ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

ノロウイルス感染から出勤可能までの日数と過ごし方

ノロウイルス感染から出勤可能までの日数と過ごし方

ノロウイルスについて皆さんはどのくらい知っていますか。ノロウイルスには誰でもが感染する可能性があり、また自分だけではなく他人も感染させてしまうという非常に感染力の高いウイルスです。

しかし、ノロウイルスをただ怖いものと捉えるのではなく、正しい知識を得て、例えノロウイルスに感染しても慌てずに対処できるかどうかが大切なのです。

ここでは被害を拡大させないよう感染後出勤可能になるまでの日数と、また発症後はどのように過ごし、どのような事に注意するべきなのかという事をご紹介します。

感染から出勤可能な日数と感染後どのように過ごすべきかを理解しておけば、いざ発症しても慌てることなく冷静に対処できるはずです。



 

ノロウイルス感染から
出勤可能までの日数と過ごし方

 

ノロウイルスとは


ノロウイルスとは感染力のとても強いウイルスで約10~100個のウイルス粒子から感染し、ヒトの腸内で細胞が増殖します。乳幼児から高齢者まであらゆるヒトに感染するウイルスで、11月から2月くらいの冬季に感染者が多いですが、最近では1年を通して感染者が出ています。

ノロウイルスには潜伏期間があり、感染してから発症するまで24~48時間、約2日と言われています。症状は嘔吐や下痢、腹痛、脱水などが主な症状で、嘔吐や下痢は1日に数回から10回以上と多数回にわたります。

症状は3.4日で治まりますが感染力が最も強い期間は、発症後3日間であり、この期間は特に感染拡大しないよう注意が必要です。ノロウイルスの出勤停止日数は一般的に特に定められていませんが、5~7日程度の自宅待機が望まれ、少なくとも症状の消失後48時間以降の出勤を考える必要があります。

 

水分補給が第一です


多数回にわたる嘔吐や下痢により脱水症状に陥ります。そのため脱水症状の改善が大切であり、脱水症状が強いと長引く原因になってしまいます。ひどいと1カ月以上も治癒までかかることもあるのです。

いかに脱水症状を和らげるか、そのためには水分摂取が最も大切であり、特に経口補水液が有効です。これは速やかに水分の補給ができるよう塩分や水分が調整された飲料で、薬局やスーパー、コンビニ、インターネットなどで購入する事ができます。

嘔吐がひどく水分摂取が難しい場合でも、少しずつゆっくり口に含ませるように摂取することが大切です。また小児などで摂取が難しいときは、ゼリータイプの経口補水液を用いると幾分らくに摂取できるようになります。

摂取の間隔は1時間おきなど頻繁に摂取することが大切で、少量でもゆっくり頻繁に摂取することを心がけてください。それでも難しい場合は、医療機関で輸液を用いる治療が必要になります。

また、顔色や表情、痙攣の有無などを確認することも大切です。

 

栄養を摂りましょう


食事は摂れるのであれば摂った方がいいですが、嘔吐や下痢をひどくしてしまう場合もありますので、無理に摂る必要はありません。摂れるようになったら、消化吸収のよいものや火を通した緑黄色野菜、整腸作用のあるものを選択しましょう。

ゆっくりと良く噛み、できるだけ胃腸を刺激しないよう、無理をせずに摂ることが大切です。また、脂肪分の多いものや糖分の多いもの、繊維質の多いものは胃腸を刺激し回復を長引かせる原因になりかねませんので避けて下さい。

好きなものではなく、回復力を高められるものを選びましょう。

 

ゆっくりと身体を休めましょう。


ゆっくりと身体を休め、そして十分に睡眠をとって下さい。十分な睡眠は免疫力を高め、回復力を高めます。自宅待機中の仕事やスマホなどの作業は極力避け、十分な睡眠をとれるよう工夫しましょう。

部屋を暗くしたり、外の音が耳に入らないようにしたりし、また身体を締め付けないような楽な格好で温かくしてベッドに入って下さい。その他、お手洗いにすぐ行けるようにしておくと、安心した状態でベッドに入ることができます。

 

2次感染を防ぎましょう


感染力の強いノロウイルスは、接触感染、飛沫感染、空気感染などが容易に予想されます。

調理を避けることはもちろんのこと、用便後はトイレのふたを閉めて水を流すこと、石けんを使った手洗いを十分に行いタオルの共有は避けること、ドアノブなどをしっかり消毒しウイルスを拭き取ること、乾燥を避けて加湿をすることなどを徹底して下さい。

消毒はアルコール液では効果がありませんので、塩素系の漂白剤などを使います。マスクや手袋、スリッパなどで防御しこれらをビニール袋に素早く入れ飛散を防ぎます。これにより感染経路が経たれ二次感染を防ぐことになるのです。

 

医療機関で治癒証明書をもらいましょう


5~7日程度の自宅待機が望まれ、少なくとも症状消失後48時間以降の出勤を考える必要がありますが、長いと1カ月以上もノロウイルスを出し続けている場合もあります。そのため医療機関を受診し、検便検査などを受けて治癒を確認するといいでしょう。

医療機関からの治癒のお墨付きがでれば、安心して職場に復帰することが可能になります。

 

いかがでしたか?

ノロウイルスは、非常に感染力の強い胃腸炎です。ノロウイルスにかかってしまったら長引かせないように努め、そのためにはどのように過ごし、どのようにすれば早く治癒するのかをしっかりと理解することが大切です。

また2次感染させないよう十分な注意を払いましょう。感染経路を経つことが、感染者を最小限に留めることにつながりますし、また感染力を弱めることにもつながるのです。

 

まとめ

ノロウイルス感染から出勤可能までの日数と過ごし方

・ ノロウイルスとは
・ 水分補給が第一です
・ 栄養を摂りましょう
・ ゆっくりと身体を休めましょう。
・ 2次感染を防ぎましょう
・ 医療機関で治癒証明書をもらいましょう