ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

不眠に効くツボを刺激して今日から安眠できる5つの方法

不眠に効くツボを刺激して今日から安眠できる5つの方法

疲れているのに眠れない。ちょっと○○をしたら目が冴えて眠れなくなってしまった。そんな辛い不眠症。なるべくならクスリに頼らず不眠を解消するには、なんとツボが効くんです。

睡眠不足は、疲れが取れないだけでなく、健康も害します。今回は不眠に効くツボを刺激して安眠する方法をまとめてみました。



 

不眠に効くツボを刺激して
今日から安眠できる5つの方法

 

睡眠の大切さ


私たち日本人の睡眠時間は年々減っているといわれています。睡眠の大切さは、身体や脳の疲れを取るためにとても有効なのは多くの人は知っているでしょう。

身体の疲れを取ることも大切ですが、脳の疲れを取ることはとても重要です。身体を休めている時でも、脳はいつもフル回転で色々なことを考えています。

脳の疲れが蓄積していくと「うつ病」や「不眠症」など、ストレスからくる病気を引き起こします。また睡眠中、人は「成長ホルモン」を分泌します。

それは子供だけでなく大人にも大切なホルモンで、自然治癒力を高めアンチエイジングにも役立ちます。

 

不眠ってどこから不眠なの?


「不眠症」とはよく聞く言葉ですが、ひと口に「不眠症」と言ってもどこからが不眠症なのでしょうか。実は不眠症にはいくつか種類があります。

「入眠困難」 ベッドに入ってもなかなか寝付けない場合
「中途覚醒」 一度眠りに入っても、夜中に何度も目が覚める場合
「早朝覚醒」 朝起きたい時間よりもかなり早くに目覚めてしまい、その後眠れない場合
「熟睡障害」 眠りが浅く、よく寝たつもりでも熟睡した感じがあまりない場合

一つだけ当てはまっても、複数当てはまっても自律神経のバランスが崩れていて、常に「交感神経」が活発な状態になっている「不眠症」といえるでしょう。

 

ツボは東洋医学


「ツボ」とは東洋医学で「経穴」と言います。東洋医学では、身体の巡りがとても大切とされています。巡りとはエネルギーと血液が循環することで、その巡りの道を経絡と言います。

経絡という道の主要な場所に経穴があります。この経穴によい気が集まり、また悪いものも集まりやすいので、経穴を刺激して治療していきます。経穴は体中にたくさんあります。

神経や血管、筋肉 内臓に反射し医学的関連があるのでWHOでも認められている治療法です。神経や内臓に反射するため、触ってはいけない経穴もあります。

 

不眠に効くツボ


まずはその名の通り「安眠」というツボです。耳の後ろの下に尖っている骨から約指1本分下が「安眠」というツボです。ここを押して硬かったり痛みを感じると睡眠障害の可能性があります。

次は「完骨」です。このツボは不眠症に1番効くともいわれています。耳の後ろの膨らんでいる部分から1cmほど下に行き、内側にずれた髪の毛の生え際のへこんでる部分です。

副交感神経を活発にし、血液の循環を良くします。「神門」というツボは耳の内側 上の方のくぼみにあります。精神の安定とストレスを緩和させると言われています。

耳周りばかりではなく、手のひらにも不眠に効くツボはあります。手のひら中央にある「心包区」というツボです。足のかかとの中央には「失眠」。

足の裏の人差し指から真っすぐ降りてきてへこむ場所は「勇泉」 頭のてっぺんの少し柔らかい場所「百会」とまだまだ不眠に効くツボはたくさんあります。

ツボの押し方はゆっくりと5秒くらいかけて押していき、また5秒くらいかけて力を抜いていきます。痛い場合は無理をせず 「痛気持ちいい」くらいの力加減でやめましょう。

 

不眠を解消するには


ツボを刺激することは、とても有効な方法です。ではその他に普段から簡単に出来る不眠予防ってなんでしょう。まずは寝る前に過剰なカフェインやアルコールは摂らないことです。

最近は寝る前の少しのアルコールは不眠にはいいとも言われています。ベッドに入ってからのスマホをいじるのもよくありません。スマホの画面の光が良くないと言われています。

遅い時間の激しい運動や食事もよくありません。交感神経が活発になり睡眠の妨げになってしまいます。お風呂は寝る前にぬるめのお湯にしっかり浸かって、上がった後は軽くストレッチをしましょう。

ストレッチの時にツボを押すと効果的ですね。寝るときは部屋を暗くして、テレビの付けっぱなしはやめましょう。アロマが好きな人は「ラベンダー」や「カモミール」の香りを楽しむのも自律神経が整えられるので、とてもいいですよ。

 

以上、不眠に効くツボを刺激して今日から安眠できる5つの方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

人によって十分な睡眠時間は違います。例え短時間でも質の良い睡眠をとることが身体の健康にも 心の健康にもとても大切です。ツボは割と誰でも気軽に取り入れられる治療法なので、ぜひ実践してみてください。

お風呂上りなど、時間を決めなくても手軽に出来るのがツボ押しです。ご紹介したツボの中には「不眠」だけでなく、肩こりや頭痛など他の辛い症状にも効くものもあるので、今からさっそくツボを刺激して「痛気持ちいい」快感を楽しんでください。

そして少しでもよい睡眠が出来ますように。

 

まとめ

不眠に効くツボを刺激して今日から安眠できる5つの方法

・ 睡眠の大切さ
・ 不眠ってどこから不眠なの?
・ ツボは東洋医学
・ 不眠に効くツボ
・ 不眠を解消するには