ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

腎臓からの緊急サイン!!腰痛を和らげる7つの方法

腎臓からの緊急サイン!!腰痛を和らげる7つの方法
腰痛と聞くと、関節や骨に問題があるのかと思い整骨院やマッサージに行かれる方が多いようですね。実は、腰痛は骨や関節に起因したものだけでなく、内臓に起因しているものもあるんです。どの内臓に原因があるかと言えば、その多くは腎臓です。

本来、腎臓というのは腰の少し上くらいにあるのですが、固定されていないので腎臓がどんどん下に下がる腎下垂という状態があります。この状態になると腰やわき腹に鈍い痛みを感じることが多いのです。腎臓は一度機能が落ちるとその機能を取り戻すのが大変です。

腎下垂は機能自体は落ちていませんので、腰痛が現れた時点でしっかりとケアすることが出来ればまだ遅くはありませんよ。



 

腎臓からの緊急サイン!!腰痛を和らげる7つの方法

 

食事に気をつける


体を作る栄養素の中でも特に重要なのが、タンパク質ですね。しかしながら、腎臓に起因した腰痛を持つ方は、このタンパク質の摂取に敏感にならなければなりません。タンパク質はその分解の過程で老廃物を排出します。その老廃物を処理するのが腎臓なので、タンパク質を取りすぎてしまうと腎臓に負担をかけて腰痛がひどくなってしまうのです。

ただ、タンパク質自体は体を作るのに必須なものなので、まったく取らないのは良くありません。そこで重要なのは良質のたんぱく質を適量取るということです。良質なタンパク質とは肉・タマゴ等です。加工食品は余計なものが混ざっているのでなるべくそのままの状態で取れるようにしましょう。

食事は腎臓起因の腰痛で最初に考えなければならない項目ですね。

 

睡眠を十分にとる


腰痛が出ているということは、基本的に炎症を起こしているので、腎臓の炎症を治めるためにも免疫力を取り戻すことは非常に大切です。免疫力を取り戻すためにはしっかりと睡眠をとることが非常に大切になってきます。腰痛がひどくなかなか眠りにつけなかったりするかもしれませんが、夜更かしをせずしっかりと眠りましょう。

腎臓のためにも少なくとも7時間は眠りたいですね。しっかり休むことで、腰痛だけでなく、他の疾患も改善する傾向にあるので進んで眠るようにしたいですね。

 

腹筋・背筋を鍛える


腎下垂の状態は、支えるものが無く腎臓がどんどん下に落ちてきている状態です。なので、しっかりと腎臓を支えることが出来れば腰痛も改善していくことでしょう。腎臓を支える筋肉とは腹筋と背筋です。まずは自分に出来る範囲で腹筋と背筋を鍛えてきましょう。

最初は、少しの回数しかなかなか出来ないかもしれませんが、そのうちにしっかりとした回数をこなせるようになってくると思います。また、腹筋と背筋を鍛える際には両方バランスよく行いましょう。どちらか一方だけだと姿勢が悪くなる原因になってしまいます。

 

適度に脂肪をつける


腎臓を支えるは筋肉だけではありません。あなたが極端に痩せすぎてしまっている場合は、脂肪を適度に付けていくことも必要になるかもしれません。腎臓の周りに脂肪があると、それだけで腎臓が下がりにくくなり腰痛を防ぐことが出来ます。脂肪は万病の元とされて悪者にされることが多いですが、実はこういうところで体を守ってくれていたのですね。ただ、太りすぎはまた別の意味で体によくありません。あなたが極端に痩せている場合は少し太る程度で丁度いいのです。

 

コルセットの利用


どうしても、腎臓が下がることによる腰痛が治まらないのならばコルセットを使用するのも一つの手かもしれません。コルセットは腎臓が下がるのを物理的に阻止してくれます。つけていると違和感があったり動き辛かったりするデメリットはありますが、腎下垂ならば劇的に効果があります。

ただし、まだ医師に見せておらず腎臓起因の腰痛かどうか分からない場合は、コルセットを装着するよりも先に、受診したほうが良いかもしれません。

 

ストレスを溜めない


先ほども述べたように、腎臓起因の腰痛の場合は腎臓が炎症を起こしている場合があります。その際は、免疫力を高めていくことが大切なのでストレスがある場合は、ストレスを発散させたり、ストレスの元を回避したりしましょう。もしも、あなたのストレスが職場にあるのならば思い切って仕事を休んでしまうのも良いかもしれませんね。

また、余りストレスがたまっているならば少量の飲酒なども良いでしょう。とにかく、精神的な疲労がたまらないようにすることが非常に重要です。自分にとって何がストレスであって、どうすればストレスの発散が出来るかを考えておくのは腎臓起因の腰痛を予防する上でも大切なことです。

 

適度に水分を取る


腎臓が炎症を起こすということは腎臓に老廃物がたまっている状態です。適度な水分を摂取することで、腎臓にたまった老廃物を洗い流すことができます。そうすると炎症も治まるので時期に腰痛も収まっていくことでしょう。

しかしながら、水分を取りすぎると腎臓に負担をかけることになってしまうので、あくまでも適度に水分を取るように心がけてください。

 

いかがでしたか?

一口に腰痛と言っても、この様に腎臓が原因で起こる腰痛もあります。腎臓の炎症鎮めるためにゆっくり休んだりストレスを解消したりするようにしましょう。また、たまった老廃物を洗い流すためにも水分を取ることは重要です。腹筋や背筋をつけたり脂肪をつけることで改善することもあります。

腰痛は体の中心が痛むので仕事もプライベートも活動するのが辛くなってきます。なるべく良い状態に保ちたいですね。

 

まとめ

腎臓からの緊急サイン!!腰痛を和らげる7つの方法

・ 食事に気をつける
・ 睡眠を十分にとる
・ 腹筋・背筋を鍛える
・ 適度に脂肪をつける
・ コルセットの利用
・ ストレスを溜めない
・ 適度に水分を取る