ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

口内炎がヒドイ時の食事で気をつけるべき5つの事

口内炎がヒドイ時の食事で気をつけるべき5つの事

口の中が痛いなぁ・・・と思って鏡を見たら口内炎ができてる!!・・・なんてことはありませんか?知らず知らずのうちにいつの間にかできている口内炎。

一度できると治るまでの日々がとても長く、辛いものです。何しろ口は話をするにしても、食事をするにしてもあらゆる場面で使うもの。

傷が治るまでそっとしておくなんてことはできません。口内炎を抱えた口では動かすたびに激痛が走り、憂鬱な気分になることでしょう。

痛いからと動かすのを避けようと食事を抜く人もいるようですが、それは駄目な行為です。食事を摂らないというのは身体に良いことはありませんし、何より口内炎の治療を妨げてしまいます。

口内炎の治療の根本は食事にあります。早く治したいのであれば、痛みをこらえてでも食事を摂ることが重要です。食事も口内炎に考慮した食事を摂らなければなりません。

以下に口内炎がヒドイ時の食事について気をつけた方がいい事を紹介していきます。



 

口内炎がヒドイ時の食事で
気をつけるべき5つの事

 

積極的に摂りたい食べ物


内炎とは疲労やストレス、食生活の乱れなどが重なってできるものですが、ビタミン不足で発症することもあります。そのため、積極的にビタミンを摂取することによって早期治療に繋がることがあります。

ビタミンと一言で言ってもたくさん種類がありますが、なかでもビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンCが口内炎に良いとされていて、特に重視するのがビタミンB2です。

ビタミンB2は組織を治すのを支援する役割があるからです。ビタミンB2を多く含む食べ物と言えば「レバー」が挙げられます。牛、豚、鶏とありますが1番は豚のレバーです。

ビタミンB2の含有量はレバー100gあたりに3.6mg、何と鶏のレバーの2倍含まれているのです。1日あたりの成人男子なら1.6mg、成人女子なら1.2mgなので豚のレバー50g食べたらクリアとなります。

しかし、レバーは好き嫌いが激しい食べ物の一つです。なかなか難しいと思いますので、どうしても無理―!という方は納豆や卵などにもビタミンB2は含まれていますので、他の食べ物で摂りましょう。

 

積極的に摂りたい飲み物


口内炎ができるとしみる痛さを嫌がって飲み物を制限する人がいますがこれも当然のことながらよくありません。水分を制限してしまうと身体の循環が悪くなり、治りが悪くなります。

そんな時におススメなのが牛乳です。牛乳は意外とそんなにしみません。他にしみにくい飲み物として麦茶やフルーツジュースがあります。

ただし、麦茶は冷えているとしみるのでなるべく常温で飲むようにしましょう。

 

口内炎に効く食べ物


口内炎ができた時に積極的に摂りたい食べ物は「緑黄色野菜」です。緑黄色野菜はベータカロチン、ビタミンAが豊富に含まれており、弱った粘膜を正常にしてくれる効果があります。

主な野菜としてブロッコリーやピーマン、南瓜に人参などがありますので、いろいろな組み合わせで摂るとよいでしょう。またはちみつを摂るのもおススメです。

はちみつを患部に塗ると痛みはありますが、はちみつの粘性が患部を保護してくれる上に殺菌、消炎作用があるので治りをよくします。

 

口内炎に効く飲み物


口内炎に効く飲み物と言えば「緑茶」です。緑茶の何がいいのかというと豊富に含まれるカテキンです。カテキンには殺菌作用があり、粘膜が炎症を起こしている原因の細菌やウイルスをやっつけてくれます。

また細菌が歯にくっついて酸を出すのを防ぐ酸化防止効果もあります。緑茶が苦手だな・・・という方はトマトジュース、麦茶もおススメです。

トマトジュースに含まれているビタミンB2が血液をサラサラに、ルチンが血管を丈夫にしリコピンが抗酸化力、美容力に優れています。

麦茶はバクテリアが口内に居座るのを防ぐ働きがあるので、口内炎の改善、予防に効きます。この中で飲めるものを選んで、毎日飲む習慣をつけると口内炎の改善により良い効果が得られるでしょう。

 

口内炎に悪い食べ物


口内炎ができている時には避けた方がよい食べ物があります。基本的に口内炎は刺激を与えると痛みが増すので、避けた方がよい食べ物は以下の物になります。

・辛い料理
・塩味の多い料理
・酸味が強い料理
・熱すぎたり冷たすぎたりする料理

他に炭酸飲料やアルコールも刺激になるのでよくありません。砂糖をたくさん使った食べ物は身体の中のビタミンやミネラルを大量に使ってしまうのでこちらも控えた方がよいでしょう。

 

以上、口内炎がヒドイ時の食事で気をつけるべき5つの事をお伝えしましたが、いかがでしたか。

口内炎は身体の免疫が落ちてくるといつの間にかできている、言わば今身体が危ないよ、弱っているよ!!と知らせるサインでもあります。

できてしまった・・・と嘆くよりもまず大事なのは、今の自分の身体の状況を自覚することです。口内炎は理由なくできません。自分で何が原因だろうかと考え、思い至ったらその問題を解消しましょう。

根本が解決しなければ口内炎はどんどんひどくなっていきます。上記で紹介した方法を取り入れて、口内炎の早い回復に繋げましょう。

 

まとめ

口内炎がヒドイ時の食事で気をつけるべき5つの事

・ 積極的に摂りたい食べ物
・ 積極的に摂りたい飲み物
・ 口内炎に効く食べ物
・ 口内炎に効く飲み物
・ 口内炎に悪い食べ物