ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

虫刺されが全く治らない時に行うべき治療方法

虫刺されが全く治らない時に行うべき治療方法

一度は虫刺されにあい、かゆみと痛みで夜もなかなか寝れない状況になった人もいるのではないでしょうか?

虫刺されでもすぐに落ち着き治ると良いのですが、いつまでたっても治らない状況になると、かゆみも落ち着かず辛いですよね。

また、赤く腫れて場所によっては目立ったり、足の部位によっては靴を履くのも辛いので、早く虫刺されを治したいですよね。では、一向に治らない虫刺されを治すにはどのような治療法を行うと良いのでしょうか。今回はその方法について説明します。



 

虫刺されが全く治らない時に

行うべき治療方法

 

冷やしてかかないようにする


虫刺されの部位が腫れて炎症を起こしている状態の時にはかゆみも強く出ます。だからといってそこの部位を強くかいてしまうと炎症は収まるどころかかえって腫れが酷くなり、虫刺されの部位は中々治りません。

かゆくても虫刺されの周囲の腫れている部分を冷やして炎症を抑える様にし、かかないようにすることが大切です。出来るなら刺された部分は避けて冷やすようにすると一層効果的に短期間で治す事が出来ます。

 

ステロイド薬を塗布する


虫刺されによって腫れが引かない状態で中々治らない人は体の中に備わっている抗炎症作用の働きよりも虫刺されの炎症の方が上まっている事により炎症が引かない状態が続いているのです。

この状態が悪化すると稀に発熱などを引き起こす事があります。そうなる前に炎症を抑えて腫れを落ち着かせるためには抗炎症効果が高いステロイド薬の軟膏を塗布する様にしてみてください。

 

ガーゼで覆い感染を防ぐ


虫刺されが酷くなるとその部位に水ぶくれが出来る事があります。虫に刺された体がアレルギー反応を起す事により水ぶくれが起きるのです。

これをこのまま放置しているとそこからの感染により他の部位にも水ぶくれを作ってしまう原因にもなります。そうなると中々治らずにとびひの状態になってしまいます。

水ぶくれの部位はガーゼで覆うようにして感染を起さない様にしてください。また、服で虫刺されの部分を圧迫して水ぶくれが破けない様に注意してください。

 

飲酒や喫煙は避ける


虫刺されと飲酒や喫煙はあまり関係が無いように感じますが、飲酒や喫煙は大きく作用します。飲酒により炎症が悪化したり、喫煙により血流量が阻害されることで虫刺されによるアレルギー症状が悪化し、治らない恐れがあるのです。

また、飲酒による過度の炎症は熱を持ち、化膿させる恐れもあるのです。一定の血流量を保ち、虫刺されによるアレルギー反応を抑える為には飲酒や喫煙は控える様にしてください。

 

ビタミンcを積極的に取る


ビタミンcは美白効果がある事は御存じの方も多いかもしれませんが、虫刺されにも効果があります。ビタミンcは肌の治癒力を高めて、虫刺されによる肌の回復を高めてくれる効果があります。

また、肌の再生能力を高めて虫刺されによる跡を目立たない様にする効果もあるのです。虫刺されが治らない時は夜寝る前にビタミンcを取るようにしてみてください。

 

偏った栄養を補い、体を休める


仕事の疲れや偏った食事で免疫力が低下すると虫に刺されても体に虫刺されを治すだけの体力が無いので中々治らない人もいます。

また、ストレスでアレルギー反応を起こしやすい状態になっている為に虫刺されが治らないこともあるのです。心当たりのある人は栄養バランスの良い食事を摂るようにして、体を休める様にしてください。

治らなかった虫刺されが自然と治っているかもしれません。

 

受診して内服薬を処方してもらう


かゆみや腫れ、痛みがひどくなり中々治らないようなら、蚊などの虫ではなく、ブヨやダニなど虫刺されの症状が中々治らない虫に刺されている可能性もあります。

その場合は、蚊と違い軟膏だけでは症状が落ち着かないものもあります。虫刺されによるかゆみや痛みだけでなく熱が出たり、頭痛が起きるようなら、危険な症状です。

そのような症状が酷くなり、治りずらくなる前に皮膚科に受診して適切な内服薬を処方してもらってください。

 

いかがでしたでしょうか?

虫刺されといっても最近では人を死に追いやるダニや蚊など様々な虫に刺されている可能性もあり、早めに対処しないと大変な目にあう可能性もあるのです。

虫刺されの対処法といっても虫刺されの薬を塗るしかしてなく、かゆみが酷くなり中々治らなかった経験がある人もいるのではないでしょうか。

虫刺されによる症状もきちんと早めに治療する事で短期間で治す事が出来、跡を残さないで済むのです。市販でも最近では即効性がある軟膏が売られるようにはなりましたが、落ち着かなければ早めに病院に受診する事も大切な事です。

虫刺されで辛い思いをしている人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

虫刺されが全く治らない時に行うべき治療方法

・ 冷やしてかかないようにする
・ ステロイド薬を塗布する
・ ガーゼで覆い感染を防ぐ
・ 飲酒や喫煙は避ける
・ ビタミンcを積極的に取る
・ 偏った栄養を補い、体を休める
・ 受診して内服薬を処方してもらう