ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

喉の違和感を感じたら、すぐに病院に行くべき7つの理由

喉の違和感を感じたら、すぐに病院に行くべき7つの理由

食べ物を食べる時や飲み物を飲むときに何となく今までとは違う違和感があった、という人や飲み込むときに突っかかるような違和感がある人、喉が腫れているわけでもなく痛みもないのに喉に何かがあるような違和感がある、という人はいませんか。

ただの軽い風邪かなんかだろうと生活に支障が無いからとそのまま放置している人はいませんか。それは風邪ではない可能性があります。喉の違和感で考えられる病気があります。しかも軽いものならいいのですがその病気によっては治療を必要としたり、命の危険もある病気が悪れている可能性もあるのです。

その病気によっては緊急を要するのですぐに病院での治療が必要になります。では、喉の違和感で考えられる病気とすぐに病院に行くべき理由とは何なのでしょうか。今回はそれを説明します。



 

喉の違和感を感じたら、
すぐに病院に行くべき7つの理由

 

ヒステリー球の可能性


ヒステリー球とは不安や緊張などからくる極度の精神的不安定により引き起こされる喉の狭窄で、喉の通りが狭くなったことにより何かが引っかかる喉の違和感を感じるのです。アレルギーが原因で引き起こされることもあります。

一時的な不安や緊張で引き起こされる場合は症状もすぐには落ち着きますが、アレルギーや精神疾患、自律神経失調症により起こる場合は症状が悪化し、食事を摂るのも困難になるケースや呼吸困難になる場合もありますのでその場合は直ちに病院に受診する事が必要になります。

 

アナフィラキシー症状で直ちに受診


上記にも述べたアレルギーが悪化し、アレルギー症状により喉の炎症が悪化し、喉のかゆみやそれよりも悪化すると呼吸が出来ないほどに悪化します。そうなると命の危険もあるのです。この場合ヒステリー球と違うところは炎症があるかどうかです。

ヒステリー球は炎症が無いのに比べてアナフィラキシー症状は炎症の悪化です。その場合は自力で治すのは困難です。自分で動ける場合は自力で、動けないくらいに呼吸が苦しい場合は救急車を呼び病院に受診して早めの処置が必要です。

 

食道がんや逆流性食道炎の可能性


逆流性食道炎や食道がんになると喉と胃をつないでいる食道が炎症を起こすので、食道が炎症で狭く感じます。そのうえ胃酸が逆流しやすくなるので食べ物を食道が通りずらくなります。そうなると食べ物が喉を通るときに炎症でしみて食べ物が通る感じが分かるようになります。

それよりもひどくなると食道炎でも夜に寝れないほどに胃酸が逆流し胸焼けや食事以外でも喉の違和感を覚える様になるのです。食道がんも放置しておくと命の危険がありますが、早めに治療しておくことで完治が可能ながんです。ですので早めに病院い行くことが必要です。

 

パスツレラ症という感染症の可能性


イヌや猫の多くはパスツレラという菌を保有しています。ネコやイヌに引っかかれたり、口から菌が侵入する事で感染するのがパスツレラ症です。パスツレラ症に感染すると最初は喉がイガイガした違和感がありますが徐々に風邪に似た症状が現れます。

その中でも老人や子供などは抵抗力が弱い為に感染が広がりやすく、死に至るケースのあるのです。ペットが家にいて同じような症状を起こしている場合は早めに病院に受診して抗生剤を内服する事が必要です。

病院に受診する場合は必ずペットがいる事を医師に報告するようにしてください。

 

シェーグレン症候群による嚥下障害の可能性


シェーグレン症候群は膠原病の一つでリウマチが合併している事が多い病気です。涙腺や唾液、汗といったものが出にくくなり、唾液が少なくなることで口腔内が乾燥し嚥下障害を起こします。そうなると食べ物、特に乾いたせんべいやお菓子が喉を通らなくなり、喉に違和感を起します。

また、無理に水分が無い食べ物を食べた事により喉に炎症を起こすことがあります。そうなると違和感だけでなく嚥下障害により食事が喉を通らなくなり、誤嚥を起すこともあるのです。そうならない為にも早めの病院受診が必要なのです。

 

喉頭がんの可能性


喉頭ガンはその名の通り喉のがんです。初期症状としては声が出しずらくなり、喉に何となくの何かがあるような物が挟まっているような違和感を感じます。ですががんが進行すると声はかすれ、食べ物が痛みで通らなくなります。

喉頭がんの場所にもよりますが進行して手術をすると自分の声を失う可能性もあります。喉頭がんは見つかった時にはリンパ節に転移している事も多く、手術が出来ないこともあります。

そうならない為にも病院に受診し、早めの発見と治療が必要になります。

 

更年期の可能性


40代後半から50台に入り女性で、急に体や喉の熱感とともに何とも言えない違和感を感じたら、更年期症状の可能性があります。これはホルモンバランスの崩れや閉経に伴い現れる症状で自律神経が原因でも起こる更年期症状なので同じ症状のようで少しずつ症状に個人差があるのが特徴です。

更年期の症状が落ち着くと自然に喉の違和感が落ち着く人がほとんどです。

 

いかがでしたか?

喉の違和感といったらすぐに思いつくのは耳鼻科系か内科の病気を疑う人がほとんどでしょう。ですが、こんなにも危険な病気が隠されている可能性があるのです。痛みが無いからとそのまま放置していると今回説明したような病気が隠されている可能性もあるのです。

1つでも症状が当てはまり、喉の違和感が続いているようなら一度病院に受診する事をお勧めします。そうする事で早めの対処が必要です。

 

まとめ

喉の違和感を感じたら、すぐに病院に行くべき7つの理由

・ ヒステリー球の可能性
・ アナフィラキシー症状で直ちに受診
・ 食道がんや逆流性食道炎の可能性
・ パスツレラ症という感染症の可能性
・ シェーグレン症候群による嚥下障害の可能性
・ 喉頭がんの可能性
・ 更年期の可能性