ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

インフルエンザ時の食事で回復を早める素敵な5つの食材

インフルエンザ時の食事で回復を早める素敵な5つの食材

インフルエンザにかかってしまった!という方はいませんか。インフルエンザは予防接種をしいても、型が違えばかかることがあります。また、家族1人がインフルエンザにかかると、家族中に伝染して全員がインフルエンザを発症ということも珍しくありません。

年が明けるとインフルエンザ流行というニュースがテレビから流れ始め、それとともに学校などの集団生活を余儀なくされるところでは、学級閉鎖や学校閉鎖などということにつながっています。このように流行するインフルエンザですが、たとえかかってしまっても早い回復力を持ってさえいれば怖がることはありません。

それも食事を工夫することで回復力を早めることができるのです。ここでは、回復力を早める食材を5つご紹介します。

どれも重要ですので、インフルエンザにかかってしまった人も、まだかかっていないがかかる可能性の高い人も、是非実践してみてください。



 

インフルエンザ時の食事で回復を早める素敵な5つの食材

 

水分補給をしてください


インフルエンザにかかると高熱や吐き気、下痢など体内から水分が排出されてしまいます。体内の水分が奪われ脱水状態になることも珍しくありません。ですからこまめに水分補給をするよう心がけてください。

一度にたくさんの水分を摂取するよりは、少なくても何回かに分けて摂取した方がよいとされています。少しずつゆっくりと摂取し、できるだけ体に負担をかけないような飲料を選んでください。糖分の多い飲料や炭酸飲料、コーヒーなどは消化管を刺激します。

そのため、吐き気や下痢がひどくなることも考えられますので注意が必要です。吐き気や下痢がひどいと体内の電解質が乱れるため、経口補水液などの体内水分質にできるだけ近いものを選ぶといいでしょう。

 

消化の良いものを摂取してください


インフルエンザにかかると消化機能が低下し、下痢や吐き気、胃痛、胸やけなどを引き起こします。食事はこれらをひどくさせないような、刺激の少ない食事をすることが大切です。食事をすることができてもこれらの症状がひどくなるようでは、食欲減退につながり回復力を弱めてしまいます。

なかなか復活できず気持ちばかり焦ってしまうということにならないよう、体への刺激が少ない消化のいいお粥やうどん、野菜を煮込んだスープなど、食べられるものから少しづつ摂取してください。一度にたくさん摂取すると、刺激となり症状悪化する可能性もありますので注意して下さい。

また、食事の臭いが刺激となり吐き気が出ることもありますので、体の状態を見極めながら食事を摂ることも大切です。

 

喉越しのいいものを摂取してください


高熱で食事が入っていかない、喉が腫れているので食事が通らないという時は、喉越しのいい食材を選んでください。ヨーグルトやプリン、ゼリー、フルーツなどで、ツルッと入っていくものがおすすめです。また、ゼラチンや寒天を上手に利用して、細かい食材を包み込むようにすると食べやすくなります。

ただし、消化機能も低下していますので刺激物は避けて下さい。ヨーグルトなどの乳製品は胃腸を刺激するだけでなく、処方薬との飲み合わせの悪い場合もありますので医師や薬剤師に相談することも大切です。

 

免疫力を高める食材を摂取してください


免疫力が弱まっていると回復に時間がかかります。免疫力を高め、回復を早められる食材を摂るようにしてください。ビタミンやミネラルなどは免疫力を高める効果がありますので、野菜やきのこなどをよく煮込んだスープがおすすめです。その際にネギや生姜などを少し加えると胃が温まり、体全体の発汗にもつながります。

消化吸収の良い食材を率先して摂取し、免疫力を高めるよう工夫しましょう。脂質や糖質の多い食事は消化吸収が悪く、体を冷やし、免疫力を高める食材とはいえません。ですから、これらはできるだけ避け、回復力を早めることを念頭においた食事をすることが大切です。

 

カテキンの作用を利用しましょう


緑茶に含まれるカテキンは抗酸化作用、抗菌抗ウイルス作用があると言われています。緑茶を少しずつ摂取したり、緑茶でうがいをすることで喉や口腔内を殺菌することができます。ただし、余りにも濃い緑茶や熱いお茶は、胃腸の刺激となりますし火傷の恐れもあります。

適度な濃さかどうか、適度な温かさかどうかを確かめてから、口に含むようにしてください。またお茶にはカフェインが入っていますので、覚醒作用から眠れないということにつながることも考えられます。適量を考え、飲み過ぎないよう注意することも必要です。

 

いかがでしたか?

インフルエンザは誰もがかかる可能性があるものですが、小児やお年寄りなど体力がない人がかかると重症化しやすいというのも特徴です。肺炎や脳症、長引く入院になる可能性がある事も記憶する必要があります。しかし、回復力を早めることができれば、それほど重症化せずに済むということもわかっています。

回復力を早める食材を積極的に摂取し、できるだけ早い復活を遂げられるようにしてください。

 

まとめ

インフルエンザ時の食事で回復を早める素敵な5つの食材

・ 水分補給をしてください
・ 消化の良いものを摂取してください
・ 喉越しのいいものを摂取してください
・ 免疫力を高める食材を摂取してください
・ カテキンの作用を利用しましょう