ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

鼻づまりで眠れない夜にスッキリ快眠出来る7つの方法

鼻づまりで眠れない夜にスッキリ快眠出来る7つの方法

風邪やアレルギーで鼻づまりになった経験がある人もいるのではないでしょうか。鼻づまりでも鼻で呼吸が出来ないくらいにひどい鼻づまりに毎日悩まされている人もいるのではないでしょうか。

鼻づまりもあまりにひどくなると呼吸が出来ず、圧迫感もあり夜も眠れない日が続き、辛いですよね。

鼻づまりは鼻の中の粘膜の炎症がひどくなり、鼻水が膿のようにどろっとして鼻の中に溜まり、鼻呼吸が出来なくなるだけでなく、人によっては炎症の悪化による頭痛や吐き気を起こすのでなおさら夜も眠れない日に頭を抱えてしまいます。

では、鼻づまりをスッキリして、夜も快眠出来るようにするにはどうしたら良いのでしょうか。今回はその方法について説明します。



 

鼻づまりで眠れない夜にスッキリ快眠出来る7つの方法

 

日中は適度な水分補給と運動をする


体内の水分不足や運動不足のままでいると鼻づまりは解消せず、夜も眠れない状態が続きます。鼻水は水分が不足するとなおさらどろっとした状態が続き、鼻の中から外に出しづらくなります。

また、運動不足で鼻の粘膜の血流不足が起きるとなおさら粘膜は硬くなり、夜も眠れない状態になります。日中はカフェインの入っていない飲み物を適度に取るようにし、背筋を伸ばして鼻呼吸を意識して適度に運動をすることで夜も快眠出来ます。

 

タオルを脇に挟んで力を入れる


夜布団に寝た状態の体の向きによって左右の鼻づまりのどちらかが解消した経験がある人もいるかもしれません。それは体のリンパの流れが変わることで鼻づまりが解消出来たのです。

ですが、左右のどちらかの鼻づまりが解消出来ても夜の眠れない状況は変わらないですよね。夜寝る前に両脇の下にタオルを挟んで力を入れてみてください。数秒に分けて何回か行ううちに鼻づまりが楽になってきます。

これを繰り返してから夜寝るようにしてみてください。

 

入浴時に傘を使用して鼻の中を加湿する


鼻詰まりがひどく、乾燥している時期は加湿器を使用して室内の乾燥を防いでいる人は多いかと思います。鼻づまりが楽になるように鼻の中の加湿をしようとしてもなかなか難しいと思います。

室内の加湿をしても鼻づまりが解消出来ず、眠れない時もあるでしょう。ですが、入浴時に傘を使用すると夜も快眠することができるのです。

浴槽に入る時は浴槽の蓋を体が隠れるまでして、傘をさすと傘と浴槽の間の加湿がまして、ミストサウナのような状態を作ることが出来ます。そうすることで鼻づまりが解消出来、快眠することが出来ます。

 

鼻のてっぺんを温める


忙しくゆっくり入浴も出来ず、シャワーで済ませてはしまったものの、鼻づまりで夜も眠れなくて今すぐどうにかしたい、という時もありますよね。そういう時にはタオルを温めて鼻のてっぺんを温めてみてください。

鼻のてっぺんを温めることで血の巡りが良くなり、滞って溜まっていた鼻水を柔らかく出しやすくします。そうすることで鼻づまりが解消され、スッキリ快眠することが出来ます。

 

鼻の周りの炎症が酷い時は冷やす


鼻づまりが酷く、鼻や顔周辺が炎症により熱を持っているような感じがして、微熱や発熱があり、入浴も出来ず、夜も眠れないこともありますよね。そういう時に温めることは炎症を悪化して鼻づまりを酷くさせるので危険です。

ですが、鼻自体を直接冷やすと痛みが起きることがあります。ですので、口の中に氷を含み、口の中全体を転がしながら冷やしてください。

そうすることで頬から鼻全体がゆっくりと冷やされ炎症を落ち着かせることで鼻づまりが解消出来、快眠することが出来ます。

 

鼻詰まりが改善するツボを押す


鼻詰まりに効くツボがあります。一つは小鼻のすぐ横にあるツボです。もう一つは鼻のてっぺんのちょうど目と目の間にあるツボです。小鼻の横と目と目の間を押して少し痛みがあるのがツボの場所です。

そのツボを10秒押しては少し休み、また10秒押すようにしてみてください。夜寝る前だけでなく、普段から行うようにするとより効果的に鼻づまりを解消出来、夜も快眠出来ます。

 

ハッカ水を寝室に振りまき、鼻づまりを解消


ハッカ水は鼻づまりや鼻水が中々出ず、スッキリしたい時にオススメです。ハッカ水はハッカ油を水100mlの中に数滴入れた物です。量は好みで調節してください。

そのハッカ水をスプレーボトルに入れて寝室にスプレーして寝るだけで鼻づまりが解消出来て、夜も快眠出来ます。

寝室にだけスプレーしても眠れない人やもう少しスッキリしたい人はタオルにスプレーをして枕元に置いたり、パジャマにスプレーして寝るだけで鼻づまりが解消され、快眠することが出来ます。

 

いかがでしたか?

鼻づまりが酷く夜も眠れないと次の日の仕事や家事にも集中出来ず、辛い一日を過ごすことになってしまいますよね。そうなると体調が改善せずますます風邪は悪化して鼻づまりも酷くさせます。

また、アレルギーによる鼻づまりは風邪とは関係がないため、アレルギーの季節になると毎日鼻づまりで寝れない状態が続いていた人もいるのではないでしょうか。

その苦しい鼻づまりで眠れない状態を改善するためには今回説明させていただいた方法は簡単に出来て毎日楽に続けることができる方法です。

鼻づまりで夜も眠れず辛い状態が続いている人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

鼻づまりで眠れない夜にスッキリ快眠出来る7つの方法

・ 日中は適度な水分補給と運動をする
・ タオルを脇に挟んで力を入れる
・ 入浴時に傘を使用して鼻の中を加湿する
・ 鼻のてっぺんを温める
・ 鼻の周りの炎症が酷い時は冷やす
・ 鼻詰まりが改善するツボを押す
・ ハッカ水を寝室に振りまき、鼻づまりを解消