ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

風邪をひきはじめで治せる効果絶大の対処法

風邪をひきはじめで治せる効果絶大の対処法

いつも気がつけば、風邪をひいている。ただの風邪だから病院には行かず。会社も休めない。どこかで風邪は甘えと思っていませんか?

風邪はウィルスによる感染症。立派な病気です。早く対処しなければ、症状も長引き辛い日々が続くことに。

風邪はひきはじめが肝心。こじらせないために、早く対処しましょう。今回は簡単で効果的な対処法を紹介します。



 

風邪をひきはじめで治せる
効果絶大の対処法

 

体温を上げると免疫力もアップ!


健康な身体は、侵入したウィルスを自力で排除できます。しかし、多忙な日々で疲労が蓄積され睡眠不足。このような状態は免疫力が低下しています。免疫力が低下するとウィルスは排除できません。そのため、風邪をひいてしまうのです。風邪のひきはじめで、素早く免疫力を高める方法。

それは、体温をあげることです。体温が1℃上下すると、免疫力が30%増減します。入浴は体温を高める即効性のある方法です。風邪で入浴を控えるのは逆効果。ひきはじめで高熱でなければ、ゆっくりお風呂に入りましょう。またカイロを貼ることも効果的です。首や腰、背中にカイロを貼って、体温を上げましょう。

 

ウィルスの敵は保湿!?


インフルエンザがなぜ冬場に流行するのか。ウィルスの活性には湿度と温度が関係しています。飛沫で感染する風邪やインフルエンザ。くしゃみや咳で体内にウィルスが排出されます。湿度が高いとウィルスは水分を含み、重くなり落下します。しかし湿度が低いとウィルスが軽くなり、空気中に浮遊します。

そのため、吸い込む時間が長くなり感染しやすくなります。またウィルスは高温も苦手なため、寒い時期に活発になります。ウィルスを増殖させないために、高温多湿を心がけましょう。エアコンでの暖房は乾燥するため、おすすめできません。風邪のひきはじめには、エアコンを切って保湿を意識しましょう。

湿度が50%になるとウィルスは死滅すると言われています。

 

風邪のひきはじめに風邪薬は不要!?


ウィルスが入ると、身体は抵抗します。その反応が熱や咳となってあらわれます。風邪薬は熱をさげたり、咳を止める効果があります。しかし薬を服用することで、自然の治癒力を弱めてしまいます。風邪のひきはじめには、風邪薬よりサプリメントがオススメ。特にビタミンCはウィルスの抵抗力を高めます。

免疫力もアップしてくれます。またビタミンAも免疫力を高めてくれます。

 

風邪に効く食べ物がある!


風邪をひくと食欲が低下することがあります。しんどくて、食べる気力もない。高熱で吐き気もする。そうなる前の風邪のひきはじめがチャンス。風邪に効く食材を積極的に取り入れましょう。

1.しょうがしょうがには発汗作用があり、身体を温める効果が。
2.ねぎ・にんにく殺菌効果があり、体力回復にも。
3.大根炎症を和らげ、咳止め効果も。
4.レバー粘膜を保護し、免疫力アップに。
5.みかんビタミンCが豊富、グレープフルーツも効果的。

風邪の時には、栄養をとり体力をつけることも大切です。しかし、選ぶ食材には注意も必要です。風邪には良質なタンパク質も効果があります。ただし、脂質の多い肉類は胃腸に負担をかけるNG食材です。

 

睡眠と水分補給はたっぷり!


風邪のひきはじめ。こじらせずに早く治すためにたっぷりとりたいものがあります。それが睡眠と水分です。睡眠は体力を回復させるために欠かせないもの。温かくしてたくさん睡眠をとりましょう。就寝時の乾燥を防ぐために水分も必要です。乾燥はウィルスを増加させます。

寝ている間にも発汗し、体内の水分は失われているのです。寝ている時のリラックスから、口が開きっぱなしになることも。無防備な乾燥したのどはウィルスの増殖には最高の場所。たっぷり水分を補給し、マスクをするのも効果的です。

 

風邪に運動?


風邪を引いて運動している場合じゃない。早く横にならなければ。そう考えるのが一般的ですね。しかし適度な運動が、体調を整える場合があります。決して激しい運動はしないこと。適度な有酸素運動が最も効果的です。軽いウォーキングやヨガ、ストレッチなどが良いとされています。

風邪のひきはじめには、体温を高めることは効果的。運動は体温を上げ、発汗も促します。汗をかくことで老廃物が排出され、代謝も高まります。ただし、汗をかいた分、水分補給はしっかりしましょう。より効率よく水分を補給するため、スポーツ飲料が適しています。水に比べ、スポーツ飲料は体内に吸収されやすいのです。

 

うがいは水ではなくお茶!?


風邪の予防にうがいや手洗いを行っていますか?外出から帰ると、身体の細菌やウィルスを落としたいものです。うがいには水ではなく、お茶を使いましょう。風邪のひきはじめにもお茶のうがいは効果を発揮します。お茶にはカテキンが多く含まれています。カテキンには様々な効果があります。

1.殺菌作用
2.抗ウィルス作用
3.解毒作用
4.抗酸化作用

脂肪燃焼などカテキンが持つ殺菌作用や抗ウィルス作用が風邪には有効です。緑茶の他、ほうじ茶、紅茶など。カテキンを含むお茶なら同様の効果が得られます。

 

いかがでしたでしょうか?

風邪の原因は飛沫感染でのウィルス感染です。咳で10万個、くしゃみで200万個の細菌が飛ぶとも言われています。電車や通勤、通学路、人が集まる場所ならどこでも感染場所となります。感染を防ぐためにもマスクをすることが大切です。また充分な睡眠と保湿にも気を配りましょう。

 

まとめ

風邪をひきはじめで治せる効果絶大の対処法

・ 体温を上げると免疫力もアップ!
・ ウィルスの敵は保湿!?
・ 風邪のひきはじめに風邪薬は不要!?
・ 風邪に効く食べ物がある!
・ 睡眠と水分補給はたっぷり!
・ 風邪に運動?
・ うがいは水ではなくお茶!?