ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

あなたの片頭痛の原因はどれ?症状別痛みを和らげる方法

by ヘルスケアファクトリー

あなたの片頭痛の原因はどれ?症状別痛みを和らげる方法

若い女性に多いと言われている片頭痛。一般的な対処法として、頭痛薬を服用したり痛みがやわらぐまで横になり安静にするという対処をする方が多いと思います。

しかし、お薬が効かなかったり何年も悩まされているという方も多いですよね。そこで、自分の片頭痛の原因を知りお薬以外の方法でも片頭痛を楽にできる対処法についての情報をお知らせします。

対処の方法を覚えて、辛い片頭痛をスッキリさせましょう。



 

あなたの片頭痛の原因はどれ?
症状別痛みを和らげる方法

 

頭痛と片頭痛の違いは?


片頭痛は、頭痛のなかの一つの種類です。頭痛を大まかに分けると、一時的な頭痛、慢性的な頭痛、脳などの病気により起こる頭痛となります。

一時的な頭痛は、風邪をひいて発熱したりお酒の飲み過ぎや二日酔いによって起こる要因のハッキリしている頭痛です。

熱が引いたり身体からアルコールが抜ければ解消する、といったように頭痛の元となった要因がなくなれば、頭痛も解消されます。

慢性的な頭痛は、頭痛の要因や病気がなく繰り返し起こるものです。

・片頭痛、緊張型頭痛
頭全体に鈍い痛みが持続的にあり、ストレスや肩こりなどの原因により起こることが多い。

・群発頭痛
男性に多く、頭の片側や目の奥に激しい痛みが群発的に起こるに分類されます。

脳などの病気により起こる頭痛は、まさしく脳に何か病気があるために起こる頭痛で激しい痛みを伴うものが多く、すぐに治療を必要とするものです。

頭痛を分類するとこのようになります。片頭痛は慢性的な頭痛に分類されますね。

 

片頭痛の特徴と症状は?


片頭痛は、頭痛の一種で慢性的な頭痛に分類され痛みとなる要因や病気がなく、繰り返し起こるという特徴をもっています。そしてよくある症状が下記のようなもので、片頭痛を他の頭痛と区別することができます。

①頭の片側、もしくは両こめみにズキンズキンと脈を打つような痛みがある
②動くと痛みが強くなる
③吐き気、光や音に敏感になる
④痛みが長く続く
⑤日常生活に支障が起こりやすい

症状により対処の方法がありますので、ここできちんと自分がどの頭痛なのか区別しましょう。

 

片頭痛の原因は?


片頭痛の原因はっきりしていませんが、誘因となるものは分かってきており、大まかに4つに分けることができます。

精神的な誘因
ストレスを多く抱えている、心配事がある、睡眠不足、睡眠過多、疲れが溜まっているなど
内因的な誘因
月経周期(ホルモンバランス)
環境による誘因
お天気の変化、気圧、暑さ、寒さ、季節の変わり目、人ごみなど
食生活による誘因
空腹、満腹、お酒の摂取、コーヒーの摂取など

これらの誘因から症状への対処法をお伝えします。

 

痛みには基本痛み止めを使う


痛みの対処は基本痛み止めを使用することがほとんどです。頭痛薬は市販薬から処方薬まで、さまざまいろいろな種類のものがありますが、選び方のポイントとしていかに自分に合った頭痛薬を選ぶかが重要です。

片頭痛のあるかたは、特定の状況で頭痛が起こるということを自覚していることが多いと思いますので、自分に合ったお薬を探し当てるために、下記の様なデータを取っておきましょう。

・いつ(どのようなときに)頭痛が起こることが多いか
・どのような痛み方か
・痛みはどのくらいの強さか
・痛みはどのくらいの時間続くか
・片頭痛の誘因があったか
・頭痛によりなにか生活に支障があったか

このデータに基づき、医師や薬剤師と相談してお薬を選択すると、自分の現状に合った、効き目のあるお薬を選択しやすくなります。

 

動くと痛みは強くなる?


片頭痛は、何らかの誘因によってこめかみ部分の血管が刺激されて広がり、脳の神経が押されて痛みとなったり、何らかの誘因によってこめかみ部分の血管が刺激された事により、脳の神経も刺激されて症状が出現する状態です。

このため、動いたり温めたり揉んだりすると余計に血管が広がってしまい、痛みが強くなってしまうことがあります。対処法としては、
・頭を冷やす
・動き回らず、やや暗く涼しい静かな場所で横になり安静にする

 

吐き気、光や音に敏感になる


片頭痛は、何らかの誘因によってこめかみ部分の血管が刺激されたことにより、脳の神経も刺激されて症状が出現する状態です。

神経が刺激されたことにより光を非常にまぶしく感じたり、臭いや音に過敏になるといった症状が出ることもあります。対処法としては下記となります。

・頭を冷やす
・刺激を避けた、やや暗く涼しい静かな場所で横になり安静にする

 

日常生活のなかでできる対処法


片頭痛に対しては、基本痛み止めを使用することになりますが、片頭痛の4つの誘因から考えると、日常生活を見直しをすることで片頭痛に対処できることがたくさんあります。

・適度な時間、質の良い睡眠をとる
・ストレスをため込まず発散する
・規則正しい生活をする
・日光をあびる
・適度な運動をして血行を良くする
・極端な暑さ、寒さを避け、衣服や環境を調節する
・3食きちんと摂るようにする
・バランスの良い食生活を心がけ、片頭痛の誘因となる刺激物を控える

ちょっとした日常生活の改善で、片頭痛の予防や対処ができてしまうんです。

 

日常生活への支障


片頭痛により日常生活へ支障をきたした場合、まず対処することは頭痛薬を使用する以外には安静にして様子をみるといった対症療法になります。

日常生活に支障が出る程までにならない様に、自分に合った頭痛薬をみつけ日常生活の改善で片頭痛を予防するといった方法が有効ではないかと思います。

 

以上、あなたの片頭痛の原因はどれ?症状別痛みを和らげる方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

片頭痛は4つの誘因から起こる慢性的な頭痛です。日常生活を見直しして予防したり、頭痛が起きた際の適切な服用と対処によって、痛みもグッと和らぐと思われます。

片頭痛による辛い痛みを和らげて、明るくスッキリした生活を送りましょう。

 

まとめ

あなたの片頭痛の原因はどれ?症状別痛みを和らげる方法

・ 頭痛と片頭痛の違いは?
・ 片頭痛の特徴と症状は?
・ 片頭痛の原因は?
・ 症状①痛みには基本痛み止めを使う
・ 症状②動くと痛みは強くなる?
・ 症状③吐き気、光や音に敏感になる
・ 症状④日常生活のなかでできる対処法
・ 症状⑤日常生活への支障