ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

不眠で悩んだらツボを刺激して快適に朝を迎える5つの方法

不眠で悩んだらツボを刺激して快適に朝を迎える5つの方法

毎日毎日眠れずに辛い・苦しいと感じている方はいませんか。ベッドに入っても眠れない、眠ろうと思えば思うほど頭が冴えてしまう、眼がランランとしてしまう、気づいたら外が明るくなっていたなど、誰もが経験したことのあることばかりです。眠りたいのに眠れない、こんなに苦しく辛いことはありません。朝が来れば夜が来ます。今夜は眠れるだろうかと不安になることもあるはずです。

自分一人で不眠に対する不安に立ち向かい、一人で不眠に苦しむ辛さ、助けてほしいと思い悩む気持ちは切実です。周りが思うほど簡単なことではない、というのが正直な気持ちではないでしょうか。そんな一人で不眠に悩み苦しんでいる方に朗報です。ツボを刺激して不眠を解消する方法をご紹介します。

ツボを刺激することで快適に朝を迎えられること間違いなしです。是非今晩からツボを刺激して快適に朝を迎えてください。5つのツボをご紹介しますので、参考にしてください。



 

不眠で悩んだらツボを刺激して
快適に朝を迎える5つの方法

 

頭のてっぺん、真ん中のツボを押してください


右目左目の中間と右耳左耳の中間の交わったところにツボがあります。それが丁度頭のてっぺんの辺りに位置します。左右の指で優しくゆっくりと押してください。一分くらいゆっくり押すとスッキリするでしょう。このツボを押すことにより不眠の改善、リラックス効果を期待することができます。

不眠の原因の一つに緊張状態が続いていることが挙げられます。眠ろうという意思に反し、脳や体は緊張状態でありリラックスできていない状態になっているのです。この状態ではいくら眠ろうと思ってもなかなか眠ることができず、最悪朝まで一睡もできないという状態になってしまうのです。

ツボをゆっくりと少し時間をかけて押すことは、脳や体の緊張がほぐれリラックスする状態、安心して入眠できる状態を作り出すのです。

 

足の裏のツボを押してください


足の裏でもかかとの中央のツボと足の指を曲げた時にできるくぼみのツボ、この2か所を押してください。不眠の改善や下半身の冷え、頭痛改善、リラックス効果を期待することができます。椅子に座り片方の手で足首を持ち、片方の手でツボを押します。少し強めに押すことで効果が現れます。

ツボを押す専用の棒を利用しても構いません。ここのツボ押しは、ゆっくり.4.5秒くらい押し、離して、また押すを繰り返します。20回くらい押すと徐々にほぐれてくるでしょう。ただし、やり過ぎはいけません。強く押しすぎて足を傷つけてしまったり、ツボを押している手の指が痛くなるようでは問題です。

毎日少しずつ続けるためにも、優しく時間をかけてツボを押すことを心がけてください。

 

耳の後ろのツボを押してください。


耳の後ろにあるツボを両手の親指を使って左右同時に押していきます。下から上に押し上げるような感じで押すと効果が現れます。不眠の解消、寝つきを良くする、肩こり解消などに効果があります。耳の後ろのツボを押すことにより頭がすっきりし、頭も心も軽くなると感じることでしょう。

脳や体の緊張がほぐれリラックスする状態になれば、寝つきがよくなりベッドに入るとすぐに眠れる状態になります。是非実践してください。

 

こめかみのツボを押してください


こめかみ付近のツボを優しく丁寧に押してください。どちらかというと目尻よりにツボは位置しています。両手指で同時に優しくゆっくりと押してください。頭痛の改善、眼精疲労の改善、血流の改善を期待することができます。4.5秒くらいゆっくりと押し、離す、またゆっくりと押すを数回繰り返してください。

徐々に疲れが取れ、頭がすっきりとしてくることでしょう。くれぐれもやり過ぎには注意が必要です。

 

後頭部のツボを押してください


後頭部の首の付け根、髪の毛の生え際あたりを、両手親指で優しく丁寧に押してください。息を吐きながら押すと、ゆっくりと静かに押すことができます。眼精疲労や頭痛、肩こりなどを解消してくれます。親指で下から上に押し上げるように3.4秒くらい押し、離す、また押すを繰り返します。

数回繰り返すとスッキリしてくるでしょう。

 

いかがでしたか?

不眠には入眠に障害があり、なかなか寝付けない状態と入眠できても途中で目覚めその後入眠できないという早期覚醒の状態の2種類があります。どちらも脳や体が緊張してる状態であり、この緊張をほぐすことが不眠解消の秘訣であると考えられます。まずはツボをゆっくりと押して緊張をほぐすことから始めてください。

くれぐれもやり過ぎないよう、毎日少しずつツボを押すことを守ってください。やり過ぎにより体に傷がついてしまっては、余計にひどい不眠の状態を招いてしまいます。

その他、質のいい睡眠を摂るために、ゆっくりと湯船につかりリラックスする、寝る前の読書やスマホは避ける、食事や飲酒は寝る前には控える、深夜12時前にベッドに入る、パジャマは清潔なものを着るなど生活の改善、見直しをすることも大切です。

 

まとめ

不眠で悩んだらツボを刺激して快適に朝を迎える5つの方法

・ 頭のてっぺん、真ん中のツボを押してください
・ 足の裏のツボを押してください
・ 耳の後ろのツボを押してください。
・ こめかみのツボを押してください
・ 後頭部のツボを押してください