ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

花粉症で肌荒れが酷くなる前に行っておくべき7つの対策

花粉症で肌荒れが酷くなる前に行っておくべき7つの対策

花粉症の季節が来ると気分も憂鬱になるほど毎年辛い思いをしている人もいるのではないでしょうか。

花粉症は鼻水やくしゃみ、目のかゆみといったアレルギー症状の他に、花粉症の季節になるとなぜか肌荒れが酷くなるという人もいるのではないでしょうか。意外にも花粉症の時期になると肌荒れに悩まされている人は多いのです。

花粉症の時期になると起きる肌のかさつきや赤み、かゆみなどの症状があると化粧も乗らずに辛いですよね。

では、どのように対処すると花粉症の時期の肌荒れを改善する事が出来るのでしょうか。今回はその方法について説明していきます。



 

花粉症で肌荒れが酷くなる前に
行っておくべき7つの対策

 

花粉症が始まる前に化粧水を低刺激な物に変える様にする


花粉症の時期の肌はとても敏感で少し刺激の強い化粧品を使用するだけで肌が乾燥したりかゆみを起してしまう状態になります。そのような場合には肌が敏感な状態になる前に低刺激な物で肌をいたわりながらケアするようにすることが大切です。

また、敏感肌用の低刺激な化粧水だと少し物足りないと感じる時には化粧水の量をいつもよりも少し多めに使用する様にしてみてください。

 

肌への負担を軽減する為にパウダーのファンデーションにする


花粉症の時期の肌は接触性皮膚炎を起こしているようなとても敏感な肌の状態になっています。

そのような状態の時にリキットタイプの肌で密封してしまうようなファンデーションを使用して肌を保護してしまうとかえって肌の赤みやかゆみを増すことになって花粉症の肌荒れを悪化させてしまいます。

花粉症で肌荒れが酷くなる前にパウダーのファンデーションを使用して肌に極力負担を少なくするようにしてください。

 

使用するマスクやティッシュは肌に刺激を与えないような物を使用する


花粉症が酷い季節の外出は毎日マスクの着用は欠かせないと思います。また、くしゃみや鼻水が酷くなるのでティッシュで鼻をかむ頻度も増える事でしょう。

その花粉症の時期に毎日使用するマスクやティッシュが肌荒れを起している原因になっている可能性もあるのです。また、花粉症で敏感になっている肌荒れを悪化させる原因にもなるのです。

そのような時にはマスクやティッシュも肌に優しい肌触りの物を使用する様にしてみてください。

 

花粉症による肌荒れで乾燥を感じたら、ワセリンを使用する


花粉症で感じる肌荒れとしては最初に肌の乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。そういう時に乾燥を改善させようと保湿力の高いクリームを使用するとかえって肌荒れを悪化させることもあるのです。

花粉症による肌荒れで乾燥や肌のひび割れを感じたら、肌に不必要な成分が入っていないワセリンを使用して肌を保護する様にしてください。鼻のかみすぎによる肌荒れにもワセリンはお勧めです。

 

花粉症による肌荒れでかゆみを伴う時には早めに皮膚科に受診をする


花粉症による肌荒れでかゆみを伴う時には、肌荒れが悪化するサインです。

その場合は接触性皮膚炎を起こしているので自分で対処しようとするとかえってかゆみをひどくさせて花粉症による肌荒れから湿疹や肌のひび割れによる出血を起す事にもなるのです。

そのような場合にも自分で対処しようとせず、早めに皮膚科に受診して、皮膚の状態にあったかゆみ止め配合の軟膏を塗布する様にしてください。

 

肌を洗いすぎないように注意する


花粉症で肌荒れを起している時に肌を洗顔し過ぎるのは危険です。花粉症で肌荒れを起している時には肌は肌を守る保湿成分が失われて肌がとても弱っている状態です。

そのような状態の時に強い洗顔料やクレンジングで肌を洗いすぎるとかえって必要な肌を守る角質まで失われて肌荒れを悪化させてしまう原因にもなるのです。

花粉症で肌荒れが酷くなる前に少しでも肌荒れを感じたら、クレンジングや洗顔はし過ぎないようにしてください。

 

栄養バランスのある食事や良質な睡眠を心がける


花粉症の時期は食事のバランスが崩れたり腸内バランスが崩れる事でアレルギー症状を悪化させることもあるのです。そうなると花粉症による肌荒れも悪化させる原因にもなるのです。

肌を守り改善してくれるビタミン類とともに栄養バランスを整えて腸内環境を整え、良質な睡眠で肌を体内から改善させる生活習慣を身につける事が花粉症による肌荒れを改善する為には大切な事です。

 

いかがでしたか?

花粉症による肌荒れが酷くなるとそのままアレルギー性皮膚炎のようなひどい皮膚炎になり、なかなか完治しない皮膚の状態になってしまい、化粧も出来ないような事もあるのです。

花粉症による肌荒れで自分で対処できない時には早めに皮膚科に受診する事も必要です。せっかくきれいに保っていた肌を花粉症の肌荒れで悪化させたくないですよね。

いつまでも綺麗な肌を保っていたいですよね。今回の方法はそういう方にはとてもお勧めの方法です。是非、初めて見てはいかがでしょうか。

 

まとめ

花粉症で肌荒れが酷くなる前に行っておくべき7つの対策

・ 花粉症が始まる前に化粧水を低刺激な物に変える様にする
・ 肌への負担を軽減する為にパウダーのファンデーションにする
・ 使用するマスクやティッシュは肌に刺激を与えないような物を使用する
・ 花粉症による肌荒れで乾燥を感じたら、ワセリンを使用する
・ 花粉症による肌荒れでかゆみを伴う時には早めに皮膚科に受診をする
・ 肌を洗いすぎないように注意する
・ 栄養バランスのある食事や良質な睡眠を心がける