ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

男性ホルモンを減らすことで得られる効果とその方法

男性ホルモンを減らすことで得られる効果とその方法

男性ホルモンの分泌をコントロールすることができれば自分の悩みが少しは解消できる、と思っている方はいませんか。また、男性ホルモンを減らすことで実際どのような効果を期待することができるのか、と悩んでいる方はいませんか。

男性ホルモンは男性らしい体を作る大切なホルモンで、筋肉のあるたくましい体、男性の象徴であるヒゲ、などは男性ホルモンがあってこその特徴です。その一方で、薄毛や脱毛など、多くの人の悩みとなっている症状も男性ホルモンによるものと考えられています。

ここでは多くの人の悩みとなっている症状、男性ホルモンによる症状を取り上げます。男性ホルモンを減らすことで得られる効果とその方法がわかれば、多くの人の悩みも解消されるはずです。方法は5つご紹介しますので、できるところから実践されることをお勧めします。



 

男性ホルモンを減らすことで
得られる効果とその方法

 

薄毛や脱毛


薄毛や脱毛で悩んでいる方が大勢いると思われます。薄毛や脱毛は男性ホルモンと深い関係があり、男性ホルモンの”テストステロン”がDHT”ジヒドロテストステロン”に作られ、DHT”ジヒドロテストステロン”の濃度が高まると薄毛や脱毛につながると言われています。

”テストステロン”から”ジヒドロテストステロン”へは、5αー還元酵素によって作られています。薄毛や脱毛を減らすためには、”ジヒドロテストステロン”の生成が抑制されればよいということ、”ジヒドロテストステロン”の濃度が低くなればよいということが言えます。

 

亜鉛とビタミンB6


亜鉛は髪の毛を生成する大切な栄養素であり、亜鉛の吸収をアップさせるためにビタミンB6が必要となってきます。亜鉛は髪の毛を生成するだけでなく、”ジヒドロテストステロン”に関与する酵素、5αー還元酵素を抑制する働きもあります。

亜鉛を積極的に摂取することで、髪の毛の生成を促し、かつ抜け毛に関係する酵素の抑制に役立つ、両方に影響を与えることができるのです。亜鉛は牡蠣や煮干し、いわしなどに多く含まれており、日常の生活で頻繁に摂取しない食品です。

しかし亜鉛と抜け毛の関係を考えれば、摂取しないわけにはいきません。またせっかく摂取するのですからビタミンB6と一緒に摂取し、亜鉛の効果を最大限に引き出すことを考えましょう。ビタミンB6は肉類やマグロ、ナッツなどに含まれ、代謝促進や脂分コントロール効果を期待することもできます。

頭皮の新陳代謝や乾燥、脂分の維持などにも貢献してくれます。

 

大豆食品


大豆食品を摂取することで、5αー還元酵素を阻害するということがわかっています。”ジヒドロテストステロン”を作る酵素を阻害することができれば、”ジヒドロテストステロン”の生成も抑えられ、薄毛や抜け毛に効果があると言えます。

大豆食品として代表的なものは、納豆や豆腐、きなこ、味噌、豆乳などが挙げられ、これらと一緒に緑茶を摂ると”ジヒドロテストステロン”が抑制されることもわかっています。しかし、この大豆製品と緑茶の組み合わせは、”テストステロン”をも減らしてしまい、男性らしい筋肉や骨格の成長に影響を及ぼし、また髪の毛を太くする効果にも影響します。

そのため大豆製品と緑茶の組み合わせには注意が必要になります。”テストステロン”を減らさず”ジヒドロテストステロン”だけを減らす効果を期待できる組み合わせ、大豆製品と紅茶がお勧めです。こちらであれば摂取量を気にすることなく、気軽に実践することができます。

 

運動


体を動かし新陳代謝をアップすることで”ジヒドロテストステロン”を排出させることができます。また血行がよくなり、ダイエット効果も期待できます。脂分や糖分などを燃焼し健康な体に近づくことができ、心もスッキリしストレスの解消にもつながります。

過剰なストレスは薄毛や脱毛を引き起こします。現代の生活はストレスとは切り離せない生活ですが、ストレスと上手に向き合い、上手に生活の中で解消させることが、とても重要なのです。

ストレス解消のために運動を取り入れる、またリラックスするために趣味や特技の時間を設ける、好きな音楽を聴く、毎日湯船にゆっくりと浸かるなど、できることから実践することが大切です。

ただし、無理にリラックスしようとしてはいけません。時間がなければ深呼吸するだけでも違います。負担がかかるようなことはかえってストレスとなりますから、無理をせず楽しく簡単に実践できることだけに絞ってください。

 

喫煙・飲酒・ストレス


喫煙や飲酒・ストレスは必要以上に亜鉛を消費してしまいます。そのため髪の毛の大切な栄養素である亜鉛が減少し、亜鉛が髪の毛に行き届かないという事態が起きてしまうのです。喫煙や飲酒はできるだけしない、ストレスを溜めないという生活を送ることが大切です。

規則正しい生活を送ることを心がけ、毎日睡眠を十分に摂る、質のいい睡眠を摂ることも重要になってきます。深夜12時前にベッドに入る、湯船に浸かり一日の疲れを取り除きリラックスした状態でベッドに入る、清潔な寝具を利用する、寝る前のパソコンやスマホは避けるなど、生活を見直すことから始めてください。

 

いかがでしたか?

男性ホルモンと薄毛や脱毛の関係がおわかり頂けたのではないでしょうか。薄毛や脱毛には”ジヒドロテストステロン”、5αー還元酵素の両方が関与していることもおわかり頂けたことでしょう。

食事や運動などできることから実践し、その効果を最大限に引き出すため日常生活を見直すことも大切です。無理をせず、ストレスにならない程度に、生活を改善することから始めてみてください。

 

まとめ

男性ホルモンを減らすことで得られる効果とその方法

・ 薄毛や脱毛
・ 亜鉛とビタミンB6
・ 大豆食品
・ 運動
・ 喫煙・飲酒・ストレス