ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

バスに酔いやすい人にオススメしたい効果抜群のアドバイス

by ヘルスケアファクトリー

バスに酔いやすい人にオススメしたい効果抜群のアドバイス

小学生の時に遠足でバスに乗ると、必ず酔うお友達がいました。子供のうちはまだ三半規管が弱く、乗り物酔いしやすいと言います。しかし大人になってもバスなどの乗り物酔いをしやすい人はいます。しかしそのような人も通勤や遠方へのお出かけで電車やバスに乗らなければならない事があり、不安や酔いの症状に悩まされます。

バスで酔う時の症状は様々あり、そしてこの症状は段階を踏んで現れます。まず最初に酔いの前兆症状として、「生つば」や「生あくび」が出ます。そしてそのまま乗り続けていると、酔いの初期症状として「顔色不良」「胃の不快感」「吐き気」「冷や汗」などの症状が現れます。

この段階でたいていの人がとても辛くなり、早くバスから降りたくてたまらない気持になります。しかしそれでも我慢して乗り続けると症状は進行し、「嘔吐」します。飲食が原因で嘔吐する時と違い、乗り物酔いの場合はバスから降りなければ嘔吐が止まりません。

そして脱水症状にまで進行すると、病院で点滴などの治療を受ける事になります。このような乗り物酔いの症状の原因は、三半規管から脳に送られる情報と目で見る様子とのズレから起こる「自律神経の乱れ」です。

つまり、バスなどに乗っている時はシートベルトで体が固定されていますが、見ている景色は激しく動いています。そしてスピードの加速・減速や細かいカーブで体が動き、平衡感覚に関係する三半規管から脳に伝えられている情報と目から入る情報に食い違いが生じて脳が情報処理をしきれなくなります。

すると自律神経が乱れ、心臓や胃腸の症状や中枢神経への刺激症状が起こります。乗り物酔いをする人の中には、電車は大丈夫だけどバスはダメと言う人がいます。そしてバスに乗る事を極力避けるようにしますが、その必要はありません。

今まで諦めていたバス酔いは、実は少しの工夫で起こらなくなります。ここでその5つの方法を紹介します。



 

バスに酔いやすい人に
オススメしたい効果抜群のアドバイス

 

三半規管を鍛える


三半規管は鍛える事が出来ます。子供の時に三半規管が弱くて乗り物酔いをしやすくても大人になるにつれて酔わなくなるのは、子供の遊びの中に三半規管が鍛えられるものがあり自然に鍛えられていくのです。

三半規管は大人になってから鍛えても、全く手遅れではありません。方法は後ろ向き歩行や公園のブランコに乗る事、その場でぐるぐる回る事を少しずつ毎日行います。三半規管が強くなると、自律神経に与える影響が少なくなります。

 

酔い止めの薬を飲む


バスに酔いやすいとわかっていても酔い止め薬を飲まないで我慢しようとする人がいますが、事前に飲んでおくとバス酔いを防ぐ事が出来ます。酔い止めには抗ヒスタミン成分が含まれているものが多いので内服すると眠くなりますが、自律神経反射を抑制するので吐き気やめまいなどの症状が起こらなくなります。

酔い止めの効果を発揮させるためには、バスに乗る30分~1時間前までに内服を済ませましょう。そして「1日1回」と書いてある作用時間が長いタイプを選ぶと、効果が長く持続します。

 

空腹でバスに乗らない


乗り物酔いは、空腹の時に起こりやすい事がわかっています。吐くかもしれないと考えるとバスに乗る前に飲食をしたくないかもしれませんが、消化の良い物を軽くお腹に入れておくと酔いにくくなります。

乗っている最中にはアメやガムの摂取で血糖値を上げておくと脳の働きが良くなり、酔いの防止になります。そしてミントには吐き気を抑える働きがあり口の中もサッパリするので、タブレットを用意してこまめに摂取するといいでしょう。

 

十分な睡眠を取っておく


乗り物酔いは、三半規管の刺激によって起こった自律神経の乱れからの症状です。したがってバスなどに乗るときにすでに自律神経が乱れていたら、日頃は酔わない人でも酔いやすくなります。疲労の蓄積や睡眠不足は、自律神経を乱れさせます。

酔いやすい人は、乗り物に乗る前日は十分な睡眠を取っておくことが必要です。寝る前にぬるめのお風呂にゆっくり入ったり夕食を食べて少し時間をおいてから眠るようにすると、睡眠の質が良くなり自律神経のバランスが整います。

 

着心地の良い締め付けない服を選ぶ


きつめの服装や硬い生地の洋服などで体が窮屈になると、体全体が締め付けられて酔いやすくなります。ズボンのベルトをギュッと締めるのも、胃腸の動きを低下させて吐き気の原因になるので良くありません。

乗り物酔いをしやすい人はバスなどに乗る時は、ゆとりがある動きやすい服装を選びます。

 

以上、バスに酔いやすい人にオススメしたい効果抜群のアドバイスをお伝えしましたが、いかがでしたか。

乗り物酔いは、三半規管の影響による自律神経の乱れで現れる症状です。そして三半規管は、大人になってからでも鍛えると確実に強くなります。酔いやすいと感じている人は、日頃から後ろ向き歩行などで鍛えておくと、酔いにくい体に変わります。

また市販の酔い止めの薬は、予防だけでなくバスなどに酔ってから飲んでも症状を緩和させることが出来ます。酔うかもしれないと心配になる人は水なしで飲める物もあるので、酔い止め薬を持ち歩いていつでも飲めるようにしておくと安心です。

 

まとめ

バスに酔いやすい人にオススメしたい効果抜群のアドバイス

・ 三半規管を鍛える
・ 酔い止めの薬を飲む
・ 空腹でバスに乗らない
・ 十分な睡眠を取っておく
・ 着心地の良い締め付けない服を選ぶ