ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

突き指の腫れがひかない時に実行するべき処置方法

突き指の腫れがひかない時に実行するべき処置方法

突き指の腫れがひかない時、あなたは素早い処置ができますか?素早い処置ができるかどうかで、治療期間が大きく変わります。「突き指だから問題ない、大丈夫」と軽く考えて、放っておいてはいけません。

重大な損傷が隠れているかもしれません。たかが突き指、されど突き指。治療を長引かせない為に、突き指の腫れがひかないときの対処法を知っておきましょう。

ここでは腫れの原因と対処法を説明します。



 

突き指の腫れがひかない時に
実行するべき処置方法

 

突き指とは


突き指は日常よく見られる指の関節周辺のケガの総称で、骨折・脱臼・ねんざ・腱断裂などが含まれます。腱や靭帯が傷つけられると脱臼や関節の不安定な状態となり、骨が傷つけられると骨折、両者同時に傷つけられると脱臼骨折になります。

これらには痛みや腫れが生じ、症状の度合いが怪我の度合いの判断の目安になります。本人にしかわからない痛みの度合い、徐々にひどくなる腫れの度合いが、突き指の大きなシグナルなのです。

また、突き指は放置すると、最悪、指の変形や曲がりにくいなど関節機能障害をもたらすことがあります。後遺症を生じさせないためにも、早期に突き指のシグナルを察知し、適切な処置を行い、早期受診を心がけることが大切です。

 

突き指はどんな時に起こる?


指に対しまっすぐ・縦方向に外から力が働く(ボールなどが当たる)と、指の一番先端の骨や二番目の骨に損傷が生じます。突き指は傷口がないため、外から見ただけではわかりません。

本人にしかわからない痛みと損傷部の腫れ・出血部の色の変化が生じることでわかるのです。手を使うスポーツ・特に球技などで多くみられますが、仕事や日常生活、自宅でも起きる可能性があります。

「どこにでも突き指の危険は潜んでいる」ということを理解し、処置の方法を覚えておくと、いざという時に役に立ちます。

 

痛みと腫れの原因は?


まず、外から力を受けた指に痛みが生じます。これは筋肉が傷つけられたことが原因で、痛みは軽く痛む程度からジワーっと徐々に強くなり、ズキズキした痛みに変化し、次に腫れが生じます。

数分後には、指全体が腫れあがり、プクッとした指に変化します。これは衝撃により血管が破れ、内出血をおこした血液や炎症により、組織の損傷が生じた状態です。

毛細血管が切れ、血液が漏れ出し、内出血をおこすと出血部の色が赤から紫や黒に変化していきます。

 

まず損傷部分の特定


最初に損傷部分を特定します。腫れている箇所を注意深く、ゆっくりとピンポイントで押していき、通常、最も痛みが強いところが損傷箇所になります。

そして、指を休ませ安静を保つために競技を中断します。軽い突き指であれば競技を続けることもできますが、指を動かさず安静を保ち、アイシングの効果を最大限にひきだすことが重要です。

 

アイシングの効果


最も重要な処置がアイシングです。すぐに氷のうで損傷箇所をできるだけ長く、最低20~30分間は冷やします。小型の氷のうがあると便利です。細かく砕いた氷をビニール袋に入れ、水を少し入れるだけで簡単に作ることができます。

氷がなければ、水道水をかけ続けるだけでも効果はあります。水道水の温度は、夏場16~17度程度、冬場10度前後ですので、できれば10度以下で処置することをおすすめします。

アイシング処置により、血管の流れが鈍くなり、損傷箇所への過度な内出血を抑制することができます。一点に血液が集まりすぎると、周囲にある損傷していない元気な細胞まで死滅させてしまいます。

これは、血液が大量の酸素を必要とするので、元気な細胞から酸素を取り込み、酸欠の状態にしてしまうことが原因です。

 

損傷部分の固定


割り箸や添え木、テーピングなどをあて、損傷部分を圧迫した状態にし包帯などで固定します。ただし、十分なアイシング処置の後に行うことが大切です。

また、誤った固定は症状を悪化させることになりますので注意が必要です。

 

損傷部分は心臓より高く


手を心臓より高い位置で保持します。これは、損傷部分に集まる血流に抵抗を加えることが目的です。最後に、突き指は指を引っ張ってはいけません。これは危険な間違った行為です。

かえって靭帯や腱を痛める可能性があります。

 

いかがでしたか?

突き指は迅速な応急処置が出来るか否かで、治療期間が変わってきます。発症後1分以内に応急処置をスタートさせることが望ましく、内出血をいかに早く抑制できるかが重要です。

また、医療機関受診も早期受診がポイントです。早期であれば治療しやすく、後遺症も少なく済みます。医療機関は整形外科を受診しましょう。整骨院や接骨院ではレントゲンを撮ることが出来ません。

楽しいスポーツを後悔に変えないためにも、早期の適切な処置と早期の整形外科受診を心がけましょう。

 

まとめ

突き指の腫れがひかない時に実行するべき処置方法

・ 突き指とは
・ 突き指はどんな時に起こる?
・ 痛みと腫れの原因は?
・ まず損傷部分の特定
・ アイシングの効果
・ 損傷部分の固定
・ 損傷部分は心臓より高く