ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき5つの食材

インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき5つの食材

インフルエンザにかかると、普通のカゼ以上につらい症状が出ます。咳や鼻水で苦しいのはもちろんですが、体温は38℃以上の高熱が出たり、喉や身体中の関節の痛みが出てきたり、全身がだるくなったり、食欲がわかなかったりと苦しくつらい症状が1週間~10日間くらい続きます。

「身体に良い食べ物をしっかり食べて、インフルエンザをはやく治したい」と思う方は多いと思いますが、その反面「きちんと食べないといけないことはわかってはいるけど、食欲がわかないしあまり食べたくない」とインフルエンザ中に思う方も多いのではないでしょうか?

インフルエンザにかかってしまったので「食べたくないけど、食べなければ治らない」と頭ではわかっているけど身体が受け付けない方にとって必見の情報が今回のテーマです。

今回はインフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき5つの食材を紹介します。



 

インフルエンザ中の食事で
必ず取り入れるべき5つの食材

 

水分


水分を食材と言えるかどうかという点はありますが、インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき大切な食材の1つは水分です。水分が大切な理由の1つは、インフルエンザの症状の特徴の1つである体温が38℃以上と高熱になるため、汗をかくこともおおく、体内から水分が奪われやすい身体の状態になるからです。

体内から水分が奪われても水分補給しないと、身体の中に熱がこもるようになり高熱がなかなか下がらないことにもつながります。さらに水分が体内から不足すると脱水や他の感染症を引き起こす要因にもなり、インフルエンザ意外の病気で苦しみ体調の回復が遅れる危険性もあります。

また水分をこまめに摂取することは喉がうるおい、喉の痛みの軽減にもつながります。ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどを上手に活用し汗などで体内から排出されたミネラル分を補うように心がけると良いでしょう。

ただしスポーツドリンクは糖分も含んでいますので、糖分摂取オーバーにならないように薄めて摂取するようにすると良いでしょう。

 

ビタミン(マルチビタミンゼリーなど)


インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき食材としてマルチビタミンゼリーなどがお勧めです。インフルエンザは感染症でもあるので、体内に入った感染源のウィルスをやっつけるためにはビタミンの摂取も重要です。

健康な身体であれば野菜やフルーツなどを多く摂取してあらゆるビタミン群を摂取できるのですが、インフルエンザ中で健康なときよりも食欲がわかない場合は、マルチビタミンゼリーなどを食事に取り入れるのが効果的です。

マルチビタミンゼリーはあらゆるビタミン群を効果的に摂取することができるのに加えて、ゼリーだから水分補給も兼ねて摂取することができます。ドラッグストアの他、最近ではコンビニでも売っていますので、手軽に購入することができます。

 

ヨーグルト


インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき食材としてヨーグルトがあります。ヨーグルトもインフルエンザの症状をはやく回復させるための効果が期待できます。ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれており、腸内環境を整えるのに有効です。

腸内環境が整うと免疫力が高まるのでインフルエンザの症状からはやい体調回復が期待できます。またヨーグルトは関節炎などの症状を抑えることも期待できます。インフルエンザで高熱が出て身体中の関節が痛むときに、ヨーグルトの摂取によって関節の痛みが軽減される効果も期待できます。

ヨーグルは最近では様々な商品が販売されており、多く含まれている乳酸菌もそのヨーグルトによって違います。インフルエンザ中にお勧めのヨーグルトは「明治R-1ヨーグルト」です。

このヨーグルトに含まれている「ラクトバチルスブルガリクスOLL1073R-1」という乳酸菌がインフルエンザに対応する高い効果が期待できるからです。

 

りんご(りんご果汁100%ジュースでも可)


インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき食材としてりんごがあります。インフルエンザで普段より食欲がわかない場合は、りんご果汁100%ジュースでもかまいません。りんごの中にはりんごポリフェノールが多く含まれており、このりんごポリフェノールが感染症ウィルスに対して有効だと言われています。

インフルエンザも感染症の1つでウィルスが原因なので、りんごを効果的に摂取することでインフルエンザの症状をはやく回復させることが期待できます。

 

大根


インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき食材として大根も注目されています。大根は水分を多く含んでいるのに加えてミネラル分も多く含んでいますので、インフルエンザの高熱などで汗をかいた身体には水分補給ミネラル補給の点でも高い効果が期待できます。

また大根は身体を温める食材で殺菌作用もあるため、体内のインフルエンザウィルスをやっつける効果も期待できます。

 

いかがでしたか?

インフルエンザは、発症すると苦しくつらい症状が1週間~10日間ほど続くのでできるだけはやく治したいですよね。でも食欲がわかずに「はやく治したいのに治せない」とイライラすることもあるかと思います。

今回お伝えした、インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき5つの食材を取り入れていただくことで、インフルエンザの苦しくつらい症状に困っている方、インフルエンザをやく治したい方のお役に立てることを願っています。

 

まとめ

インフルエンザ中の食事で必ず取り入れるべき5つの食材

・ 水分
・ ビタミン(マルチビタミンゼリーなど)
・ ヨーグルト
・ りんご(りんご果汁100%ジュースでも可)
・ 大根