ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

貧血が原因の頭痛や眩暈を生活習慣で改善させる7つの方法

貧血が原因の頭痛や眩暈を生活習慣で改善させる7つの方法

頭痛にもさまざまな種類の頭痛がありますが、貧血が原因となる頭痛があることを知っていますか?貧血の代表的な症状は、めまいや立ちくらみがあります。

貧血は、鉄によって作られるヘモグロビンが少なくなり、全身に酸素を運ぶことができなることで起きます。酸素を多く使用する脳にも酸素が不足するので頭痛や眩暈などの症状も出るのです。

その貧血に対し、鉄をとればいいと考えている方も多いのではないでしょうか?しかし、実際は鉄分の補給だけでは十分でないことが多いです。他にどのようなことをすればいいのでしょうか?

今回は、生活習慣で改善できる貧血への対応方法を紹介していきます。



 

貧血が原因の頭痛や眩暈を
生活習慣で改善させる7つの方法

 

バランスの良い食事を心がける


冒頭で述べたように鉄分は確かに必要です。鉄は、ヘモグロビンを作り酸素を全身に運びます。鉄が不足すれば貧血になるのは間違いないですが、鉄分の吸収を促進するビタミンCやカルシウムをはじめ、赤血球のもととなるたんぱく質、その他にもビタミンB群や葉酸など他にも必要な栄養素はたくさんあります。

お勧めは、レバーや肉、魚類、緑黄色野菜ですので食事に加えていけたらいいと思います。まずは、食事内容を見直して、バランスの良い食事がとれるように考えるように心がけていきましょう。

 

食事習慣にも気を付ける


食事の内容も大事ですが、食事習慣にも注意が必要です。まずは、一つ目は「よく噛んで食べること」です。子供の頃から言われているようなことですが、よく噛みゆっくり食べることで胃酸がよく出るようになり、そのことで消化や吸収が促進されるのです。

二つ目は、「食べ過ぎないこと」です。食べ過ぎると胃腸に負担がかかるため、栄養が十分に吸収されなくなってしまいます。さらに、肥満の原因にもなりますよね。

ただ、食べるだけでなく、そういったことを意識して食事をすることで貧血を予防するための栄養を効率的に吸収できるようになるのです。食事習慣も見直してみましょう。

 

ストレスをためない


不規則な生活習慣はストレスをためる原因となります。ストレスがたまることで、胃腸の動きが抑制され、栄養吸収の妨げになります。ストレスをためないためにも、夜はしっかり寝ることをお勧めします。また、買い物や趣味など自分の時間を作るようにするといいでしょう。

 

適度な運動をする


筋肉量が低下すると、血液ポンプ機能が低下し血行が悪くなります。血行が悪くなることで貧血になりやすくなるので注意が必要です。15分から30分程度のウォーキングでいいので運動習慣をつけましょう。

日々の運動は、貧血予防以外でも健康維持へつながります。ただし、激しい運動を続けると逆に貧血になりやすくなるため、適度な運動が効果的です。日々の運動は、できているでしょうか?運動不足になっていませんか?運動習慣も見直してみましょう。

 

入浴で血行促進する


先ほどの項目でも述べましたが、血行を良くすることが貧血を予防することにつながります。血行を良くするための方法として挙げられるのが入浴です。

ただ入浴するだけではなく、40℃程度のぬるま湯にゆっくりつかり、体の芯から温まるような入浴方法をとることで効果的に血行促進、新陳代謝を促すことができます。面倒くさいからと言ってシャワーで済ましてしまう方もいるかもしれませんが、これを機会に入浴習慣をつけてはいかがでしょうか?

 

禁煙を行う


喫煙は肺癌などの悪性新生物の原因として知られていますが、貧血の原因にもなります。喫煙は鉄分の吸収を促進するビタミンCの働きを阻害します。そのため、鉄が不足し貧血になるのです。

また、喫煙者の方は周囲にも悪影響を与えているのだということを自覚しましょう。喫煙している人は自分の健康維持のためにも、周りの方への配慮のためにも是非とも禁煙できるように努力しましょう。喫煙は、身体によくありません。

 

頭痛があるときは安静にする


では、実際に貧血による頭痛や眩暈が起こった時は、どうすればいいのでしょうか?まず、簡単にできることは、横になって安静にすることでしょう。横になると、立っているときに比べて、頭への血流が増えます。それで、症状も緩和できると思います。

また、きつい、苦しいと感じる場合は衣服やベルトを緩めたり、タオルケットなどをかけて体を温めることで気分が少し楽になることもありますので試してみましょう。症状が出るとツラいですので、症状が出る前に貧血予防を行っていけたらそれが一番ですよね。

 

いかがでしたか?

貧血と言ってもただ鉄分をとっておけばいいというものではないと理解していただけたでしょうか?貧血は食生活による栄養不足(鉄分、たんぱく質、ビタミンB群、葉酸など)により、ヘモグロビンが不足し、全身に酸素が十分運ばれないことで起きます。

それらを補ってあげることで貧血による頭痛や眩暈などの症状を予防できるのです。また、実際に症状が出た時には安静も大事ですので決して無理はしないようにしましょう。また、注意してほしいこともあります。貧血の原因は栄養不足と説明してきましたが、病気が原因で起こることもあります。

貧血があるまま放置すると、症状が長引いたり、悪化したりする場合もあり身体に負担がかかってしまいます。貧血に悩んでいる人は、早めに病院受診することも重要であることは理解しておいてください。この記事を見て頂いた方に貧血やその症状について考えられる機会を提供できたのであれば嬉しいです。

まずは、生活習慣から見直しを行っていき、貧血改善に対処していきましょう。

 

まとめ

貧血が原因の頭痛や眩暈を生活習慣で改善させる7つの方法

・ バランスの良い食事を心がける
・ 食事習慣にも気を付ける
・ ストレスをためない
・ 適度な運動をする
・ 入浴で血行促進する
・ 禁煙を行う
・ 頭痛があるときは安静にする