ヘルスケアファクトリー

~辛い痛みとサヨナラしよう~

職場で二日酔いの吐き気を抑えて仕事に集中する5つの方法

職場で二日酔いの吐き気を抑えて仕事に集中する5つの方法

飲み会の翌日の仕事は辛いですよね。特にアルコールが残る体質の人にとっては地獄だったりします。二日酔いの症状といえば様々なものがありますね。

・吐き気
・頭痛
・食欲不振
・倦怠感
・下痢

などどれも辛い症状ばかりですが、仕事中とりわけ悩まされるのが吐き気ではないでしょうか。会議が入っていたり大事なお客様に会う予定があったり・・・そんな時に吐き気があってはたまったもんじゃありません。

そもそもこの不快な吐き気はなぜ起こるのでしょうか。

原因①
脱水によるものアルコールには利尿作用があり、その尿中には電解質が含まれています。電解質が減ると血液中の水分量にも影響します。血液中の水分の減少は消化器官への血流の低下につながり、機能低下から吐き気が起こることがあるのです。

原因②
アセトアルデヒドによるもの肝臓でアルコールを分解する際にアセトアルデヒドという物質が発生します。アセトアルデヒドは毒性が強く、吐き気を引き起こす原因になります。

通常はすばやく分解され身体から排出されますが、アルコールの摂取量が多いと分解が追い付かず、二日酔いとなって不快が長引いてしまいます。

原因③
低血糖によるもの肝臓はアルコールの分解だけでなく、通常は体に必要不可欠な糖を生産する役割を担っています。そのため、飲酒により肝臓がアルコールの分解を優先させてしまうと、体への糖の供給が滞ります。

糖が足りない身体は低血糖症状を引き起こし、その一つが吐き気なのです。

原因④
胃酸過多によるものアルコールは胃を刺激し、胃酸を過剰に分泌させます。胃酸過多になると吐き気を引き起こしやすくなります。

様々な原因がある吐き気ですが、何とか身近にあるもので抑えることはできないのでしょうか。今回は職場でもできる方法を5つご紹介します。



 

職場で二日酔いの吐き気を抑えて
仕事に集中する5つの方法

 

定番!薬に頼る


ただ単に薬といってもいろんな種類がありますね。それぞれ効能が違うので症状に合ったものを選ぶことが望ましいでしょう。

・吐き気止め
吐き気止めは、吐き気を抑えるお薬です。二日酔い用と乗り物酔い用がありますのでパッケージに二日酔いと書かれているものを選びましょう。

ものによっては眠気などの副作用が出ることがありますので注意が必要です。・肝臓の働きを助けるお薬こちらはヘパリーゼが有名ではないでしょうか。

ドリンクタイプが多く、他のタイプに比べ即効性に優れています。肝臓加水分解物の含有量が多いものほど効果が期待できます。

・胃腸薬
胃腸薬は胃酸の量をコントロールし、胃腸の働きを活発にするお薬です。アルコール摂取後は胃が弱っているため、消化を促してくれる健胃剤と、消化を助けてくれる消化剤が入っているものがおすすめです。

・漢方薬
「五苓散」という漢方薬がおすすめです。五苓散には利尿作用のある生薬が含まれており、アセトアルデヒドの排出を促す効果が期待できます。

会社のデスクにひとつ、これらの薬を常備しておくといざという時助けになるかもしれませんね。

 

とにかく水分摂取をする


ずいぶん単純な手段かと思われるかもしれませんが、非常に有効な手段なのです。冒頭で触れたとおり、吐き気の原因のひとつに脱水症状があります。そのため、失った水分と電解質を補給する必要があるのです。

飲めるようならば「スポーツドリンク」が理想的です。ナトリウムが含まれているため電解質が補え、また、体内への浸透率も高いからです。

スポーツドリンクが飲めた方は「果汁ジュース」にも挑戦してみると良いでしょう。ビタミンや糖分が補えるため、アセトアルデヒドの分解や低血糖症の改善にも効果があります。

スポーツドリンクや果汁ジュースが飲めない場合は水やお茶でも構いません。アセトアルデヒドの排出にも水分摂取は不可欠ですので、できる範囲で行うようにしましょう。

 

胃や肝臓に良い食べ物


二日酔いに良いとされる食べ物はいくつかありますが、その中でもコンビニや薬局で手に入りそうなものを理由とともに紹介します。

しじみの味噌汁…しじみに含まれるタウリンがアセドアルデヒドの分解を助けます。また、水分と塩分の補給にもなるため、脱水症状の改善も見込めます。

トマトジュース…トマトに含まれるリコピンにはアセトアルデヒドの毒素を抑える働きがあります。クエン酸には荒れた胃の粘膜を修復する作用、GABAには肝臓の働きを助ける作用があります。

梅干し…梅干しに含まれるピクリン酸には肝臓を活性化させる効果があります。また、トマト同様クエン酸が胃の粘膜に役立ちます。

コーヒー…コーヒーに含まれているカフェインの作用のひとつに利尿作用があり、アセドアルデヒドの排出に効果的です。しかし、弱っている胃に刺激を与えてしまう可能性があるため、ブラックで飲むことは避け、砂糖やミルクを入れましょう。

また、量も気を付ける必要があります。一杯200ml、一日2回が限度です。

生姜湯…生姜に含まれるオレオレジンやジンゲロールという成分には、胃の抗酸化作用や殺菌作用があり、吐き気を抑える効果があります。

液体のものが多いので取り入れやすいのではないでしょうか?食欲が戻ってきたらフルーツなどから、ビタミンや糖を摂取すると体調改善に効果があるでしょう。胃腸の状態に合わせて少しずつでも栄養が摂れると良いですね。

 

重曹水が効果的!


重曹といえば掃除に使うイメージが強いかもしれませんが、実は料理にも使われています。そして、意外にも二日酔いに効果があるのです。なぜなら、重曹には胃酸分泌の量を抑える作用があります。

そのため、アルコールにより胃酸過多になってしまった胃に働きかけ、胸やけや吐き気を改善する効果があるのです。飲み方は、コップ一杯(200cc)の水に対して小さじ1の重曹を溶かします。

二日酔いの症状がひどい場合でも上記の摂取量は守ってください。一度にたくさん摂取してしまうと胃を荒らす原因になってしまいます。量を守りさえすれば効果的な方法なので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

 

二日酔いに効くツボ


仕事中に行える対処のひとつにツボ押しがあります。こちらは食欲がなく食べることが辛い方でも簡単に行うことができます。「健理三針区」手のひらの中央より少し下のあたりにあるツボです。

肝臓の働きを活性化させ、アルコール分解を促進させます。「太衝」足の甲の、親指と人差し指の骨が交わっているところです。若干盛り上がっている場所なのでわかりやす蚊と思います。こちらも肝機能高めてくれるツボです。

 

以上、職場で二日酔いの吐き気を抑えて仕事に集中する5つの方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

美味しいお酒を飲んだ後に二日酔いに悩まされるのは何だかもったいない気がしますよね。ですから、まずはお酒を飲む前や最中に対策をして、二日酔いを予防しましょう。

・飲む前にタンパク質を摂取・適量を守る
・次の一杯の前に水を飲む

これらを気を付けた上で二日酔いになってしまった場合は今回紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

職場で二日酔いの吐き気を抑えて仕事に集中する5つの方法

・ 定番!薬に頼る
・ とにかく水分摂取をする
・ 胃や肝臓に良い食べ物
・ 重曹水が効果的!
・ 二日酔いに効くツボ