押し出すように一気に吐くようにします。

吐いた後は口、食堂に残っている胃液を薄くするために「すすぎ」を行います。水もしくは白湯を飲んでそれを吐くようにするのですが、このことによって吐いた後の不快感もすっきりします。

 

水分補給はしっかりと


過食嘔吐によって顔がむくむ、腫れるという症状が出ると水分を控えてしまう人がいますがこれは間違いです。理由は過食嘔吐によるむくみは水分のとりすぎによるむくみとは違うからです。栄養不足や肝臓や腎臓の機能の低下、ミネラル不足でむくみが生じる場合もありますし、腫れについては唾液腺の腫れが原因と考えられます。

過食嘔吐すると唾液腺に影響を及ぼすことが多く、ここが腫れると顔が膨らんだような状態になってパンパンな顔になってしまうのです。唾液腺が腫れてしまうと体重が減ってももとにもどらないと言われています。水分はきちんととるようにすることが大事です。

 

あせらないでゆっくりと


治療には時間がかかります。真面目なタイプの人も多く周りのためにも早く直さなければと気持ちが焦ってしまう人もいますが、急に直すことは難しいのでゆっくりと時間をかけて徐々に直していこうという気持ちでいましょう。

 

自分を肯定すること


自分はもっと痩せなければいけない、このままではだめだ、と真面目に考える人ほど過食障害を引き起こしやすいと言われています。このタイプの人は周りに認めてもらおうとダイエットや勉強も頑張るのですが自己肯定する気持ちが強くないためどんなに頑張ってもこれでいいのだと思えません。

まずは今の自分を肯定して今の自分でも十分価値のある存在だという気持ちを持つことが大事です。

 

罪悪感を持たずに食事を楽しむこと


食べることが辛いことになってはこれから先もずっと辛い思いをしなければなりません。食べることは楽しいと感じるために家族友人と楽しく食べるという時間も大切にしていきましょう。周りの人と同じように、食事は楽しんでもいいものだ、自分も周りと同じようにこれからは楽しく食事をするようにしたいと思って治療をしていきましょう。

 

いかがでしたか?

食べることに罪悪感を持って太ることを必要以上に恐れてしまうことから始まる摂食障害。過食嘔吐し続けても痩せて美しくなるという結果に結びつくことではありません。まずは罪悪感をなくし、食事とは楽しいもの、自分はそのままでも十分に価値がある、そのように心の状態を変えていくことから治療を初めていきましょう。

 

まとめ

過食嘔吐でも太るんです!!正しい理由と改善策

・ 病院で適切な治療を受けること
・ 周りにも協力してもらうこと
・ 上手に吐けるようにすること
・ 水分補給はしっかりと
・ あせらないでゆっくりと
・ 自分を肯定すること
・ 罪悪感を持たずに食事を楽しむこと