ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方

痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方

耳が痛いという事を経験したことはありますか。耳の中ではなく、耳たぶが痛いという経験です。普段、耳たぶにあまり関心はないと思いますが、痛みが生じれば触ったり、引っ張ったり、鏡で見たり、のぞき込んだりと、何度も何度も耳たぶを見るはずです。

こんなに耳たぶを見たのは初めてという人もいることでしょう。また女性が耳たぶの痛みを感じる時は、イヤリングをきつく締め過ぎたという時です。

イヤリングの耳へのくいこみが大きく、耳がちぎれてしまいそうになるくらい痛いという経験はしたことがあるかもしれません。今ここでいう耳の痛みは、じんわりとしたゆっくりとした痛みのことです。

鈍痛ほどの痛みでもない、しかし何となく痛いという痛みです。ここでは痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方についてご紹介します。

5つご紹介しますので、参考にしてください。



 

痛みが生じる耳たぶにできた
しこりの原因と治し方

 

粉瘤かもしれません


耳たぶにできたしこりは粉瘤と呼ばれる腫瘍であることが多いと言われています。粉瘤とは脂肪など老廃物が皮膚の中にたまることで、これが皮膚の袋の中に入ると痛みが生じるのです。

通常は脂肪など老廃物は剥がれ落ちてしまうため、皮膚の中に溜まるという事はありません。しかし、まれに皮膚の中に溜まることがあり痛みを生じるのです。

この痛みとしこりは特別体に害があるものではないため、放っておいてよい、そのままでいいという医師も多くいます。また、皮膚の袋に入った老廃物を取り除くには手術が必要になるので、そんなリスクを冒してまでしこりを摂る必要があるのかどうか、ということになるのです。

ただし痛みが徐々に強くなってきたり、しこりが見る見る大きくなってきたという時は、医師の診察をうけ適切な処置を施してもらう必要があります。

 

痛風によるものかもしれません


痛風は血液中の尿酸値が高くなった状態で生じる発作です。血液中の尿酸値が高い状態が長くつづくと、尿酸が結晶化し皮下組織に溜まります。

これがしこりとなるのですが、痛風のしこりは、多くは手や足の関節やその周辺、骨に集まりやすく、場合によっては耳たぶに生じることもあります。

耳たぶに痛風のしこりが生じている場合は、耳たぶ以外のどこかに、結晶化したしこりができているもので、耳たぶだけに結晶化が見られるという事はあまり多いことではありません。

 

バランスのいい食事を摂りましょう


しこりは老廃物であったり尿酸が結晶化したものであったりと、食事と大きく関係があります。野菜や海藻などのアルカリ性食品を積極的に摂取すること、脂肪分の少ない食事を摂取すること、塩分は控えめにすることなど体にいい食材を選び、出来るだけ体に負担をかけないような食事をすることが大切です。

好みの食事や食材だけに偏ることはせず、満遍なく様々な食品を摂ることを心がけましょう。また、1日3食の規則正しい食事ができるよう普段の生活を見直すことも大切です。

夜の食事に重点が置かれると、どうしても食べ過ぎやカロリーの摂り過ぎとなる傾向が強いので、朝に重点を置くことが理想となります。

 

運動をしましょう


日常の生活の中に運動を取り入れることが大切です。運動により血液の流れは良くなりますので、しこりはできづらいですし、例えできたとしてもそれほど重要視しなくてもいい状態にできる、と考えられます。

運動は、例えばウォーキング、水泳、サイクリング、サラリーマンであれば毎日隣の駅まで歩くなど、できることから挑戦することが必要です。

無理に目標を高く設定したり、運動をすることがストレスになるようでは逆効果です。あくまでも、健康維持のためストレス発散のために、運動を取り入れることが大切なのです。

 

水分を摂りましょう


老廃物や尿酸は尿から排泄されるため、尿量を増やすことが大切です。水分をこまめに摂取し、どんどん尿として出すという事を実践する必要があります。

水分は水や緑茶、ウーロン茶などがおすすめです。甘いジュースやスポーツドリンクは糖分の摂り過ぎになることも多くオススメはできません。

また、ビールなどのアルコールもオススメしません。アルコールには尿酸値を上げる作用がありますので、尿量を増やしたとしても尿酸をも増やしてしまうのです。

水分は一度に大量摂取するのではなく、少しづつでもこまめに摂取することが大切で、尿量を増やすことに意味があるのです。

 

以上、痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方をお伝えしましたが、いかがでしたか。

耳のしこりは、多くの人が気づかずに見過ごしているかもしれません。痛みが生じて初めて耳のしこりに気づくひとも多いことでしょう。

そして気になりだすとずっと気になってしまい、何度も何度もしこりを確認、手でいじくり回すこともあるかもしれません。しかし、いじれば炎症が起き、細菌が入りこむ可能性もありますので、いじらない、気にしない事が大切と言えます。

また、しこりは老廃物ですので、食習慣に気を付け、適度な運動を取り入れることが大切です。できるだけ油分の少ない食事を心がける、野菜やキノコ、海藻などを積極的に摂るよう工夫することが大切です。

 

まとめ

痛みが生じる耳たぶにできたしこりの原因と治し方

・ 粉瘤かもしれません
・ 痛風によるものかもしれません
・ バランスのいい食事を摂りましょう
・ 運動をしましょう
・ 水分を摂りましょう