ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

過呼吸の原因と症状を理解して正しく対処する方法

by ヘルスケアファクトリー

過呼吸の原因と症状を理解して正しく対処する方法

極度の緊張であったり、会議などでプレッシャーを強く感じたり、空気が張り詰めた環境の中で精神的なストレスによって呼吸が速くなったり、息苦しさを感じたりして、頭が真っ白になった事はないでしょうか。

このような症状を「過呼吸」と言われているのですが、過呼吸になった人も勿論、周りに同席する人も突然の出来事で驚かれたりしたこともあるのではないでしょうか。過呼吸になる原因は、主にストレスや緊張など精神的な原因が強いと言われています。

そこで、詳しく過呼吸の原因とその対処法を紹介していきたいと思います。



 

過呼吸の原因と症状を理解して
正しく対処する方法

 

過呼吸になる原因と原理


まず、過呼吸の症状を見ていくと、突然息苦しさを感じて呼吸が上手く出来なくなったり、平常の呼吸より速い呼吸。頭が真っ白になり貧血のような症状が現れたり、めまい、口が渇くなどの症状が現れます。

重度の場合は、意識が不明になったりする場合もあります。原因は、過度のストレスであったり精神的なダメージから来る場合があります。例を挙げると、会社のプレゼンで極度に緊張してしまう、精神的に弱っている状態の時などの自律神経が乱れた時に起きます。

我々は、呼吸をして酸素と二酸化炭素を交換しているのですが、過呼吸においての症状の速い呼吸では、上手く酸素と二酸化炭素の交換ができず、血液中に酸素が多くなってしまいます。酸素濃度が増えてくると、脳は呼吸を落ち着かせようと働きかける信号を出し、二酸化炭素の量を増やそうと試みるのです。

しかし、大脳ではこの作用を異常と捉えてしまって、呼吸をしようとするのです。そして、その作用が相反しあって過呼吸の症状が起きてしまうのです。

 

過呼吸になりやすい人


過呼吸になる原因は前述で述べた通り、極度の緊張や精神的なダメージなどの不安感からくる場合が多いです。ストレスを受けたり精神的なダメージを身体に受けると自律神経が乱れてしまいます。

普段からストレスを受けやすい人、不安症の人などは特に過呼吸になりやすいとされています。

 

過呼吸になった時の対処法!


過呼吸に陥った際はどうしたらいいのか。過呼吸の症状は、呼吸が平常の時と比べてスピードが速くなります。まずは、呼吸のリズムを正常時のリズムに戻すようにする必要があります。その為にはリラックスする事が重要です。

過呼吸に陥っている人は、呼吸を正常に戻そうとする程、パニックになってしまい、それが原因でさらに進行させる場合もあります。過呼吸症状は、過呼吸になってから30分程度で呼吸も落ち着くとされています。

過呼吸になった際は、血管が収縮しているので、血管が拡張する事で落ち着くでしょう。正しい呼吸を心がけることが重要ですが、過呼吸になった際は、パニック状態ですよね。その時に試してほしい方法を見ていきます。

1. 過呼吸の症状が出たら動作をストップして安静にし、身体を落ち着かせます。
2. 10秒程度息を止めます。
3. ゆっくりと息を吐きだし、落ち着かせます。鼻から息を吸い込みます。
4. 3秒息を吸って、3秒息を吐く動作を10回、1分程度繰り返します。

この動作を症状が落ち着くまで続けましょう。注意点として、良いと思い深呼吸をしようとする場合がありますが、速い呼吸法をすると逆効果になる場合があるので、なるべく、ゆっくりとした呼吸法をしましょう。

 

過呼吸を予防するには


過呼吸を予防する方法はありません。強い緊張であったり強い精神的な不安から起きる症状なのです。普段からストレスを溜め込まないようにする事が重要です。ストレス社会の近年では、なかなかストレスを受けないということは難しい状況でもあります。

自分がリラックスできる状態を取り予防していきましょう。近年では、仕事の忙しさなどから睡眠不足になっているケースもあります。睡眠不足になると、自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れると過呼吸の症状が発症しやすくなりますから、常日頃から気をつけて行く必要があります。

 

過呼吸になっている人を見かけたら


一方で、過呼吸になっている人を見かけたらどうしたらいいのでしょうか。見かけても、呼吸のリズムは、過呼吸になっている人から整えていかなければいけない問題ですので、安静にできる場所を探したり、なるべくリラックスできるムードを作り出すことが重要です。

緊急の時には役に立つのですが、過呼吸になった際に袋などを口に当てて治す方法もあります。この場合、酸素が不足しないように注意する事が重要です。口に密着しすぎると二酸化炭素の割合が増えるだけですので、リスクの方が大きくなります。

 

以上、過呼吸の原因と症状を理解して正しく対処する方法をお伝えしましたが、いかがでしたか。

ストレス社会と言われている現代で、過呼吸になるリスクは高まっています。過呼吸の主な原因は、ストレスや極度の精神的な不安から来るものである。ストレスをなくしていくことが予防法でありますが、万が一、過呼吸になった際は、呼吸が速くなり、酸素と二酸化炭素の入れ替えが上手く出来なくなり、よってめまいがしたりする症状が起きたりするのです。

その際は、焦らず正常な呼吸に戻してく必要が重要です。息を吸うより吐く割合を増やしゆっくりと呼吸をしていきましょう。

 

まとめ

過呼吸の原因と症状を理解して正しく対処する方法

・ 過呼吸になる原因と原理
・ 過呼吸になりやすい人
・ 過呼吸になった時の対処法!
・ 過呼吸を予防するには
・ 過呼吸になっている人を見かけたら