ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

男性ホルモンを減らす驚きの5つの行動

男性ホルモンを減らす驚きの5つの行動

男性ホルモンは骨格や筋肉をたくましくさせたり、ひげや体毛が生える要因となって男らしさを作る上では大切なホルモンです。

その一方男性ホルモンが増えるとハゲを助長する要因にもなると言われており、男性ホルモンを減らしたくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?今回は男性ホルモンを減らす驚きの5つの行動を紹介します。



 

男性ホルモンを減らす
驚きの5つの行動

 

怒ったり興奮しないようにする


怒ったり怒りを爆発させることはある意味男らしい行動とも言えますが、男性ホルモンの分泌を助長します。イライラしたり怒りたくなったときはできるだけ気持ちを落ち着けるように行動しましょう。

深呼吸をしたり、リラックスできるような飲み物を摂取すると良いでしょう。タバコで気持ちを落ち着けたい方もいるかもしれませんが、タバコは健康上の理由やタバコを吸う行為そのものが本来男らしくみえるため男性ホルモンの分泌を助長する可能性があるためお勧めできません。

また趣味や興味関心のあることに取り組んでいたり関わっていたりして気分が高揚してくると男性ホルモンの分泌が助長されます。

趣味や興味関心のあることにのめりこむことは熱中することがあり良いことのように思えますが、男性ホルモンを減らすという点では反対の行動になるため、趣味や興味関心のあることに熱中してのめりこみそうなときは深呼吸をするなどして少し気持ちを落ち着けて取り組んだり関わったりするように行動するとよいでしょう。

 

大豆製品を摂取する。


食生活においては、最近で言う“肉食系男子”になると男性ホルモンの分泌が助長されます。男性ホルモンを減らすという点では“草食系男子”になる方が男性ホルモンを減らすことができます。

脂分の多い肉類、ラーメン、スナック菓子といった食べ物は控えるようにして野菜類を多く摂取するように行動するとよいでしょう。特に大豆製品を効果的に摂取することがお勧めです。

大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンの分泌を促す作用があります。大豆イソフラボン自体には直接男性ホルモンを減らす効果はありませんが、ホルモンは相互にバランスを取っているため、女性ホルモンの分泌が増えることで、体内ではホルモンバランスをとるために男性ホルモンの分泌が減ることが期待できます。

男性独り暮らしで大豆製品が上手に食生活に取り入れることが難しい場合は豆乳などで摂取することをお勧めします。

 

性行為を減らす。


性行為によって男性はより男らしい本能を発揮します。ある意味動物が本来もつオスとしての本能が現れる場面とも言えます。しかし性行為は男性ホルモンを増やす行為になり、男性ホルモンを減らす行動とは反対の行動と言えます。

男性ホルモンは睾丸と副腎から分泌されますので、性行為によって生殖器が刺激されると男性ホルモンの分泌は増加してしまいます。男性ホルモンを減らすという点では性行為を減らすことが、男性ホルモンを減らす行動と言えます。

男性ホルモンを減らしたい時期などがあればその期間だけは性行為を控えるように工夫するようにしましょう。

 

適度にストレスのある環境に身を置く。


ストレスの多い環境と聞くと心身にはとても悪いように聞こえるかもしれません。しかし男性ホルモンを減らす行動という視点からは、ストレスの多い環境に身を置くことはホルモンの分泌量のバランスが崩れるので、結果的に男性ホルモンの分泌が減ることが期待できます。

ただしストレスが過剰になりすぎると、ストレス過剰から薄毛やハゲ(脱毛症など)をを引き起こす可能性もあります。またストレスが過剰になりすぎると食生活が乱れたり病気を引き起こしたりと心身とも別の意味で生活上のリスクが高まります。

ストレスのある環境に身を置いて男性ホルモンを減らそうとする場合は、過剰なストレス環境は避け適度なストレス環境を選ぶようにする方がよいでしょう。

 

睡眠時間を短時間にする。


睡眠時間を短時間にするという方法は、健康上の視点からは積極的にお勧めできる方法とは言えませんが、男性ホルモンを減らすという視点だけで考えれば男性ホルモンを減らす行動と言うことができます。

ホルモンの分泌は睡眠中が多くなる傾向にあるので、睡眠時間が長く睡眠の質が良い程ホルモンは良好に分泌されます。その反対に睡眠時間を短時間にしてかつ質の良くない睡眠をとることはホルモンの分泌が減るので結果的には男性ホルモンを減らす行動と言うことができます。

ただし睡眠時間が極端に少なり日中もしつこい眠気をともなう程の睡眠不足はイライラして怒りっぽくなる原因になったり、過剰なストレスに結びついたり、過剰なストレスから食生活が乱れたりして、そこから病気などの健康上の被害や薄毛やハゲ(脱毛症など)になる可能性でてきおます。

睡眠時間を短時間にする場合はひどい睡眠不足にならない程度にすることをお勧めします。連日の徹夜などは避けるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

今回お伝えした、男性ホルモンを減らす驚きの5つの行動を試してみると、男性ホルモンを効果的に減らすことができます。この記事が「自分は男性ホルモンの分泌が多いのでは?」と悩んでいる皆さまのお役に立てることを願っています。

 

まとめ

男性ホルモンを減らす驚きの5つの行動

・ 怒ったり興奮しないようにする
・ 大豆製品を摂取する。
・ 性行為を減らす。
・ 適度にストレスのある環境に身を置く。
・ 睡眠時間を短時間にする。