ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

原因不明で膝が痛いと感じたら疑った方が良い5つの病気

by ヘルスケアファクトリー

原因不明で膝が痛いと感じたら疑った方が良い5つの病気

膝は、言うまでもなく歩行の時に体重を支えてくれる重要な関節です。それだけに、体の中で最も痛めやすい関節とも言われています。スポーツを頑張りすぎて膝が痛い、あるいは長距離を歩いたから、一日中立ち続けたから膝が痛い…こういった症状は多くの人が経験しているでしょう。

しかし、これといった原因に思い当たらないのに膝が痛いと感じたことはありませんか?それは、加齢や生活習慣から膝に痛みが出るようになってしまったのかもしれませんし、何らかの病気の症状であることも考えられます。

今回は原因不明で膝が痛いときに、疑った方が良い病気について紹介します。



 

原因不明で膝が痛いと感じたら
疑った方が良い5つの病気

 

変形性膝関節症


変形性膝関節症は中高年の女性に多く、患者数は3000万人とも言われています。膝関節の軟骨がすり減り、動かしたときの衝撃を吸収できなくなるため、痛みが出たり、水がたまったりするようになるのです。

主な原因は加齢や肥満です。立ち上がったり歩き始めたりといった動作の最初に痛みが出る場合は、変形性膝関節症を疑ってみましょう。悪化すると横になっていても痛みを感じるようになってしまいます。

軟骨は、すり減ってしまうと自然に元に戻るという事が無いため、最悪の場合は人工関節にしなくてはなりません。そうならないために、早めの予防が必要です。日ごろから体を動かして、膝まわりの筋肉を鍛えたり、太りすぎであれば減量をしたりしましょう。

また、正座など膝に負担をかける姿勢を極力減らすことも予防につながります。

 

突発性骨壊死


血行障害により膝関節の一部が壊死し、痛みが出る病気です。こちらも中高年の女性に多く、変形性膝関節症と区別が難しいと言われます。違いは、「寝ている間に痛みがあるか」どうか。突発性骨壊死の場合は、夜間寝ている間に激しい痛みに襲われます。

特に症状の出始めに痛みが強く、しばらくすると痛みは続くもののやや収まったように感じてきます。しかし、それで治ったというわけでありません。放置していると、壊死した骨の部分が陥没してしまいますので、必ず病院を受診するようにしてください。

突発性骨壊死は早期発見が重要なのですが、初期はX線では発見されにくいといわれます。他の症状にも言えることですが、X線で異常が見つからなかったのに痛みが続く場合は、MRIでの検査を検討されることをお勧めします。

 

半月板損傷


膝の裏側に痛みを感じ、曲げ伸ばすときに違和感があるようであれば半月板損傷の可能性があります。スポーツもしていないのにまさか、と思うかもしれません。しかし、半月板は年齢とともに弱くなっていますので、中高年であれば外部からのちょっとした刺激でも損傷につながるのです。

歩いていて急に立ち止まったり、少しの段差を飛び越えたりといった動作に心当たりはありませんか?半月板は自然に元に戻るという事はありません。症状が重い場合には歩けないほどの痛みが出たり、膝が全く動かなくなったりすることもあります。

最悪の場合は手術することもありますが、その場合も若い人と高齢者では方針が違ってくるので、早めに病院を受診することをお勧めします。

 

偽痛風


ぎつうふう、と読みます。体の中に蓄積した尿酸の結晶が関節炎を起こすのが痛風ですが、偽痛風は尿酸以外の結晶が原因で起こる関節炎の総称で、代謝機能が落ちてくる中高年に多いのが特徴です。

足の親指に痛みが出る痛風に比べて、偽痛風は膝に症状が出やすいとされます。偽痛風はあまり重症化することが無く、痛みが出ても数日で収まることも多いので、治療は鎮痛薬などの対症療法が中心になります。

ただ、痛風との一番の違いは生活習慣が原因ではないのでこれといった予防方法がないというところ。また、前兆が無く本当に突然痛みに襲われます。痛みが出たら我慢しないで病院にかかるようにしましょう。

 

関節リウマチ


リウマチは手足の指など小さな関節に起こると思われがちですが、膝に症状が出ることもあります。朝起きた時に関節に痛みやこわばりが出て、左右の関節が同時に痛むこともあります。関節がはれたり変形したりするほか、微熱や倦怠感など全身にも症状が出ます。

リウマチの原因は完全にわかっていませんが、治療法は年々進歩しています。病院に行き適切な治療とリハビリを行うことで、症状をコントロールすることが出来るようになっているのです。

 

以上、原因不明で膝が痛いと感じたら疑った方が良い5つの病気をお伝えしましたが、いかがでしたか。

いくつになっても自分の足で行きたいところに行くというのは、健康長寿の秘訣です。そのためにも膝の痛みや違和感は、症状が小さいうちに解決したいですよね。高齢者にとっては若い頃とは違う思わぬ原因から痛みにつながっていることがありますから、しっかりと知識を付け、予防に繋げたいものです。

また、今回ご紹介した以外にも、膠原病や繊維筋痛症など、膝に痛みが出ることがある難病があります。体のサインを見逃すことなく、少しでもいつもと違うなと感じたら、専門医に相談をして早期発見、早期治療に繋げましょう。

 

まとめ

原因不明で膝が痛いと感じたら疑った方が良い5つの病気

・ 変形性膝関節症
・ 突発性骨壊死
・ 半月板損傷
・ 偽痛風
・ 関節リウマチ